水波綾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
水波 綾
Ryo Mizunami
水波 綾  Ryo Mizunamiの画像
プロフィール
リングネーム 水波 綾
水村 綾菜
本名 水村 綾菜
ニックネーム アニキ
身長 159.5cm
体重 67kg
誕生日 (1988-03-24) 1988年3月24日(29歳)
出身地 愛知県名古屋市
所属 プロレスリングWAVE
トレーナー 里村明衣子
デビュー 2004年11月3日
テンプレートを表示

水波 綾(みずなみ りょう、本名:水村 綾菜(みずむら あやな)、1988年3月24日 - )は、日本の女子プロレスラー。身長159.5cm、体重67kg、血液型O型。愛知県名古屋市出身。プロレスリングWAVE所属。

経歴・戦歴[編集]

2004年GAEA JAPANに入団。同年11月3日後楽園ホール大会でカルロス天野相手にデビュー。しかし当のGAEAはこの時点で解散が決定しており、翌2005年4月10日の団体最終戦(後楽園ホール)での対ダイナマイト・関西戦を最後に一度引退。

その後2年間、地元名古屋のスポーツトレーナーの専門学校に通学したのち、2007年3月にセンダイガールズプロレスリングへ入団。同年7月22日仙台サンプラザ大会で金成知佐子相手に再デビュー戦を行った。

9月8日、リングネームを現在の水波綾に改名する。

  • 2012年
    • 2月5日、プロレスリングWAVEへ移籍。仙女には不定期参戦[1]
    • 2月12日、WAVE新木場大会で移籍後初戦として、GAEAの大先輩植松寿絵と対戦。
    • 4月~7月、プロレスリングWAVE主催「Catch the WAVE2012」準優勝。
  • 2016年
    • 4月10日より開幕のCatch the WAVE2016にクロムイエローブロックで出場しブロック1位となる。その後決勝まで進出し、藤本つかさにダイビングギロチンドロップを決めて勝利。波女となる。
    • 11月27日、NEXTトーナメント決勝で桜花由美を相手に勝利。
    • 12月29日、後楽園ホール大会で山縣優の持つRegina di WAVE王座へ挑戦し勝利。Regina戴冠は初となる。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
1 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
0 0 0 0 0 0 0
1 0 1 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ハム・ソヒ 1R 1:05 腕ひしぎ十字固め Gladiator: Dream, Power and Hope 2013年4月21日

タイトル歴[編集]

得意技[編集]

イチジク
回転肩固め。代表的なフィニッシュ・ホールド
ニアロープの度に体勢を入れ替え袈裟固めのように締め上げる。
裏投げ
この技からそのままクラッチを切らずに上記、イチジクに移行する連携も見せる。
女子プロレスで裏投げといえばエクスプロイダーの形が多い中で、水波は馳浩がプロレスに持ち込んだ男子式を見せる。
ギロチン・ドロップ
セカンドロープやコーナートップからのダイビング式はフィニッシュにも用いられる。
尻餅をついた相手の首を刈り取るように仕掛けるバリエーションも存在する。
水波コースター
アルゼンチンバックブリーカーの体勢から、相手の顔を下向きにしてみちのくドライバーIIのように前方に落としていく。
ホットリミット
ファイヤーサンダーの要領で担ぎ上げた状態から決める変形のツームストンパイルドライバー。
紅の豚
立っている相手に対して使う飛びつき式のギロチンドロップ。
タワーハッカー・ボム
ライオネス飛鳥の得意技
ドラゴンスープレックスホールド

入場テーマ曲[編集]

人物・エピソード[編集]

  • 長与千種の50万相当のクラッシュギャルズ時代のコスチュームにあて布をせずにアイロンを当ててしまいコスチュームにアイロンの跡をつけてしまった経験がある。
  • 好きなアイドルは宮澤佐江
  • 憧れのレスラーは旧姓・広田さくらと小島聡
  • 大日本プロレス所属の河上隆一とよく似ている。

脚注[編集]

  1. ^ 水波綾がWAVEへ移籍 RINGSTARS 2012年2月5日
  2. ^ Virgin Code”. 株式会社ZABUN・プロレスリングWAVE. 2014年10月31日閲覧。

外部リンク[編集]