小橋マリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小橋 マリカ
Marika Kobashi
小橋 マリカ Marika Kobashiの画像
プロフィール
リングネーム 小橋 マリカ
ニックネーム まりちゃん
身長 154cm
誕生日 (2001-05-17) 2001年5月17日(18歳)
出身地 神奈川県
所属 東京女子プロレス
デビュー 2016年1月4日
テンプレートを表示

小橋 マリカ(こばし まりか、2001年5月17日 - )は、日本プロレスラーである。東京女子プロレス所属。神奈川県出身。キャッチコピーは「21世紀生まれのプロレスラー」

経歴[編集]

2015年
  • 5月23日 - 東京女子プロレス北沢タウンホール大会にて4人の練習生のうちの一人「まりか(仮)」として紹介される。
  • 12月12日 - 春日部ふれあいキューブ大会にて2016年1月4日の後楽園ホール大会でのデビューが発表。合わせてリングネームを「小橋マリカ」と発表。
2016年
  • 1月4日 - 東京女子プロレス後楽園ホール大会にて、小橋マリカ&辰巳リカvsえーりん滝川あずさ戦でデビュー。パートナーの辰巳が勝利。
  • 10月29日 - 横浜ラジアントホール大会をもって受験勉強に集中するため休業。復帰は2017年春を予定している。
2017年
2018年
  • 5月3日、後楽園ホール大会にてNEO美威獅鬼軍の保持するTOKYOプリンセスタッグ王座に挑戦し、アズサ・クリスティからドロップキックで勝利。
  • 6月、練習中に予てから痛めていた肩を負傷し欠場。
  • 8月、医師の許可が降りず欠場が長期となったため王座返上。
2019年
  • 1月4日、後楽園ホール大会で復帰。
  • 大学受験のため5月25日・北沢タウンホール大会を最後に1年間のプロレス休養を発表。5月3日、JK時代の思い出として1st写真集『JKレスラー』を発売する[1]

人物[編集]

  • 小学5年の頃に大日本プロレスの開催している商店街プロレスを見てプロレスに興味を持つ。
  • 自身もプロレスを始めたいと思い、中学生でも練習生を応募していた東京女子プロレスに応募。同団体の「未来少女オーディション」に合格し練習生になる。
  • DDTグループとしては初めての21世紀生まれの最年少プロレスラーとなった[2]
  • アブドーラ小林フランク篤(旧・大橋篤)を目標とするため、両選手の名字から一字ずつもらい「小橋」というリングネームになった。
  • タッグ王座へ挑戦するにあたり、パートナーの才木玲佳に師事し肉体改造に挑んだ。

得意技[編集]

マシンガンチョップ
大根切りチョップ
駆け上がり式ブルドッキング・ヘッドロック
コーナーを駆け上がりスイングして叩きつける
初期より使用していたが2019年よりフィニッシュムーブとなる
愛してますチョップ[3]
アブドーラ小林のオマージュ技。「○○(会場または会場のある地名)の皆さん、愛してまーす!」の発声の後コーナートップから飛び降りつつ放つ脳天へのチョップ
バカチンガー・エルボー
アブドーラ小林のオマージュ技。「この、バカチンがー!」と叫んでから放つエルボー・ドロップ
逆片エビ固め
アブドーラ小林のオマージュ技(ただし、小林の得意技は逆エビ固め)。
ドロップキック
初めてタッグ王座を獲った際のフィニッシャーとなった
フロント・ネックロック
レッグドロップ

入場曲[編集]

GO MY WAY[4] / (オリジナル曲)
2018年4月7日の王子大会より使用
Chu Chu / READY TO KISS
以前の使用曲

獲得タイトル[編集]

東京女子プロレス
DDTプロレスリング

出演[編集]

ウェブテレビ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 格闘技情報を毎日配信!, eFight 【イーファイト】 (2019年4月17日). “【グラビア】JKレスラー小橋マリカ、大学受験前に1st写真集” (日本語). eFight 【イーファイト】 格闘技情報を毎日配信!. 2019年4月18日閲覧。
  2. ^ 例外として、年齢非公開や永遠の5歳等も所属している。
  3. ^ 【小橋マリカ インタビュー】イッテンヨンを控える東京女子プロレスより、新世代JKレスラーがその魅力を語る! | プロレスTODAY
  4. ^ 東京女子プロレスパンフレットvol.6
  5. ^ 現役JKレスラーが恋愛事情を告白......好きなタイプは「自分より強い人」 - トレンドニュース”. trendnews.yahoo.co.jp. 2018年9月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]