ファイヤーマンズキャリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ファイヤーマンズキャリーを実演するアメリカ陸軍の兵士。
担ぎ上げる手順

ファイヤーマンズキャリーFireman's Carry)は、人を担ぎ上げて運ぶための技術あるいは格闘技における技の一種である。

自衛隊では「消防夫搬送」と呼ばれている。

概要[編集]

搬送要領AからE 搬送方法FからJ
搬送要領AからE
搬送方法FからJ

うつぶせまたは正対した相手の腋の下から自分の首を差し入れた後、肩の上に相手を担ぎ上げる。火災現場で消防士が怪我人を運び出すために使われることからこの名がついた。

この技術は全身の筋肉の中で最も強い筋肉である大腿四頭筋を使って相手を肩に担ぎ上げるため、比較的軽く持ち上げて速く退避することが出来る。反面、実際の火災現場では高熱や有毒な煙が充満した高い場所に怪我人を晒してしまう運び方であるため、使用の場は限られる。軍隊ライフセービングの現場でも使用される。

レスリングプロレスでは上記の体勢から相手を投げる技(飛行機投げ)や相手の体を傾けて両肩をつけてホールドする技(ファイヤーマンズキャリー・ホールド)として使用されるほか見栄えの良さから、この体勢から多くの派生技が開発されている。

プロレスにおける派生技[編集]

ボブ・ホーリーをファイヤーマンズキャリーに捕らえるケン・アンダーソン
エアプレーン・スピン
ファイヤーマンズキャリーの体勢から自らが横に何度も回転して相手の目を回して三半規管にダメージを与える。かつては、ごく普通に見られた技で1950年代にはルー・テーズフィニッシュ・ホールドにもしていた。アニマル浜口マッハ文朱ドミニク・デヌーチディノ・ブラボーマイク・ロトンドなどが得意技としており、全盛時のジャイアント馬場も、つなぎ技として使っていた。近年は太田一平ジュース・ロビンソンが得意技としている。「飛行機投げ」の和名は、ここから付けられた。
バックフリップ
ファイヤーマンズキャリーの体勢から後ろに倒れ込む。「サモアン・ドロップ」の別名があり、ワイルド・サモアンズをはじめとするサモア系レスラー(ヨコズナリキシザ・ロックウマガ)の得意技としても知られる。アブドーラ・ザ・ブッチャーバックドロップに近い体勢で放つ独自のバックフリップを「山嵐」の名称で用いていた。ジョージ・ゴーディエンコアントニオ猪木が使っていたブロック・バスターは、相手を正面から抱え上げて、そのまま後ろに反り投げる別の技である。
デスバレーボム
ファイヤーマンズキャリーから相手を脳天から垂直に落とす。三田英津子が師である北斗晶ノーザンライトボムに触発されて開発。ザ・ゴッドファーザーは「ピンプ・ドロップ」、ジョン・シナは「アティテュード・アジャストメント(AA)」の名称で使用(現在はボディスラムに近い落とし方になっている)。
リバース・デスバレーボム(クルーアル・インテンションズ、プロフェシー、ウィドウ・メーカー
デスバレーボムとは逆に相手の足側から回転させてパワースラムのように自分の体を浴びせながら落とす。ショーン・オヘアの得意技。
カナディアン・ロッキー・バスター
ファイヤーマンズキャリーの体勢で相手を担ぎ上げて助走をつけ前方に回転して相手をマットに叩きつける。オリジナルはイギリス人レスラーの初代ケンドー・ナガサキことピーター・ソーンリーが考案した「カミカゼ・クラッシュ[1]。日本ではカナダ出身のダニー・クロファットの得意技として「カナディアン・ロッキー・バスター」と呼ばれたが、もともとクロファットも本国のカナダでは「カミカゼ」の名称で使用しており、カナダ遠征時にクロファットのカミカゼを見たリッキー・フジも帰国後に同じ技名で用いるようになった[1]ケン・アンダーソンは「グリーンベイ・プランジ」の名称で使用。
ウェイストランド
ウェイド・バレットの初期の必殺技。ファイヤーマンズキャリーの体勢から相手の片手片足を掴みながら勢いよく前方に叩きつける。上記カナディアン・ロッキー・バスターの投げ捨て式。
ハワイアン・スマッシャー
ファイヤーマンズキャリーの体勢からダイヤモンド・カッターに移行する技。太陽ケアの得意技。オリジナルはマーク・メロの「TKO」(太陽ケアも同名の技を使用するが別の技となる。後述のハリケーン・ドライバーを参照)。泉田純至は「不入ドム」の名称で使用。
ハリケーン・ドライバー
南条隼人が開発したファイヤーマンズキャリーから相手を横方向に旋回させてみちのくドライバーIIの形で落とす。太陽ケアは「TKO(太陽ケア・オリジナル)」、中邑真輔は「ランドスライド」、ミラクルマンは「ミラクル・ツイスター」の名称で使用。
F5
ファイヤーマンズキャリーから相手を横方向に旋回させてフェイス・バスター(顔面から相手をマットへ落とす)の形で落とす技。ブロック・レスナーの得意技。WWE退団後は商標の関係で「バーディクト」の名称で使用。
ライトニング・スパイラル
ファイヤーマンズキャリーで担ぎあげて持ち上げないまま自らの体ごと横方向に回転させて脳天から叩きつける。吉野正人の得意技。
GTS
ファイヤーマンズキャリーの体勢から相手を上に放り投げて落ちて来るところを顎に膝蹴りを食らわせる。CMパンクヒデオ・イタミの得意技。
一騎当千
KAGETORA(ジミー・カゲトラ)の得意技。ファイヤーマンズキャリーの体勢から三沢光晴のオリジナル技「エメラルド・フロウジョン」の形でマットに叩きつける。三沢も変形エメラルド・フロウジョンの一種(旋回式)が、この形になる。
牛殺し
相手をファイヤーマンズキャリーの体勢から相手の首を軸にして肩の上で仰向けに回転させると同時に片膝立ちの状態になって落下する相手の後頭部に膝を食らわせる。後藤洋央紀の得意技。技名は後藤が猛牛のニックネームを持つ天山広吉を、この技で病院送りにして約1年9ヶ月にわたる長期欠場に追い込んだことが由来。
ベナドリラー
ファイヤーマンズキュリーの体勢から相手をおろした瞬間に右ハイキックを放つ。リコシェの得意技。
デトネーション・キック
ファイヤーマンズキャリーの体勢から相手を上に放り投げて落ちて来た頭部にオーバーヘッドキックを放つ。TJパーキンスの得意技。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『Gスピリッツ Vol.29』P88-89(2013年、辰巳出版ISBN 4777812359

関連項目[編集]