ボディスラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ケン・ケネディによるボディ・スラム。

ボディ・スラムBody Slam)は、プロレス技の一種である。日本名は抱え投げ(かかえなげ)。

概要[編集]

自分の利き手を相手の股間から差し入れるようにして体もしくはタイツを掴み、もう片手は相手の肩口や首元を掴むようにする。この状態から利き手側を上げて相手をひっくり返すようにして抱え上げて前方に投げ落として相手を背面からマットへ落とす技である。

プロレスにおける基本的な技の一つ。ただ、技をかける側の技術が未熟な場合は、かけた相手を受け身が取れない角度で頭からマットに落としてしまう可能性があるため、それなりに危険性のつきまとう技である。事実、スタン・ハンセンブルーノ・サンマルチノに対して、この技を使用した際に急角度で落下させたことにより首を骨折させてしまった。

現在ではボディ・スラムで試合の勝敗が決するようなことはなく、試合の中での「つなぎ」に用いる技という位置づけになっているが、1960年代までは試合の勝敗を決める技(フィニッシュ・ホールド)と成り得る技であった。また、投げるのが難しいとされる巨漢レスラーを、この技で投げることで、投げた側のレスラーとしての名声が高まることもあった。

アンドレ・ザ・ジャイアントは巨漢であるため投げることが最も困難なレスラーの一人だったが、アントニオ猪木、スタン・ハンセン、ハルク・ホーガンローラン・ボックハーリー・レイスブラックジャック・マリガン長州力らがボディ・スラムを成功している(なかでもハンセンは1981年9月23日に新日本プロレス田園コロシアム大会で行われた試合でボディ・スラムで投げた上に一本背負いのような形で投げている)。

「相手をボディ・スラムで投げれば勝ち」という試合形式のことをボディ・スラム・マッチと呼ぶ。巨漢レスラーが対象になることが多い。

派生技[編集]

パワースラム
スクープ・サーモンとも呼ばれる。相手をロープに振り、帰ってきた際の反動を利用して巻き込むように叩き付ける。テッド・デビアスが元祖とされており、ロード・ウォリアー・アニマルベイダーなど巨漢パワーファイターが好んで使用。日本人の使い手では佐々木健介がいる。叩き付けた後に、その体勢のままフォールを狙うことも可能であるためフィニッシュ・ホールドとしても使用される。
中邑真輔は相手の体が表裏逆向きのリバース・パワースラムを開発。
リフトアップ・スラム
ミリタリー・プレスとも呼ばれる。相手の懐に身体を潜り込ませて胸部と腹部にそれぞれ両手を添えながら、バーベルの様に相手の身体を頭上へと持ち上げた後に相手の身体を背中からマットに叩きつける。日本では、1980年代に来日したロード・ウォリアーズが、この技で一世を風靡してウォリアーズ・リフトとも呼ばれた。パワーファイターが腕力をアピールするために好んで使用する技でデイビーボーイ・スミスパワー・ウォリアーマーク・ヘンリースティーブ・ウィリアムスザ・ビッグガンズが代表的な使い手。
ゴリラ・プレス・スラム
上記のリフトアップ・スラムの要領で相手の身体を頭上まで抱え上げて相手の身体を支えていた両手を離して、うつ伏せの状態で相手の身体をマットに叩きつける。アルティメット・ウォリアーが主な使い手。使い手によって、前方か後方かで投げ落とす方向が異なっていたり、ライバックバッドラック・ファレのように走り込んでくる相手の懐に身体を潜り込ませて一気に頭上まで持ち上げながら落とす型も存在する。
デッドリー・ドライブ
雪崩式リフトアップ・スラムとも呼べる技でコーナーポスト上からダイビング技を仕掛けようとする相手を制して相手の体に両手を添えてマットに向かって投げ落とす。使い手よりも受け手の定番ムーヴになる傾向があり、ハーリー・レイスリック・フレアー永源遙がコーナーに登るとほぼ決まってデッドリー・ドライブで反撃を受けていた。
パンプハンドル・スラム
立っている相手の背後に立ち、相手の片腕を相手の股間を通して自らの片手で相手の手首を掴み、コブラツイストのように相手のもう片方の腕の下から自分の片腕を通して相手の首の後ろに回した体勢(リストクラッチ・コブラツイスト)から、相手を逆さまに上方へ担ぎ上げて背面から落とす。手首を固定されているので受け身が取り難い。
ジェリー・サッグステストウェイド・バレットなどが使用。
派生技にパンプ・ハンドルで持ち上げてオクラホマ・スタンピードのように体を浴びせて落とすメルトダウンブライアン・クラーク)などがある。
ストレッチ・バスターとも呼ばれて小橋建太が考案したストレッチ・ボムの派生技である。
ノーザンライト・ボム
北斗ボムとも呼ばれる。北斗晶が開発したオリジナル技で後に夫の佐々木健介に伝授して現在では佐野巧真フィニッシュ・ホールドとしている。アル・スノースノー・プラウも同型の技である。
ボディ・スラムで抱え上げている体勢から、そのまま自ら体を捻りながら横方向へ倒れ込み、同時に相手を頭部からマットへ叩きつける。受身がとれない危険な技のため、相手の技量によって落とす角度をある程度調整する。また、相手の頭部を自分の腋へ抱え込んでかけて負担を軽くする場合もある。
ヘビー級男子レスラーが使う場合は主にパワースラムのフォームから落とす健介式で行うことが多く、前述の北斗式とは違うと、北斗晶は語っている。
ワンハンド・ボディ・スラム
ゴリラ・スラムワンハンド・スラムとも呼ばれる。抱え上げた後に相手の頭側のクラッチを解き片腕のみで叩き付ける。ブルーザー・ブロディが得意技としていた。パワーファイターが腕力をアピールするには、うってつけの技だが見た目以上に高難度の技であるともいわれている。
ハイアングル・ボディ・スラム
相手を抱え上げた後、肩の上に乗せるようにした状態から勢いを付けて叩き付ける。代表的な使い手はハルク・ホーガンアンドレ・ザ・ジャイアント。日本人選手ではジャンボ鶴田田上明が使用。最近の選手ではビル・ゴールドバーグがこのスタイルのボディ・スラムを使う。
女子式ボディ・スラム
全女式ボディ・スラムとも呼ばれる。通常のボディ・スラムとは異なり、ブレーンバスターと同じ形のクラッチから持ち上げて(ブレーンバスター・スラムほど高く抱え上げず、相手を垂直の状態で静止させない)空中で通常のボディ・スラムと同様の持ち方に変えて背面から相手を落とす。
全日本女子プロレス道場出身女子レスラーのほとんどは、この方法を用いたため、全女式の通称も全日本女子の略称に由来。後年は他団体の女子レスラーも使用する事から女子式の名称で呼ばれる事が多い。この形で投げる理由は諸説あるが、この形のほうが比較的非力な女子レスラーでも持ち上げやすいこと等が一因とされている。
ギロチン・ホイップ
ハイアングル・ボディ・スラムの要領で担ぎ上げた後に相手の前面を下にした向きで前方へ放り投げてトップロープに喉元をぶつける。場外戦においては、ロープの代わりに鉄柵上部に喉をぶつける形態も使用された。1990年代、全日本プロレスにおいてジャンボ鶴田、田上明、渕正信らが好んで使用。特に菊地毅のような軽量級選手が犠牲になることが多かった。
スタン・ガン
コーナーポストへ顔面をぶつける形のギロチン・ホイップ。上記のギロチン・ホイップを得意技とする選手がバリエーションとして使用した他にストーン・コールド・スティーブ・オースチンが、この技をベースにスタナーを開発。
オクラホマ・スタンピード
相手を抱え上げるまでは同じだが、そこから相手を叩きつける際に自分の体を浴びせるようにして相手を押しつぶす。2、3歩走ってから叩きつけることが多い。
主な使用者はビル・ワットスティーブ・ウィリアムス吉江豊ボビー・ラシュリー
みちのくドライバーII
TAKAみちのくのオリジナル技。厳密にはパイルドライバーの派生技であるがボディ・スラムの要素が盛り込まれている。
リバース・ボディ・スラム
相手の背後からボディ・スラムの要領で組み付いて仕掛ける。前方に放り投げるタイプを志賀賢太郎SSSスパイラル・シガ・シューター)、T-hawkウラジゴクの名称で使用。中邑真輔は後方に反り投げるタイプをリバース・パワースラムの名称で、後藤洋央紀は持ち上げた相手を、ゆりかごを揺らすように左右にスイングして放つ技を裏昇天の名称で、正面に放りながら立てた膝に相手の顔面を打ち据えるタイプをリバース牛殺しの名称で、それぞれ使用。
ビッグ・エンディング
ビッグ・E・ラングストンのフィニッシャー。フロント・パワースラムの体勢からダイヤモンド・カッターへと移行する。

関連項目[編集]