空中消火

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カリフォルニアの山火事で消火活動を行なうアメリカ空軍のC-130

空中消火(くうちゅうしょうか)とは、航空機を用いて、空から消火活動を行うことである。

概要[編集]

広大な森林や険しい山が多い国では、林野火災の現場まで消防車がたどり着けないことが多く、空中消火専門の消防隊が存在している。国によっては消防隊ではなく軍隊、警察や国境警備隊、山林を管轄する機関、民間企業などが行っていることもある。

空中消火機には水タンクを増設するスペースがある大型機を改造するのが主流であり、輸送機(C-130、C-47IL-76など)の他、低空低速での飛行を前提とした哨戒機(S-2P-3)など軍から払い下げられた退役機や、航空会社から売却された旅客機(B-747DC-10DHC-6DC-6)が利用される。

ヘリコプターはS-64Eのような輸送ヘリコプターを改装した機体もあるが、汎用ヘリコプターで水の入ったバスケットを吊り下げることも多い。

これらの空中消火機は『エアタンカー』とも呼ばれる。

アメリカ合衆国[編集]

エアロユニオン社の『エアロユニオン・エア・タンカー』

国の組織として森林消防隊が組織されており、航空機から火災現場に直接降下する降下消防員(通称スモークジャンパー)も存在する。しかし国土面積に対して規模が十分ではなく、予算が不足し大規模な消防隊を常設できない自治体も多いため、火災発生時にはエバーグリーン航空など空中消火事業も行う航空会社やエアロユニオン英語版のような専門会社へ業務をアウトソーシングするなど、航空ビジネスとして市場が形成されている。民間企業であるためカナダやメキシコなど隣国でも事業を展開している。

ロシア[編集]

世界初の森林専門消防隊である航空森林消防隊が、広大な森林で発生する火災に備え待機している。

航空機からの空中消火に加え、現場付近にヘリコプターで移動した後、落下傘で降下し地上から消火活動を行う機動部隊もある。

日本[編集]

日本では1960年代から実施されてきた。なお、各自治体が所有する消防防災ヘリコプター(2007年現在総数71機)は、その放水量が通常0.5トン程度で、自衛隊の大型ヘリコプターの放水量(約7トン)に比べて桁違いに少なく、過去30年余りに渡って自衛隊が林野火災の空中消火で中核的役割を担って来た。

イタリア[編集]

イタリアでは森林警備隊S-64Fを4機配備している。

大韓民国[編集]

林野火災の対策として農林畜産食品部傘下の山林庁S-64Eを4機配備している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]