マッハ文朱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マッハ文朱
プロフィール
リングネーム マッハ文朱
身長 174 cm
誕生日 (1959-03-03) 1959年3月3日(60歳)
出身地 熊本県
スポーツ歴 柔道
空手
合気道
デビュー 1973年
引退 1976年
テンプレートを表示

マッハ文朱(マッハふみあけ、1959年3月3日[1][2] - )は、日本女優[2][1]タレント[2]歌手[1]。元女子プロレスラー熊本県出身[1][2]。身長174cm、血液型はB型[1][2]

1993年パイロットの台湾系アメリカ人ロバート・チャンと結婚。2人の娘の母。長女は宝塚歌劇団星組桃堂純。アメリカ在住の次女はジュニア・オレンジ・ボウルに優勝したテニスプレーヤーYuki Chiangである[3]

プロ野球は大阪近鉄バファローズのファンである。

来歴[編集]

歌手志望で、1972年、13歳の時、『スター誕生!』に出場し、決戦大会(本戦合格者が出場する、芸能事務所・レコード会社参加の最終審査)まで進出したが、スカウトのプラカードは挙がらなかった。同決戦大会に山口百恵が出場していたことから後に「山口百恵に敗れた」という形容で呼ばれるようになった(なおスター誕生は「勝ち抜き戦」ではなく審査は個別に行われるもので、直接対決に敗れたのではなく20社のスカウトが集中した山口との対比を指した比喩である)。

1974年、15歳の時、叔父がゴルフをやっていた関係でゴルファーになることが決まっていたが、「女子プロレスラー募集」という週刊誌の小さい募集記事を見つけてきた姉に勧められ、一転して全日本女子プロレスに入門(結果的に芸能界に縁のあった者や志望者がプロレスに入門するというケースのはしりとなり、ミミ萩原アストレスなどがそれに続いた)[4]。2011年10月1日付の『朝日新聞』の特集「うたの旅人」におけるインタビューで文朱はプロレス転身について、『スター誕生!』決戦大会後に番組プロデューサーから「いまはかわいい一辺倒のアイドル全盛だから、君は大人っぽくて中途半端だ」と言われたことから、体格と運動神経を生かしてスポーツの路に進むしかないと見極めがついた、と語っている。リングネーム「マッハ文朱」は、巴ゆき子の命名によるものであった。「タイガー茜」というリングネームに決まっていたが、マッハの強い希望で「マッハ文朱」になった。「マッハ」は何をするのも速いことから、「文」は本名から、「朱」は母におねだりして唯一買ってもらってよく着ていたセーターの色から。

長身、ルックスの良さ、もって生まれたスター性、前述のごとく歌も歌えることなどからすぐに注目され、旗揚げ後苦難が続いた同団体初のアイドルスター選手となり、従来の女子プロレスのイメージを変え、TVの人気も上がり、同団体の経営が確立した[4]。圧倒的な体格・体力だけでなく格闘技歴があったため、相手選手を壊さないように気をつけながらリングに上がっていたと本人は発言している。

1975年3月19日WWWA世界シングル王座(第17代)獲得。同年4月15日赤城マリ子とのタッグでWWWA世界タッグ王座(第61代)獲得。選手として強いだけではなく、プロの歌手としてレコードも出しそれをヒットさせ、試合後にリングで歌を披露するなど、それまでの女子プロレスラーにはなかった明るいアイドル性も備えており、女性ファンも多数獲得した[4]。マッハの活躍で全日本女子プロレスの隆盛が始まり、後のビューティ・ペアクラッシュギャルズの雛形的な存在だったと言える。同年、東映映画『華麗なる追跡』で映画デビューも果たした。

1976年、「マッハ文朱」を名乗ってわずか2年8ヵ月でプロレスを引退。すぐに人気タレントとなる[4]。映画『トラック野郎・天下御免』(シリーズ4作目)に序盤のシーンで一番星号とワッパ勝負をする女ミキサー運転手として出演、菅原文太を投げ飛ばす。

1977年東京12チャンネルと契約してリング復帰。異種格闘技戦を戦うが、長続きしなかった。

空手初段であり、大山倍達の指導を受けた経験を持つ。空手の他に、柔道初段、合気道3段も取得している。

1984年、25歳の時、タレント業を休業し、ニューヨークハンター大学に1年間、語学留学。ブロードウェイに通いダンスを学ぶ。28歳で高校2年次に編入学、30歳で高校卒業(通信教育)。1989年から1992年にかけて、ロサンゼルスペパーダイン大学にて健康心理学南カリフォルニア大学にて経済学を学ぶ。1993年、大学関連の知人のホームパーティーで知り合った男性と結婚。1994年2月に長女、1995年8月に次女を共に台湾で出産。のちにアメリカに移住、2004年から10年ほどスポーツバーを経営。

2013年7月18日のDDT両国国技館大会にて赤井沙希がデビューすると知り、帰国して観戦した[5]。10月には20年振りに日本で本格的にタレント活動を復帰することを雑誌『女性自身』のインタビュー[要文献特定詳細情報]で語り、2014年に芸能復帰。活動再開後は生島企画室に所属[1]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

クイズ番組[編集]

バラエティ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

テレビCM[編集]

舞台[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル
発売日 レーベル 品番 タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
レスラー時代
1975年3月10日 テイチクレコード SN-1447 A 花を咲かそう 千家和也 平尾昌晃 京建輔
B ひとり星
1975年 SN-1463 A よろしくね やまひさし 菊池俊輔 京建輔
B ともだちマーチ
タレント転向後
1976年12月 日本コロムビア SCS-329 A ダンズビロック 中山大三郎 長沢口一 馬飼野俊一 テレビ朝日系「とびだせ!パンポロリン」から
1976年 SCS-330 A ハッスルおばあちゃん 中山大三郎 長沢口一 馬飼野俊一 テレビ朝日系「とびだせ!パンポロリン」から

のこいのこの同名曲とは別曲

1977年 FF-13 A ダンズビロック 中山大三郎 長沢口一 馬飼野俊一
B ハッスルおばあちゃん
マッハおねえさんのたのしいおしゃべり
1977年 ママレコード LA-1002 A 必殺勉強野郎 長沢口一 馬飼野俊一
B ソウル見ちゃった
1977年 ミノルフォンレコード LA-3 A 森のカーニバル
B パンポロ小唄 長沢ロー
1977年 KA-1034 A 今日はPON PON 荒木一郎
B 海への伝言
1977年 LA-1002 A 必殺勉強野郎 長沢口一 馬飼野俊一
B ソウル見ちゃった
1978年 日本コロムビア SCS-439 A 宇宙ロックNo.1 長沢ロー 長谷川浩司 テレビ朝日系「とびだせ!パンポロリン」から
1978年 ミノルフォンレコード KA-1089 A 燃える青春 たかたかし 鈴木邦彦
B 愛は旅人 榛名かづ枝 長沢口一
1978年 KA-1138 A 横・浜・模・様 長沢口一 馬飼野俊一
B ペーパーバード ちあき哲也 山梨鐐平
1980年 KA-1196 A 生きてるかぎり やまひさし 菊池俊輔
B 愛は未来へ… 宇宙怪獣ガメラ』主題歌
1982年 KA-2058 A もういいよ さいとう大三 藤原蔵人
B 通り過ぎる愛 山口あかり 長沢口一
2018年8月15日 テイチクレコード TECA13872 1 ラブコールは5回目で 沢井明と共演
2 あまのじゃく デュエットVer.
  • 森のカーニバル

アルバム[編集]

  • マッハ文朱です よろしくね

タイトル歴[編集]

得意技[編集]

著書[編集]

  • マッハ式やせてびっくり! - 私はこうして20キロやせた(講談社、1982年5月)
  • マッハのバナナビクス(堀事務所、1984年1月)
  • マッハ流痴漢ゲキタイ法 - 女のコの護身術(主婦の友社、1984年1月)
  • マッハのハトムギ美人になろうよ - やせる+美肌(主婦の友社、1985年3月)
  • マッハ式座弾&ダイエット - これはやせる!(講談社、1986年7月)
  • 女をみがくスパ式心身美容法 - 心と体をシェイプアップする新ダイエット(講談社、1992年9月)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 番組では「テクニカル問題」と呼ばれる問題が非常に得意であり、司会の土居まさるからは「複眼マッハ」と言われ、前期女性軍のムードメーカーであった。
  2. ^ 1994年の「700回記念大会」にはOBチームメンバーとして羽賀研二とペアで出演した。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f マッハ文朱”. 生島企画室. 2017年3月15日閲覧。
  2. ^ a b c d e マッハ文朱”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年3月15日閲覧。
  3. ^ “マッハ文朱、20年ぶり芸能界復帰!夢は娘と東京五輪で“共演”(2/3ページ)”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2014年2月16日). http://www.sanspo.com/geino/news/20140216/oth14021605040013-n2.html 2017年3月18日閲覧。 
  4. ^ a b c d 『俺たちのプロレス』VOL.6、双葉社〈双葉社スーパームック〉、2016年8月9日、15頁。ISBN 978-4-575-45627-1
  5. ^ おどろき!(2013年12月3日時点のアーカイブ

外部リンク[編集]