簡易消火用具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
消火バケツ

簡易消火用具かんいしょうかようぐ)とは水バケツ、乾燥砂等の、消火器ではないが消防法及び関係政令上消火器の代替が可能なものである。

消防法に定める防火対象物に必要な消火器の能力単位数の1/3までは、これらの簡易消火用具で代替することが出来る。 しかし、消防機関の指導により、義務設置の消火用具と取り扱ってもらえない場合もある。

エアゾール式簡易消火具はこの項目とは関係ない。

消防法施行令・消防法施行規則による簡易消火用具[編集]

水バケツ[編集]

  • を満たした8L以上の消火専用のバケツ3個。普通火災1単位

8L入り水バケツは三個でA-1の火災模型を消火し得る事から定められて居る。 かつてはバケツは金属製で朝顔形の物という規定があったが、今は無い。 「消火バケツ」と表示する。

消火水槽[編集]

  • 80L以上の水槽に8L入り消火専用バケツ3個を併置したもの。普通火災1.5単位
  • 190L以上の水槽に8L入り消火専用バケツ6個を併置したもの。普通火災2.5単位

「消火水槽」と表示する。

乾燥砂[編集]

  • 50L以上の1塊りにスコップ1個を併置したもの。普通火災・電気火災以外の能力単位0.5単位

主にナトリウムアルミ紛マグネシウム等の金属火災、消火器では消火不可能な危険物に対して用いられる。危険物類の流出対策用ともなる。 「消火砂」と表示する。

膨張ひる石、膨張真珠岩[編集]

  • 160L以上の1塊にスコップ1個を併置したもの。普通火災・電気火災以外の能力単位1単位

バーミキュライトの類である、乾燥砂と同等の目的に用いられる。 「消火ひる石」と表示する。膨張真珠岩はパーライトの類で膨張ひる石と同様の方法で使用する。

特例として簡易消火用具と認められたもの[編集]

三角バケツ[編集]

内部に隔壁があり、一度に全量が出ず、数回にわたって散水可能なもの。 7Lのもの2個で消火バケツ3個と同等と看做される。

投てき式消火弾[編集]

消火弾は、塩化アンモニウム-炭酸ナトリウム等の水溶液をガラス製アンプルや割れ易い プラスチック容器に封入し、火災時に火元に投げ込み消火を図るもの。

1960年代まで消火器より安価で、詰替え等の手間が要らない事から普及した。 毒性のある四塩化炭素を充填したものもあったが、能力単位は無い。

古くからあるガラス製のものは6個で消火専用のバケツ3個と同等と看做される。

関連項目[編集]