マイク・ロトンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マイク・ロトンド
Irwin R Schyster in 1994.jpg
IRS(1994年)
プロフィール
リングネーム マイク・ロトンド
IRS
アーウィン・R・シャイスター
マイケル・ウォールストリート
V・K・ウォールストリート
ミスター・ウォールストリート
キャプテン・マイク・ロトンド
マイク・ロタンダ
本名 ローレンス・マイケル・ロタンダ
ニックネーム タックスマン
マルサの男
戦う証券マン
黒の体育会
身長 191cm
体重 112kg(全盛時)
誕生日 (1958-03-30) 1958年3月30日(59歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州の旗 フロリダ州
ピネラス郡セントピーターズバーグ
スポーツ歴 レスリング
トレーナー ディック・ベイヤー
デビュー 1981年9月22日
引退 2004年5月4日
テンプレートを表示

マイク・ロトンドMike Rotundo、本名:Lawrence Michael Rotunda1958年3月30日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラーフロリダ州セントピーターズバーグ出身。

IRSことアーウィン・R・シャイスターIrwin R. Schyster)、マイケル・ウォールストリートMichael Wallstreet)などのリングネームで知られる。

ブラックジャック・マリガンの娘婿で、バリー・ウインダムケンドール・ウインダムとは義兄弟にあたる。息子のウィンダム・ロタンダ(デューク・ロトンド / ブレイ・ワイアット)テイラー・ロタンダ(ボー・ロトンド / ボー・ダラス)もプロレスラーである。

来歴[編集]

シラキュース大学レスリング選手として活躍後、大学の先輩であるザ・デストロイヤーにスカウトされ、1981年9月22日、西ドイツにてプロデビュー[1]

1982年より、アメリカノースカロライナ州に本拠を置くジム・クロケット・ジュニア主宰のMACWで活動。レスリングの素地を持つ技巧派のベビーフェイスとして頭角を現し、同年12月25日にレロイ・ブラウンからNWAミッドアトランティックTV王座を奪取[2]。翌1983年8月7日にはカナダトロントにて、ドン・カヌードルを破りNWAカナディアンTV王座を獲得した[3]

1983年9月より、エディ・グラハムが主宰していた地元フロリダCWFを主戦場とし、9月24日にロン・バスからフロリダ版のNWA南部ヘビー王座を奪取[4]、12月16日にはトーナメント決勝でグレッグ・バレンタインを破りNWAフロリダ・ヘビー級王座を獲得した[5]。CWFではバリー・ウインダムとのタッグチームでも活動し、1984年3月14日にロン・バス&ブラック・バートのロング・ライダーズからUSタッグ王座を奪取[6]。以降も同王座を巡り、ロング・ライダーズと抗争を展開した[6]

1984年末、バリー・ウインダムと共にWWFに移籍。フェイスターンしていたキャプテン・ルー・アルバーノマネージャーに迎え、"USエクスプレス" のチーム名で活躍[7]。翌1985年1月21日、ディック・マードック&アドリアン・アドニスのノース・サウス・コネクションを破り、WWF世界タッグ王座を獲得する[8]。3月31日にニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンで開催されたレッスルマニア第1回大会アイアン・シーク&ニコライ・ボルコフに奪取されるも6月17日に奪還、8月24日にグレッグ・バレンタイン&ブルータス・ビーフケーキのドリーム・チームに敗れるまで戴冠した[8]

1986年1月、ウインダムとのコンビで全日本プロレスに初来日[9]。この時点でUSエクスプレスはWWFを離脱していたが、ロトンドは以降もWWFに単発出場し、ダニー・スパイビーとの新チーム "アメリカン・エクスプレス" などで活動、ブレット・ハート&ジム・ナイドハートハート・ファウンデーションアックス&スマッシュデモリッションとも対戦した[10][11]

1987年3月15日には古巣のCWFにおいてエド・ガントナーを破りNWAフロリダ・ヘビー級王座に返り咲き、6月7日にもドリー・ファンク・ジュニアを下して再び戴冠[5]。同年にCWFはMACWに吸収合併されたため、同王座の最後のチャンピオンとなった[5]。以降、かつての活動拠点であったMACWに主戦場を移す。

同年末にヒールに転向し、リック・スタイナーと大学のレスリング部をモチーフとした体育会系ユニット "バーシティ・クラブ" を結成。試合用コスチュームもショートタイツからアマレス選手スタイルのショルダータイツとなった。スタイナーと仲間割れ後の1988年9月からはスティーブ・ウィリアムスを新パートナーに活動(マネージャーはケビン・サリバンが務め、後にダニー・スパイビーも加入)。1989年4月2日、ウィリアムスと組んでロード・ウォリアーズを破りNWA世界タッグ王座を獲得した[12]

バーシティ・クラブ解散後、MACWを買収したWCWにて、1990年11月より証券アナリストギミックマイケル・ウォールストリートに変身。以降、1990年代は頭脳派のホワイトカラー系ヒールとして活躍し、1991年3月の新日本プロレス来日[13]を経て、同年4月よりアメリカ国税局(Internal Revenue Service)と同じイニシャルのIRSことアーウィン・R・シャイスター(Irwin R. Schyster)を名乗りWWFに参戦[14]ワシントンD.C.出身の元IRS収税吏というキャラクター設定のもと、眼鏡にスーツ姿でブリーフケースを手に、マイクで観客に納税を促しながらリングに登場。Yシャツにネクタイ、スラックス姿のまま試合を行うなど、WCWでのマイケル・ウォールストリートをさらに発展させたギミックで注目を集め、ハクソー・ジム・ドゥガンビッグ・ボスマンなどのブルーカラー系のベビーフェイスと抗争を繰り広げた[15]

1992年からは金満家ギミックの"ミリオンダラー・マン" テッド・デビアスと "マネー・インコーポレーテッドマネー・インク)" なるタッグチームを結成[16]。同年2月7日、リージョン・オブ・ドゥームを破りWWF世界タッグ王座を再び獲得[8]1993年4月4日のレッスルマニアIXでは、ハルク・ホーガン&ブルータス・ビーフケーキのザ・メガマニアックスを挑戦者チームに防衛戦を行い、デビアスと共にホーガンのWWF復帰戦の相手を務めた[17]。その後もWWFに定着し、デビアスとのマネー・インクではナチュラル・ディザスターズスタイナー・ブラザーズ、シングルではタタンカレイザー・ラモンなどと抗争を展開した[18][19]

1995年9月、WWFを離脱してWCWに移籍。ビンセント・ケネディ・マクマホンのイニシャルをもじったV・K・ウォールストリートを名乗ってWWFからの回し者キャラクターを演じ[7]、初戦となる9月11日放送のマンデー・ナイトロにてスティングUSヘビー級王座に挑戦した[20]1997年からはnWoの一員となり、同年6月にマイケル・ウォールストリートの名で新日本プロレスに6年ぶりに来日[21]。以降も1999年まで新日本プロレスに再三来日し、蝶野正洋率いるnWoジャパンおよびTEAM 2000で活躍した[1]

WCW離脱後は日本を主戦場とするようになり、2000年11月には全日本プロレスでスティーブ・ウィリアムスとバーシティ・クラブを再結成し世界最強タッグ決定リーグ戦に出場、12月9日の日本武道館での決勝戦で川田利明&渕正信を破り優勝を果たした[22]2001年2月24日には、博多スターレーンにて太陽ケア&ジョニー・スミス世界タッグ王座にウィリアムスと組んで挑戦している[23]

2003年11月にはバリー・ウインダムとのUSエクスプレスでIWAジャパンに参戦[24]。翌2004年5月4日、同団体の後楽園ホール大会で引退試合が行われ、ウインダム&三宅綾と組み、ジム・ドゥガン、ロード・ウォリアー・アニマル松田慶三のトリオと6人タッグマッチで対戦(レフェリーはテッド・デビアス)[25]、ドゥガンからフォールを奪い勝利を飾った。

引退後は、2006年よりWWEのロード・エージェントとして活動[7]。番組内にも時折登場し、2010年3月29日のRAWで行われたクリスチャンテッド・デビアス・ジュニアランバージャック・マッチでは、テッド・デビアス、ニック・ボックウィンクルパット・パターソンサージェント・スロータートニー・ガレアリッキー・スティムボートロディ・パイパージェリー・ローラーアーン・アンダーソンらと共に、レジェンドの1人としてランバージャック役を務めた[7]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

ミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリング
メープル・リーフ・レスリング
  • NWAカナディアンTV王座:1回[3]
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
ワールド・レスリング・フェデレーション

脚注[編集]

  1. ^ a b 『新日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P45(2002年、日本スポーツ出版社
  2. ^ a b NWA Mid-Atlantic Television Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年3月11日閲覧。
  3. ^ a b NWA Canadian Television Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年3月11日閲覧。
  4. ^ a b NWA Southern Heavyweight Title [Florida]”. Wrestling-Titles.com. 2015年3月11日閲覧。
  5. ^ a b c d NWA Florida Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年3月11日閲覧。
  6. ^ a b c NWA United States Tag Team Title [Florida]”. Wrestling-Titles.com. 2015年3月11日閲覧。
  7. ^ a b c d Wrestler Profiles: Mike Rotundo”. Online World of Wrestling. 2015年3月11日閲覧。
  8. ^ a b c d History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2015年3月11日閲覧。
  9. ^ The AJPW matches fought by Mike Rotunda in 1986”. Wrestlingdata.com. 2015年3月11日閲覧。
  10. ^ The WWE matches fought by Mike Rotunda in 1986”. Wrestlingdata.com. 2015年3月11日閲覧。
  11. ^ The WWE matches fought by Mike Rotunda in 1987”. Wrestlingdata.com. 2015年3月11日閲覧。
  12. ^ a b NWA World Tag Team Title [Mid-Atlantic/WCW]”. Wrestling-Titles.com. 2010年9月17日閲覧。
  13. ^ The NJPW matches fought by Mike Rotunda in 1991”. Wrestlingdata.com. 2015年3月11日閲覧。
  14. ^ The WWE matches fought by Mike Rotunda in 1991”. Wrestlingdata.com. 2015年3月11日閲覧。
  15. ^ The WWE matches fought by Mike Rotunda in 1992”. Wrestlingdata.com. 2015年3月11日閲覧。
  16. ^ Tag Team Profiles: Money Inc.”. Online World of Wrestling. 2015年3月11日閲覧。
  17. ^ WWF WrestleMania IX”. Cagematch.net. 2015年3月11日閲覧。
  18. ^ The WWE matches fought by Mike Rotunda in 1993”. Wrestlingdata.com. 2015年3月11日閲覧。
  19. ^ The WWE matches fought by Mike Rotunda in 1994”. Wrestlingdata.com. 2015年3月11日閲覧。
  20. ^ The WCW matches fought by Mike Rotunda in 1995”. Wrestlingdata.com. 2015年3月11日閲覧。
  21. ^ The NJPW matches fought by Mike Rotunda in 1997”. Wrestlingdata.com. 2015年3月11日閲覧。
  22. ^ The AJPW matches fought by Mike Rotunda in 2000”. Wrestlingdata.com. 2015年3月11日閲覧。
  23. ^ The AJPW matches fought by Mike Rotunda in 2001”. Wrestlingdata.com. 2015年3月11日閲覧。
  24. ^ The IWA Japan matches fought by Mike Rotunda in 2003”. Wrestlingdata.com. 2015年3月11日閲覧。
  25. ^ IWA Japan Mike Rotundo Retirement Show”. Cagematch.net. 2015年3月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]