マイク・ロトンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイク・ロトンド
Irwin R Schyster in 1994.jpg
IRS(1994年)
プロフィール
リングネーム マイク・ロトンド
IRS
アーウィン・R・シャイスター
マイケル・ウォールストリート
V・K・ウォールストリート
ミスター・ウォールストリート
キャプテン・マイク・ロトンド
マイク・ロタンダ
本名 ローレンス・マイケル・ロタンダ
ニックネーム タックスマン
マルサの男
戦う証券マン
黒の体育会
身長 191cm
体重 112kg(全盛時)
誕生日 1958年3月30日(56歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州の旗フロリダ州
セントピーターズバーグ
スポーツ歴 レスリング
トレーナー ディック・ベイヤー
デビュー 1981年10月22日
引退 2004年5月4日
テンプレートを表示

マイク・ロトンドMike Rotundo1958年3月30日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラーフロリダ州セントピーターズバーグ出身。本名はローレンス・マイケル・ロタンダLawrence Michael Rotunda)。

IRSことアーウィン・R・シャイスターIrwin R. Schyster)、マイケル・ウォールストリートMichael Wallstreet)などのリングネームで知られる。

ブラックジャック・マリガンの娘婿で、バリー・ウインダムケンドール・ウインダムとは義兄弟にあたる。息子のウィンダム・ロタンダ(デューク・ロトンド / ブレイ・ワイアット)テイラー・ロタンダ(ボー・ロトンド / ボー・ダラス)もプロレスラーである。

来歴[編集]

シラキュース大学レスリング選手として名を馳せ数々のチャンピオンになる。

1981年、同大学の先輩ザ・デストロイヤーにスカウトされプロレス入り。西ドイツにてデビューする。

1982年12月、レロイ・ブラウンを破りNWAミッドアトランティック地区のTV王座を獲得。

1983年8月、ドン・カヌードルを破りカナディアンTV王座を獲得。同年9月にはフロリダロン・バスから南部ヘビー王座を奪取。

1984年末、バリー・ウインダムタッグチーム "USエクスプレス" を結成してWWFに進出。

1985年1月、ディック・マードック&アドリアン・アドニスのノース・サウス・コネクションを破り、WWF世界タッグ王座を獲得。3月のレッスルマニアアイアン・シーク&ニコライ・ボルコフに王座を奪われるが6月に奪還。

1986年1月、全日本プロレスに初来日。この時点でUSエクスプレスはWWFを離脱していたが、ロトンドは以降もWWFに単発出場し、ダニー・スパイビーと新チーム "アメリカン・エクスプレス" を結成した。

1987年3月、エド・ガントナーを破りNWAフロリダヘビー級チャンピオンになる。6月にもドリー・ファンク・ジュニアを破り再び戴冠。

1987年末、NWAミッドアトランティック地区ヒールに転向し、リック・スタイナーと大学のレスリング部をモチーフとした体育会系ユニット "バーシティ・クラブ" を結成。スタイナーと仲間割れ後の1988年9月からはスティーブ・ウィリアムスを新パートナーに活動(マネージャーケビン・サリバン。後にダニー・スパイビーも加入)。

1989年4月、ウィリアムスとのタッグでロード・ウォリアーズを破りNWA世界タッグ王座を獲得。

1990年代からは、WCW証券マンギミックマイケル・ウォールストリート、WWFで国税当局ギミックのIRSアーウィン・R・シャイスター)となり、頭脳派のヒールとして活躍。

1991年3月、新日本プロレスに来日。帰国後、アメリカ国税局(Internal Revenue Service)と同じイニシャルのIRS(Irwin R. Schyster)を名乗りWWFに参戦。ワシントンD.C.出身の元IRS収税吏として、眼鏡にスーツ姿でブリーフケースを手に、マイクで観客に納税を促しながらリングに登場。Yシャツにネクタイ、スラックス姿のまま試合を行う。

1992年"ミリオンダラー・マン" テッド・デビアスと "マネー・インコーポレーテッド(マネー・インク)" を結成。同年2月にリージョン・オブ・ドゥームを破りWWF世界タッグ王座を獲得。

1993年4月、レッスルマニア9ハルク・ホーガン&ブルータス・ビーフケーキのザ・メガマニアックスを相手にWWF世界タッグ王座を防衛。デビアスと共に、ホーガンのWWF復帰戦の相手を務めた。

1995年、WWFを離脱し、WCWに移籍。ビンセント・ケネディ・マクマホンのイニシャルをもじったV・K・ウォールストリートを名乗り、WWFからの回し者キャラクターを演じる

1997年6月、nWoの一員となる。

1999年、マイケル・ウォールストリートの名で新日本プロレスに再来日。蝶野正洋率いるTEAM 2000で活躍。

2000年、全日本プロレスでスティーブ・ウィリアムスとバーシティ・クラブを再結成し世界最強タッグ決定リーグ戦に出場。川田利明&渕正信を破り優勝。

2001年2月、太陽ケア&ジョニー・スミス世界タッグ王座にウィリアムスとのコンビで挑戦するが敗退。

2004年からはIWAジャパンに参戦。同年5月4日に引退試合を行い引退。ハクソー・ジム・ドゥガンを丸め込んで勝利した。

2006年よりWWEのロード・エージェントとして活動している。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

ミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリング
メープル・リーフ・レスリング
  • NWAカナディアンTV王座:1回
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
  • NWAフロリダ・ヘビー級王座:3回
  • NWA南部ヘビー級王座(フロリダ版):2回
ワールド・レスリング・フェデレーション

外部リンク[編集]