デスバレーボム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
里村明衣子によるデスバレーボム。

デスバレーボムDeath Valley Bomb)は、プロレス技の一種である。

概要[編集]

三田英津子のオリジナル技であり、代名詞的フィニッシュ・ホールド。相手をファイヤーマンズキャリーの要領で両肩に担ぎ上げて相手の頭がある方向に体を倒して落下させた相手の頭部を叩きつける。

主な使用者[編集]

派生技[編集]

雪崩式デスバレーボム
相手をコーナー最上段に座らせて自身もセカンドロープに登って仕掛けるデスバレーボム。
デスラップ・ボム
三田英津子のオリジナル技。向かい合った相手の右腕を左手で左腕を右手で、それぞれ掴み、左腕が下にくる形で交差させた相手の両腕を相手の顎の下へと持っていって、相手の体をファイヤーマンズキャリーの要領で肩の上に担ぎ上げて左半身から倒れ込んで相手の後頭部を叩きつける。主な使用者は南野タケシそれはNENJIの名称で使用)。
デスバレー・ドライバー
高岩竜一のオリジナル技。相手をファイヤーマンズキャリーの要領で両肩の上に担ぎ上げて体を揺すって相手の上半身を自分の体の正面へと持っていって、相手の腰を両手で抱え込みながら尻餅をつき、落下させた相手の頭部を両腿の間へ打ちつける。
TKO34th(太陽・ケア・オリジナル・34代三冠王者
太陽ケアのオリジナル技。相手をファイヤーマンズキャリーの体勢から下半身を右手で下から押し上げて相手の体を軽く宙へと浮き上がらせて相手の体が垂直に近くなったところで自身は尻餅をつくように腰を落として上下逆さまの状態で落下させた相手の体を自身の左サイドへと叩きつける。主な使用者はオカダ・カズチカヘビーレインの名称で使用)、征矢学垂直落下式デスバレーボムの名称で使用)。
蛇剣神滝
読み方は「だいけんしんたき」。HUBのオリジナル技。相手をクロスレッグ・フィッシャーマンズ・バスターの要領で持ち上げて相手をファイヤーマンズキャリーの形で両肩の上に着地させて左半身から倒れ込んで相手の後頭部や背中を打ちつける。スーパー・ドルフィンの時代はカオスブレイクの名称で使用していた。
アバランチDVD(アバランチ・デス・バレー・ドライバー)
ジェイ・ブリスコのオリジナル技。体を相手の懐に潜り込ませながら相手の胸のあたりに左手を腹部のあたりに右手を、それぞれ添えて相手の体をリフトアップしてファイヤーマンズキャリーの形で相手の体を両肩の上に着地させて相手を担いだまま左半身から倒れ込み、落下させた相手の後頭部や背中を自身の左サイドへ叩きつける。主な使用者はHUB(上叩蛇落(じょうこうじゃらく)の名称で使用)。
ビクトリア・ドライバー
井上京子のオリジナル技。リングに背を向ける格好で相手をコーナー最上段に座らせてコーナー上の相手をアルゼンチン・バックブリーカーの要領で肩に担ぎ上げて相手の首を左手で左腿を右手で抱え込んで体を軽くジャンプして左半身から着地すると同時に相手の頭部を打ちつける。主な使用者は小橋建太バーニング・ハンマーの名称で使用)。井上が最初に使用したが1998年10月24日に小橋建太が使用したことで脚光を浴びた。
リストクラッチ・バーニング・ハンマー
小橋建太のオリジナル技。相手の股の間に腿の裏の方から左腕を差し込んで正面にある相手の左腕を掴み、前屈みになった相手の首の後ろに右腕を回し、相手の懐に頭を潜り込ませて体を起こすことで相手の体をアルゼンチン・バックブリーカーのような形で肩に担ぎ上げて右半身から倒れ込んで相手の頭部を打ちつける。主な使用者は関本大介リストクラッチ・デスバレーボムの名称で使用)。
スパイシー・ドロップ
カレーマンのオリジナル技。相手をアルゼンチン・バックブリーカーの要領で両肩に担ぎ上げて軽く助走をつけながらジャンプして相手の頭がある方向に体を傾けて相手の下半身を抱えていた右腕を離すことで相手の体を空中でうつ伏せにひっくり返して尻餅をつくように着地すると同時に相手の顔面を自身の左サイドへ叩きつける。
ウィドウメイカー
ショーン・オヘアのオリジナル技。相手をファイヤーマンズキャリーの要領で両肩に担ぎ上げて相手を抱えたまま体を右方向へ180度捻って正座をするように両膝を折りたたみながら体を前屈みにさせて前方へ落下させた相手の背中を叩きつける。
十三不塔
読み方は「シーサンプーター」。菅原拓也のオリジナル技。相手をレイネーラの要領で背中に担ぎ上げて自分の体を回転させて股の間に挟んでいた相手の左腕を解き放ち、右半身から倒れこんで上下逆さまになった相手を叩きつける。
オリジナル・ファルコンリー
鷹木信悟のオリジナル技。向かい合った相手の左腕を右手で掴み、掴んだ腕を相手の股の前へと持っていって、相手の股の間に腿の裏の方から差し込んだ左手で相手の左手首を掴み直して自由になった右腕を相手の首の後ろへと回しつつ相手の懐へと頭を潜り込ませて体を起こすことで相手をファイヤーマンズキャリーのような感じで肩に担ぎ上げて体を軽く旋回させながら後ろに倒れ込んで相手の背中や後頭部を打ちつける。
ラスト・ファルコンリー
鷹木信悟のオリジナル技。上記のオリジナル・ファルコンリーの要領で相手の体を肩に担ぎ上げて相手の下半身を左手で押し上げると同時に後頭部を右手で上から押さえつけて、その勢いで相手の体を仰向けにひっくり返して相手の体を前方に落下させながら開脚ジャンプして落下する相手の喉元を自身の左足の脹脛を引っ掛けて、尻餅をつくように着地して相手の後頭部や背中を叩きつける。

関連項目[編集]