シルバー・キング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シルバー・カイン
プロフィール
リングネーム シルバー・カイン
シルバー・キング
ドクトル・ワグナー・ジュニア
ブラック・タイガー(3代目)
ブロンコ
本名 セサール・ゴンザレス
ニックネーム エル・ファブロソ
エル・エフェクティボ
身長 176cm
体重 98kg
誕生日 (1968-01-09) 1968年1月9日(49歳)
出身地 メキシコの旗 メキシコ
コアウイラ州トレオン
トレーナー ドクトル・ワグナー
グラン・マルクス
デビュー 1985年11月
テンプレートを表示

シルバー・カインSilver Cain1968年1月9日 - )のリングネームで知られるセサール・ゴンザレスCesar Gonzalez1968年1月9日 - )は、メキシコプロレスラーコアウイラ州トレオン出身[1]

父は殺人医師の異名で知られるドクトル・ワグナー。兄はドクトル・ワグナー・ジュニア。元妻は女子プロレスラーのソチ浜田。息子はシルバー・キング・ジュニア

来歴[編集]

1985年11月、UWAでプロレスラーデビューを果たす。

1987年10月、アンヘル・ブランコ・ジュニアと共にドクトル・ワグナー・ジュニアのリングネームで全日本プロレスに参戦し、初来日する。

エル・テハノロス・カウボーイズ(Los Cowboys)を結成し、1991年7月にはWWA世界タッグ王座を戴冠。

タッグ解消後の1993年10月、UWA世界ライトヘビー王座を奪取。

1994年1月、EMLLに移籍し、CMLL世界ヘビー級王座を獲得。同年、ロス・カウボーイズを復活しCMLL世界タッグ王座を獲得。また、IWA・JAPANにも参戦し、エル・テハノとともにIWA世界タッグ王座を獲得。1997年2月、兄のドクトル・ワグナー・ジュニアと組んでドス・カラス & ウルティモ・ドラゴンから勝利してCMLL世界タッグ王座を奪取。同年10月、WCWに参戦してLWoにメンバー入り。

2001年CMLLに復帰。同年1月、新日本プロレスにて3代目ブラック・タイガーとして来日。ケンドー・カシンとタッグを組んで活動。

2003年3月、ドクトル・ワグナー・ジュニア & ウニベルソ・ドスミルと組んでCMLL世界トリオ王座を奪取。以降、インディー団体であるIWRGを主戦場にする。

2005年、新日本プロレスにてロッキー・ロメロがブラック・タイガーを継承してデビューしたため、ブロンコのリングネームでロス・ゲレロス・デル・インフェルノにメンバー入りして活動。ロス・ゲレロス・デル・インフェルノ脱退後、負傷により長期間の欠場を経てシルバー・キングのリングネームで復帰。

2003年10月、全日本プロレスにドクトル・ワグナー・ジュニアと共に参戦し、2004年3月にもドクトル・ワグナー・ジュニアと再び参戦。

2007年10月18日、全日本プロレスにて世界ジュニアヘビー級王者である中嶋勝彦に挑戦するも無効試合となり、VOODOO-MURDERSにメンバー入りをする。

2008年3月1日、全日本プロレスにて中嶋勝彦に再び挑戦して勝利し、世界ジュニアヘビー級王座を奪取した。

2008年6月13日、AAAと契約を交わし入団。

2010年6月24日、IWRGにてIWRGインターコンチネンタルヘビー級王者であるマスカラ・アニョ・ドスミル・ジュニアに挑戦して勝利し、ベルトを奪取した。

その他[編集]

幼少の頃から、兄のドクトル・ワグナー・ジュニアと共に父のドクトル・ワグナーによってルチャの英才教育を施される。このためプロレスに限らず、スポーツ全般を得意としている。

初来日時は兄のコスチュームを着用し、ドクトル・ワグナー・ジュニアの名でデビューしている。

得意技[編集]

フィニッシャー

獲得タイトル[編集]

全日本プロレス
EMLL
IWA・JAPAN
UWA
IWRG
  • IWRGインターコンチネンタルトリオ王座
  • IWRGインターコンチネンタルヘビー級王座
  • コパ・ハイ・パワー2010 優勝
WWA
  • WWA世界タッグチーム王者

脚注[編集]

  1. ^ Silver Cain”. Wrestlingdata.com. 2015年12月4日閲覧。

外部リンク[編集]