田村男児

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田村 男児
Dan Tamura
田村男児2019.jpg
2019.10.9後楽園
プロフィール
リングネーム 田村 男児
ニックネーム 北関東男児[1]
身長 173cm
体重 83kg
誕生日 (1999-06-14) 1999年6月14日(22歳)
出身地 茨城県鹿嶋市
所属 全日本プロレス
スポーツ歴 柔道
アマチュアレスリング
デビュー 2019年1月2日
テンプレートを表示

田村 男児(たむら だん、1999年6月14日 - )は、日本男性プロレスラー茨城県鹿嶋市出身。全日本プロレス所属。

経歴[編集]

入門前に柔道アマチュアレスリングを3年ずつ経験[2]鹿島学園高等学校時代は、レスリングで2016年 - 2017年インターハイ出場を果たす[3]。また、2017年愛媛国体では、少年男子フリースタイル96kg級にてベスト8に入る[4]

2018年4月1日、全日本プロレス入門。2019年1月2日後楽園ホール大会で青柳亮生とタッグを組んで、青木篤志&佐藤光留とのタッグ戦でデビュー。9分11秒、青柳亮生が逆エビ固めで敗北[5]

2020年7月13日、第5回あすなろ杯争奪リーグ戦にて全勝優勝を飾り、試合後にエボリューションへの加入を表明。諏訪魔に受諾され、エボリューションの一員となった[6][7]。同年8月30日に、岩本煌史の持つ世界ジュニアヘビー級王座に挑戦するも敗北[8]。12月27日、ワンデートーナメントとして開催されたJr. TAG BATTLE OF GLORY佐藤光留と組み出場、優勝を飾った[9]

得意技[編集]

ダンロック
変形のテキサスクローバーホールド。2020年あすなろ杯争奪リーグ戦にて初披露。
タックル
俵返
パワーボム
2020年Jr. TAG BATTLE OF GLORYにて初披露。

タイトル歴[編集]

全日本プロレス
2020年優勝
2020年優勝(パートナーは佐藤光留

入場テーマ曲[編集]

メディア出演[編集]

エピソード[編集]

  • 目標とする選手は諏訪魔[2]
  • 2019年3月9日より、赤いモヒカンヘアーをトレードマークとするようになり[11]、エボリューション入りを機に、モヒカンを金髪にした。その後、2021年2月26日のハードヒット興行「JEEEP」の前後より、金髪はそのままにモヒカンではない短髪にしている。
  • エボリューション所属前より、諏訪魔が主宰する「横浜デビルズジュニアレスリングクラブ」にてコーチを務めていた。その後、2021年4月1日に発足した「全日本プロレスジュニアレスリングクラブ」で再びコーチに名を連ねている。
  • 2020年2月22日、同期の大森北斗・青柳亮生とパワフル系YouTuber「ノータップス」を結成。自身の得意技から、動画内では「タックル」を名乗っている。
  • 2020年9月に全日本プロレス参戦、2021年に入団した本田竜輝は同学年であり、プロレスラーとしても同期のライバル[12]。学生時代は偶然にも両者ともにインターハイ(2016年団体、2017年団体・個人96kg級)・国民体育大会(2017年個人96kg級)の出場経歴が一致している(ただし公式戦での対戦の機会はない)。
  • ももいろクローバーZのファン(モノノフ)であり、2021年にファンクラブへ入会したことを明かしている[13]

脚注[編集]

  1. ^ 2021年8月、全日本プロレス『王道トーナメントプログラム』
  2. ^ a b 12/7【全日本】新人・青柳亮生、田村男児が1・2後楽園でデビュー決定…”. プロレス格闘技DX (2018年12月7日). 2019年5月1日閲覧。
  3. ^ 全国高等学校総合体育大会 大会記録データベース”. 全国高等学校総合体育大会. 2019年5月1日閲覧。
  4. ^ 茨城 レスリング|第72回国民体育大会2017愛顔つなぐえひめ国体”. 愛媛県庁公式ホームページ. 2019年5月3日閲覧。
  5. ^ 1月2日(火)後楽園ホール大会結果|全日本プロレス2019年1月2日閲覧
  6. ^ 7/13【全日本】田村が20年ぶり開催あすなろ杯で全勝優勝、Evolution入り決定”. プロレス格闘技DX (2020年7月13日). 2020年7月14日閲覧。
  7. ^ “全日本若手大移動 あすなろV田村エボリューション入り岡田脱退、北斗は芦野と合流”. デイリースポーツ. (2020年7月14日). https://www.daily.co.jp/ring/2020/07/14/0013507431.shtml 2020年7月14日閲覧。 
  8. ^ “【全日本】世界ジュニアヘビー級王者・岩本が初防衛 試合後に元ゼロワンの日高がまさかの…”. 東京スポーツ (東京スポーツ新聞社). (2020年8月31日). https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/ajpw/2127837/ 2020年12月28日閲覧。 
  9. ^ 佐藤光留&田村男児が全日本プロレスへの愛と魂を体現しジュニアタッグトーナメント制覇!「全日本ジュニアは見ての通り、生きて!生きて!生きまくってるぜ!」”. バトル・ニュース (2020年12月28日). 2020年12月28日閲覧。
  10. ^ デカ盛りハンタースペシャル【1部】”. テレビ東京. 2021年4月22日閲覧。
  11. ^ tamura__danの2019年3月9日21時45分のツイート- Twitter
  12. ^ 1/2【全日本】TAJIRI、本田が2021年1月1日付で全日本に入団”. プロレス格闘技DX (2021年1月2日). 2021年2月15日閲覧。
  13. ^ https://twitter.com/tamura__dan/status/1375097173583355909” (日本語). Twitter. 2021年3月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]