プランチャ・スイシーダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

プランチャ・スイシーダPlancha Suicida)は、プロレス技の一種である。

概要[編集]

ルチャリブレ発祥の飛び技の一種である。「プランチャ」とは相手の上に覆い被さってダメージを与えるダイビング・ボディ・アタックなどの技の総称で「スイシーダ」はスペイン語で「自殺者」の意味。

場外で立っている相手に対して場内からトップロープを飛び越えて相手の上に覆い被さるように腹部からぶつかっていく。助走を付けて繰り出したり、トップロープから繰り出したり、三角跳び式などもある。

トペ・スイシーダと並ぶ、場外への飛び技の代表格である。

派生技[編集]

ノー・タッチ・プランチャ・スイシーダ
ロープを掴まずに繰り出すプランチャ・スイシーダ。基本的に助走を付けて繰り出す。
宇宙人プランチャ
リング上から助走してトップロープの上に飛び乗り、ロープの反動を受けて高く跳躍するスワンダイブ式の場外プランチャ。TAKAみちのくの得意技でTAKAの試合を見た長州力が「あいつは宇宙人か」と呟いた事に由来する。海外では定義が広くなっており、トップロープからのプランチャ全般に、この技名が用いられている。
トルニージョ
きりもみ回転式プランチャ・スイシーダ。空中で横回転しながら相手にぶつかっていく。技名はスペイン語で「竜巻」の意味。
プランチャ・コンヒーロ
エプロンサイドの場外側に場外に背を向けて立ち、ロープに飛び乗り、そのリバウンド作用を利用して後方へジャンプ、空中で向きを変えつつ前転して臀部から場外の相手へぶつかっていく技。
ラ・ケブラーダ
エプロンサイドの場外側に場外に背を向けて立ち、ロープに飛び乗り、そのリバウンド作用を利用して後方へジャンプ、そのまま後方宙返りをして前面から場外の相手の上に覆い被さるようにぶつかっていく。ケブラーダはスペイン語で「渓谷」の意味で、定冠詞「La」がつくことにより、45メートルの高さの断崖絶壁から海に飛び込むアカプルコの伝統行事を指す。
トペ・スイシーダ
場外の相手に向かって助走を付けてロープ間をすり抜け、頭から相手にぶつかっていく技。「トペ」はスペイン語で「衝突」、「頭」の意味で、訳すと「飛び降り自殺」となる。派生技にノー・タッチ・トペエルボー・スイシーダブエロ・デ・アギラがある。
トペ・コンヒーロ
場外の相手に向かって助走を付けてトップロープを飛び越えて前転して臀部から相手にぶつかっていく技。「コン」はスペイン語で「共に」「~しながら」、「ヒーロ」は「回転」の意味でトペ・コン・ヒーロとは「回転しながらの衝突」となる。派生技にトペ・アトミコセントーン・アトミコがある。
ウルトラ・タイガー・ドロップ
上記のトペ・コンヒーロの改良技で三沢光晴タイガーマスク(2代目)時代に考案した技。トップロープに飛び乗り、そのリバウンド作用を利用して前転して臀部から場外の相手にぶつかっていく。トップロープから出せばウルトラ・タイガー・アタックとなる。若手時代の浅子覚が継承して使用していた時期がある。
スペース・フライング・タイガー・ドロップ
佐山聡がタイガーマスク(初代)時代に考案した技。場外の相手に向かってリング内で助走を付け、側転してからトップロープを飛び越えてプランチャ・スイシーダを繰り出す。場内の相手に向かってくりだすとスペース・フライング・タイガー・アタックとなる。
サスケ・スペシャル
ザ・グレート・サスケのオリジナル技。。場外の相手に向かってリング内で助走を付け、側転してからトップロープを後方宙返りで飛び越え、前面から相手に覆い被さるようにぶつかっていくサスケ・スペシャル1号、側転後に前転でトップロープを飛び越えて臀部から相手にぶつかっていくサスケ・スペシャル2号がある。

関連項目[編集]