トペ・スイシーダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

トペ・スイシーダTope Suicida)は、プロレス技の一種である。

概要[編集]

リング上からリング場外にいる相手に向かって助走して頭部や肩口などの正面から突っ込んで体当たりする。通常はトップロープとセカンドロープの間をくぐり抜けて飛ぶがトップロープの上を飛び越えるトペも使用されてノータッチ・トペと呼ばれている。体当たりの方法だがヘッドバットショルダー・タックル気味にフライング・クロス・チョップなど使用するレスラーによって様々である。

トペ」と略される事が多いが、この場合広義ではトペ・コンヒーロなど他の「トペ」を冠する技も範疇に含まれる。ルチャリブレ発祥の技でメキシコではよく使用している技の1つである。

プランチャ・スイシーダと並ぶ、場外への跳び技の代表格である。

派生技[編集]

トペ・コンヒーロ
場外の相手に対して場内から助走してトップロープを飛び越えながら前転して自身の臀部や背面を相手にぶつける。助走をしないでコーナーやトップロープから場外に飛ぶタイプ、トペ・スイシーダのようにトップロープとセカンドロープの間をくぐり抜けるタイプなどが存在する。「コン」はスペイン語で「共に」、「〜しながら」の意味で「ヒーロ」は「回転」の意味でトペ・コンヒーロとは「回転しながらの衝突」となる。
ブエロ・デ・アギラ
ミステル・アギラのオリジナル技。ノータッチ・トペで飛んだ体勢から体を横方向へと反転させてぶつけていく。
エルボー・スイシーダ
三沢光晴のオリジナル技。相手を場外に落としたあとトペ・スイシーダの要領で場外へとダイブして場外にいる相手の顔面に体ごとぶつけるエルボー・バットを叩き込む。

関連項目[編集]