フランシスコ・アキラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フランシスコ・アキラ
Francesco Akira
フランシスコ・アキラ Francesco Akiraの画像
2020年2月11日 後楽園ホールにて
プロフィール
リングネーム フランシスコ・アキラ
アキラ
本名 Francesco Akira Begnini
ニックネーム イタリアの美少年
身長 175cm
体重 70kg
誕生日 (1999-11-12) 1999年11月12日(22歳)
出身地 イタリアの旗 イタリア
ロンバルディア州ベルガモ
所属 ICW
トレーナー TAJIRI
青柳優馬
デビュー 2015年8月29日
テンプレートを表示

フランシスコ・アキラFrancesco Akira1999年11月12日 - )は、イタリアプロレスラーロンバルディア州ベルガモ出身。ICW(イタリアン・チャンピオンシップ・レスリング)所属。

経歴[編集]

2015年8月29日にICWでデビュー。

2019年2月、TAJIRIの推薦により、全日本プロレスのジュニアリーグ戦「Jr. BATTLE OF GLORY」に出場するため初来日[1]。7月、「Jr. TAG BATTLE OF GLORY」に大森北斗とのタッグで出場するため再来日。以後は日本で生活し、全日本プロレスの道場に住み込みつつ、シリーズにフル参戦している。

2020年2月11日、後楽園ホール大会にて横須賀ススムの保持する世界ジュニアヘビー級王座に初挑戦するも敗北[2]。4月30日、無観客で行われたテレビマッチにおいて、宮本裕向&木高イサミ組が保持するアジアタッグ王座宮原健斗とのコンビで初挑戦したが、奮闘むなしく敗れた[3]。しかし奮戦が認められ、宮原、黒潮"イケメン"二郎ライジングHAYATOとユニット「ケントとイケメンとアキラとハヤトの大冒険」を結成[4][5]。10月24日、HAYATOと組んでゼウス&イザナギ組が保持するアジアタッグに再び挑むも、敗北を喫した[6]

2021年6月3日、トーナメント形式で開催されたJr. BATTLE OF GLORYに初優勝し、世界ジュニアへの挑戦を表明[7]。同月26日大田区総合体育館大会、王者の岩本煌史に挑み、勝利を飾ってイタリア人初の世界ジュニア王者に輝く[8]。しかしSUGIとの初防衛戦に敗れ失冠[9]

同年9月16日の試合をもってイタリアに帰国[10]

人物・エピソード[編集]

  • 「アキラ」は本名で、親日家の母に付けられたもの。母は剣道の経験者で、日本の漫画好きでもある[11]
  • 全日本プロレスTVが2020年6月9日に公開した、道場のドキュメンタリー映像「This is ALL JAPAN DOJO」では、アキラへの密着を通して道場の一日が紹介されている[12]

得意技[編集]

ムーンサルトプレス
スリング・ブレイド
メテオラ
クロスフェイス
ドロップキック
トラース・キック
エルボー
バックエルボー
ゼロ戦キック
延髄斬り
雪崩式フランケンシュタイナー
リバースフランケンシュタイナー
ラ・ケブラーダ
三角跳びプランチャー
トペ・コン・ヒーロー
Yutaka
スプリングボード式・コークスクリュー・オスカッター。
相手に背を向けて自らロープに走りセカンドロープに飛び乗ってジャンプと同時に錐揉み回転を加えながら相手の頭部に飛びつき、顔面からマットに叩きつけるスプリングボード式・コークスクリュー・オス・カッター。技名は実弟の名前に由来[7]

タイトル歴[編集]

全日本プロレス
ICW
  • ICWタッグ王座
RSW
  • Rising Sun王座
ASCA
  • ASCAタッグ王座

入場テーマ曲[編集]

  • With Me Now – Kongos

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 2/4【全日本】初来日アキラ、Jr.リーグ戦で「イタリアンレスリングがどこまで通用するか試したい」”. プロレス格闘技DX (2019年2月4日). 2020年12月30日閲覧。
  2. ^ 2/11【全日本】ススムが初挑戦アキラ突破で世界ジュニア初防衛、岡田が奪還名乗り”. プロレス格闘技DX (2020年2月11日). 2020年12月30日閲覧。
  3. ^ イタリアから単身修行中アキラ、タッグ王座届かず”. 日刊スポーツ (2020年5月1日). 2020年5月11日閲覧。
  4. ^ “【全日本】宮原、ヨシタツらが新ユニット結成!「エボリューション」は不穏ムード”. 東京スポーツ (東京スポーツ新聞社). (2020年7月1日). https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/ajpw/1942257/ 2020年12月30日閲覧。 
  5. ^ 7/25【全日本】聖地初登場・宮原軍のユニット名が「ケントとイケメンとアキラとハヤトの大冒険」に決定、宮原&イケメンは世界タッグ挑戦表明”. プロレス格闘技DX (2020年7月25日). 2020年12月30日閲覧。
  6. ^ 10/24【全日本】ゼウス&イザナギがアジアタッグ辛勝V1 アキラ&HAYATO奮闘もあと一歩届かず”. プロレス格闘技DX (2020年10月24日). 2020年12月30日閲覧。
  7. ^ a b 6/4【全日本】JBOG覇者・アキラが一夜明け会見 世界ジュニア挑戦を熱望”. プロレス格闘技DX (2021年6月4日). 2021年6月4日閲覧。
  8. ^ 6/26【全日本】岩本まさかの陥落 アキラが歓喜の世界ジュニア初戴冠、SUGIが挑戦表明”. プロレス格闘技DX (2021年6月26日). 2021年6月27日閲覧。
  9. ^ SUGIが全日本プロレスで世界ジュニア王座初戴冠!三冠ヘビー級王者とのシングル戦にも自信!「ヘビー王者からジュニアが勝つ面白い展開がお見せできれば」”. バトル・ニュース (2021年7月23日). 2021年9月24日閲覧。
  10. ^ “フランシスコ・アキラ帰国前ラストマッチ有終の美「いつかまた戻ってくる」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年9月17日). https://www.nikkansports.com/battle/news/202109160001277.html 2021年9月24日閲覧。 
  11. ^ フランシスコ・アキラ選手よりインタビューコメントが到着!”. 全日本プロレス (2019年2月4日). 2020年12月30日閲覧。
  12. ^ [AJPW TV] This is ALL JAPAN DOJO (YouTube). 全日本プロレス.. (2020年6月11日). https://www.youtube.com/watch?v=S6pTVfvQb90 2020年12月30日閲覧。 

外部リンク[編集]