トラース・キック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ショーン・マイケルズによるトラース・キック(スウィート・チン・ミュージック)。

トラース・キックThrust Kick)は、プロレス技の一種である。スーパーキックSuperkick)とも呼ばれる。

概要[編集]

ザ・グレート・カブキが骨法から習得した打撃技。自身の体を左方向に傾けながら右足を相手に向かって突き出して右足の裏で相手の顔面、後頭部、顎、喉元のあたり、胸板を蹴り飛ばす。フィニッシュ・ホールドや大技として使用される他に序盤や中盤での繋ぎ技としても使用される。

技名はカブキがケリー・フォン・エリックに仕掛けたカウンター式の後ろ蹴りを見たカブキのマネージャーを務めていたゲーリー・ハートが「This is thrust kick」と、叫んだことが始まりだが英語で「突き刺す」という意味の「Thrust(スラースト)」が発音のしやすさから「トラース」と日本で転訛したものだという[1]

海外ではスーパーキックSuperkick)の名称で使用されており、スーパーキックの第一人者はクリス・アダムス[2]。カブキとアダムスは1980年代中盤にテキサス州ダラス地区(フリッツ・フォン・エリックが主宰するWCCW)において、頻繁に対戦していた[3]

かつて、カブキの他にフィニッシュ・ホールドとして使用しているレスラーの代表格としてショーン・マイケルズがおり、スウィート・チン・ミュージックSweet Chin Music)の名称で使用していた(マイケルズの兄弟子であるジノ・ヘルナンデスはスーパーキックの使い手であるアダムスのタッグパートナーでもあった[4])。

足裏が相手の顔を打つタイミングに合わせて上げた足の太ももを平手で「パシーン」と叩き、蹴りの衝撃音かと観客に錯覚させるショーマンシップのテクニックも求められてベテラン外国人レスラーなどがよく使用している。

また、応用技として助走して仕掛けるランニング式、走ってきた相手に仕掛けるカウンター式がある。

主な使用者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『"東洋の神秘" ザ・グレート・カブキ自伝』P143-144(2014年、辰巳出版ISBN 4777813932
  2. ^ The 50 coolest maneuvers of all time”. WWE.com (Archived from the original). 2015年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月15日閲覧。
  3. ^ The Great Kabuki vs. Chris Adams”. Wrestlingdata.com. 2017年3月21日閲覧。
  4. ^ Gino Hernandez”. Online World of Wrestling. 2016年7月15日閲覧。

関連項目[編集]