岩谷麻優

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岩谷 麻優
Mayu Iwatani
岩谷 麻優  Mayu Iwataniの画像
プロフィール
リングネーム 岩谷 麻優
本名 岩谷 麻由
身長 162cm
体重 53kg
誕生日 (1993-02-19) 1993年2月19日(24歳)
出身地 山口県美祢市
所属 スターダム
スポーツ歴 柔道
陸上競技
テニス
トレーナー 風香
デビュー 2011年1月23日
星輝ありさ
テンプレートを表示

岩谷 麻優(いわたに まゆ、1993年2月19日 - )は、日本の女子プロレスラー山口県美祢市出身。スターダム所属。

所属[編集]

来歴[編集]

高校時代に対人恐怖症から2年以上の引きこもりを経験し、卒業前に兄に連れられ観戦したプロレスでの選手募集を見てプロレスラーを志す。

2011年1月23日、新木場1stRINGで開催された「スターダム旗揚げ戦 〜Birth of nova 新星誕生!〜」でデビュー。同じくデビュー戦となる星輝ありさと対戦するも、7分4秒ブラジリアンキックからの片エビ固めで敗戦[1][2]

6月26日の新木場大会で須佐えりとの「未勝利戦」を闘うが、スイング式スモールパッケージホールドで敗れ、キッズ部のを除いた旗揚げメンバー唯一の未勝利となってしまった[1]

7月24日、後楽園ホール大会にて星輝とのタッグ「女 -AMA-」で、須佐えり・鹿島沙希組と対戦。 ダイビングボディープレスを須佐に食らわせて初勝利。

2013年、松本浩代脇澤美穂と「たわしーず」を結成。凶器にたわしを使ったり、入場曲に「ブルーバード」の自身らの歌唱音源を使用したりとコミカル要素が強いが、アーティスト・オブ・スターダム王座選手権では木村モンスター軍に勝利し同王座に輝いている。

2014年7月27日、名古屋にて行われたワンダー・オブ・スターダム王座決定トーナメントにて優勝し同王座を獲得、岩谷にとっては初のシングルベルト戴冠となった。

2015年4月23日、後楽園ホールにて行われたワンデイトーナメント「Cinderella tournament2015~シンデレラ・トーナメント~」にてサンダー・ロサ、紫雷イオ、コグマを破りトーナメントを制覇[3]

2016年2月28日、スターダム大阪大会でアーティスト・オブ・スターダム王座のタイトル獲得でパートナーでもある紫雷イオと同時に三冠王者になる。

2016年3月16日、新木場1stRINGのハイスピード王座戦の渡辺桃戦に勝利。夏樹☆たいように並ぶ最多防衛回数を達成。これで4度防衛成功した。

4月24日、スターダム大阪大会のハイスピード王座戦のディオサ・アテネア戦に勝利。5度目の防衛となり、最多防衛回数を更新。

2016年4月30日に後楽園ホールで行われたシンデレラトーナメントを制覇し2連覇達成。ドレス姿を披露した後、紫雷イオにワールド・オブ・スターダム王座への挑戦を表明。

人物[編集]

リングネームは優秀な人間になってほしいとの願いから本名である岩谷麻由の読みそのままに最後の文字を「優」に変えた[4]

母子家庭で育ったため、恋人は父親のような人物がいいと発言。年齢は関係なく、2017年のインタビューでは「60歳でもいい」と答えている[5]

得意技[編集]

ドラゴン・スープレックス・ホールド
主なフィニッシャー。
二段式ドラゴン・スープレックス・ホールド(仮)
後ろから相手の胴に手をまわし持ち上げて自分の手を一度解いて相手の首に手を回しフルネルソンの体勢になってから決めるドラゴンスープレックスホールド。技名は仮の名前で現在募集中。
ドドンパ
逆打ち。
マヒカ・デ・マユ
バックスライドから前転し、ブリッジで抑えこむ。
ダブルリストアームサルト
ティヘラ
腕ひしぎ十字固め
ドラゴン・ラナ
オリジナルはドラゴン・キッドの技。「5★STAR GP2014」開幕戦にて世IV虎を破った際の技で公式発表上は「ドラゴン・ラナ」となっているが[6]、形としては同じくドラゴン・キッドの技「ドラゴンズ・レイ」が正しい。
スリング・ブレイド
フブキラナ
相手に肩車の状態に飛び乗ってのリバース・ウラカンラナ
トラースキック
2015年12月頃からよく見られるようになった。

タイトル歴[編集]

入場テーマ曲[編集]

メディア[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b RESULT スターダム公式サイト
  2. ^ 女子プロレスの星となるか、新団体「スターダム」が旗揚げ(1/2) スポーツナビ 2011年1月23日
  3. ^ 「試合リポート スターダム4・23後楽園」、『週刊プロレス』No.1790、ベースボール・マガジン社、平成27年5月13日/5月20日合併号(4月28日発行)、33-36頁、2015年。
  4. ^ 週刊プロレスEXTRA 女子プロレスエロカワ主義IV
  5. ^ ベースボールマガジン社「週刊プロレス」No.1890 2017年2月22日号 56頁
  6. ^ 2014年8月24日 5★STAR GP2014開幕戦 新木場1stRING

関連項目[編集]

外部リンク[編集]