響 (芸能プロダクション)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ブシロード > 響 (企業) > 響 (芸能プロダクション)

HiBiKi
Sumitomo nakanosakaue building.JPG
事務所が所在する住友中野坂上ビル
本社所在地 日本の旗 日本
164-0011
東京都中野区中央1丁目38-1
住友中野坂上ビル6階
設立 2009年3月6日(初代株式会社響)
事業内容 タレントマネージメント
ファンクラブ運営
所有者 株式会社響
外部リンク https://hibiki-cast.jp/
テンプレートを表示

響 - HiBiKi -(ひびき)は、ブシロードグループ声優プロダクション。公式サイトや公式Twitterアカウント上では、女性が所属する『響』と男性が所属する『HiBiKi』に分けられているが、ここでは、基本的にまとめて説明する。

概要[編集]

ブシロードグループの芸能プロダクションという立ち位置から、所属者は、ブシロードが関与したアニメへの出演・主題歌担当のほか、ブシロード関連のイベントステージ・テレビ番組の司会進行やゲストなどとして顔出し出演する機会も多い[注 1]

「ブシロードグループの声優プロダクション響」という位置づけは起業時点から変わらないものの、ブシロードグループ再編に伴い、度々、運営企業が移管されている(詳細は#運営会社の遍歴を参照)。

基本的には単に『響』と呼称すれば、声優プロダクションを指すが、同じ“響”のブランド名を冠するインターネットラジオ配信サイト『響 - HiBiKi Radio Station -』(単に『響』と呼称することもある)があり[注 2]、区別のため、ブシロードミュージック移管以降は現在に至るまで『声優事務所「響」』と、声優プロダクションであることを強調した案内も多く使用されている。

声優の枠からの拡大[編集]

前述の通り『声優事務所』と称しているが、以前より、橘田いずみが「餃子評論家」としても活動している。

また、2015年からはブシロードが『BanG Dream!』プロジェクトをスタートし、サポートミュージシャンなどを起用せずにキャスト自身が楽器演奏を行い生バンドライブを開催する異例の展開方法を行っており、響・HiBiKiから多数の所属声優が参加している

更に元々ミュージカル女優からの転身で2009年より声優として響に所属している三森すずこ及び、元々舞台女優として活動していて2016年に響に所属した相羽あいなの2人を筆頭に、2016年からは所属声優が積極的にミュージカルに出演する機会が見られ始め、同年秋には、ブシロードとネルケプランニングとの共同事業としてアニメとミュージカルを強く結びつけ、双方に共通出演させるタレントのオーディションを行い(合格者がどこのプロダクションにも属していない場合は響への所属が義務付けられている)、ブシロードグループとして声優兼ミュージカル俳優(女優)の活動を重視する方向性が見られる。

ブシロードとネルケプランニングは、舞台作品をこれまで共同で「カードファイト!! ヴァンガード〜バーチャル・ステージ〜」(2016年初春に1作目、2017年春に2作目・リンクジョーカー編/響からは三森と森嶋がアニメ版と同じ役で出演)と「けものフレンズ」(2017年初夏、2018年初春再演/響からは主演の尾崎に加え、相羽・佐々木がアニメ版と同じ役で出演)を上演、2018年現在は前述のオーディション合格者(響新規所属者無し)による「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」の展開を進めている(2017年秋に舞台1作目上演、2018年年始再演、夏テレビアニメ放映、秋舞台2作目・・・とミュージカルを原作にアニメも交えて展開していく)、響からは三森・相羽・伊藤が出演している。

なお、西本りみはブシロード・ネルケプランニングとは関係のない外部での積極的な舞台出演をしており、公式Twitterのプロフィールの冒頭には自身の肩書として『声優/舞台/Bass[注 3]』と記している。


2017年に開催した所属オーディションでは、声優を軸に舞台に限らず、プラスアルファでのマルチな活動を重視して募集(公式サイトより)、4人の新規所属者を迎えた。

略歴[編集]

2009年3月6日にブシロードのスピンアウトカンパニーとして設立された株式会社響[1](初代。現 株式会社ブシロードメディア)が、インターネットラジオ(響 -HiBiKi Radio Station-)などと共に声優マネージメント業務を開始。それ以前より、ブシロード関連の司会等の仕事をしていた橘田いずみ中本順久(2013年退所)が所属し、同年内に三森すずこも所属。

2010年2月6日に開催された「ブシロードカードゲームLIVE2010」内で行われた公開オーディション『「エリーを探せ!」全国声優オーディションツアー全国決勝大会』の優勝者である佐々木未来が所属、またこれに伴って、三森・徳井青空・佐々木・橘田による声優ユニット「ミルキィホームズ」が結成された。ほぼ同時期に徳井が所属(2018年退所)、同オーディションで準優勝となった寺川愛美(現愛美)も同年より所属。

2012年頃、ゲーム版のミルキィホームズにて主人公小林オペラ役を務めていた森嶋秀太が所属。

2013年4月27日に開催された「大ヴァンガ祭2013」内で行われた公開オーディション『ミルキィホームズ シスターズ メンバースカウトオーディション決勝大会』の優勝者である伊藤彩沙が所属、またこれに伴って、寺川・伊藤による声優ユニット「フェザーズ」が結成された。

2015年4月18日、愛美が率いるBanG Dream!の声優ユニット「Poppin' Party」の初ライブにて、メンバーとして、伊藤に加え、西本りみ[注 4]が御披露目され、響所属であると自己紹介[注 5]。同21日、西本の正式発表に加え、尾崎由香の所属も発表された。

2016年5月より、相羽あいなが所属となっていることが、2016年6月3日に発表された[2]

2017年2月より、バーチャルキャラクター「ツクモ」(カプコンのゲームソフト『めがみめぐり』に登場するキャラクター)が「音声合成声優」扱いで所属することを発表[3](2017年12月7日付で終了)。

2017年6月、初の公開所属オーディション開催(ミルキィホームズ関連のオーディション等、結果的に響所属となる形での公開オーディションはあるが、所属するための公開オーディションは初となる)。

現在の株式会社響設立時には一旦移管の対象外でブシロードミュージックによる運営が続けられていたミルキィホームズオフィシャルファンクラブ「ホームズ探偵学院」の運営を、会期の切り替わりである2017年8月1日に合わせて移管を受けた[4]

2017年8月1日、公式YouTubeチャンネル「響スタイル(HiBiKi StYle)」を開設、当初は開始時点で所属していた当時の全所属声優が対象だったが、2018年に入った頃より、女性部門のみの出演となっている(日々更新される動画のオープニング映像としてに名前のアルファベット表記が記載されている)。

2017年10月6日、城田純の新規所属を発表。同7日発売の「月刊ブシロード」誌上にて6月に開催したオーディションの合格者男女各2名、遠野ひかる、紡木吏佐、真野拓実、前田誠二の所属を発表。また、同時期に公式サイトを一部リニューアルし、女性声優の「響」と男性声優の「HiBiKi」にページを分割(その後、それぞれの公式Twitterアカウントを開設)。

2018年1月15日、ニコニコチャンネルに女性部門の「ヒビキファンクラブ」を開設[5]

2018年2月16日、「響スタイル(HiBiKi StYle)」内に別枠として、男性部門の「MEN’S HiBiKi StYle」映像配信開始。

2018年5月12日、『BanG Dream!』の新プロジェクトとして、男性版の『ARGONAVIS project.』を発表。メンバー5人のうち、森嶋、前田、日向大輔の3人が御披露目され、日向がHiBiKi所属であることも発表された[6]

2018年9月15日に開催された『Argonavis 0-2nd LIVE -始動-』にて伊藤昌弘がお披露目され、同時に伊藤がHiBiKi所属であることが発表された。同18日、進藤あまねの新規所属を発表。

運営会社の遍歴[編集]

所属声優[編集]

(凡例)
(記号1 氏名 記号2)
記号1 所属時期
(空白):初代株式会社響時代からの所属者
☆:株式会社ブシロードメディア時代からの所属者
○:株式会社ブシロードミュージック時代からの所属者
□:2代目株式会社響時代からの所属者
記号2 その他
※:(2016年以降)舞台演劇(朗読劇を除く)への出演も行っている所属者

響(女性声優)[編集]

ユニット

HiBiKi(男性声優)[編集]

過去の所属声優[編集]

男性声優
女性声優

ファンクラブ[編集]

  • ミルキィホームズ オフィシャルファンクラブ「ホームズ探偵学院」
    • 声優ユニット「ミルキィホームズ」(三森・徳井・佐々木・橘田)のオフィシャルファンクラブ。また、同じミルキィホームズシリーズ関係の「フェザーズ」(愛美・伊藤)や最近は森嶋も会報などに登場しており、実質的に2014年頃までの旧体制時における響全体のファンクラブとなっていた。
    • システム面(会員限定サイト、通信販売、イベントチケット先行販売等)は、株式会社ロム・シェアリングに委託。
    • 2019年2月の「ミルキィホームズ」解散に伴い、第7期の終了(2019年7月)をもって閉鎖予定[12]
  • 「ヒビキファンクラブ」
    • 「響」(女性部門)のオフィシャルファンクラブ。
    • ニコニコチャンネルの一チャンネルとしてのサービス提供で、動画配信が中心となるが、主催イベントチケット優先販売や会員限定イベント開催など、ファンクラブらしいサービスも実施予定となっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 他社主催のイベントや作品にも出演機会が少ないわけではない。
  2. ^ かつては、通信販売サイト『HiBiKi EC SHOP!』(略称は『響EC』)もあった。声優プロダクション含め、いずれも旧株式会社響(現株式会社ブシロードメディア)が創業した事業。
  3. ^ 『BanG Dream!』Poppin'Party牛込りみ役ベース担当。
  4. ^ ミルキィホームズ シスターズ メンバースカウトオーディション決勝大会に参加していた。
  5. ^ なお、Poppin' Partyには、後日あと2名のメンバーが発表されるが、こちらは他プロダクション所属。
  6. ^ 2012年10月の株式会社響ミュージック(現 株式会社ブシロードミュージック)設立に伴って一部事業を移管の後に、広告代理店事業が業務の主体となったため、商号変更。社名は変わったが、声優プロダクションの屋号は引き続き「響」とされた。
  7. ^ ミルキィホームズオフィシャルファンクラブ「ホームズ探偵学院」の運営のみ2017年8月1日付けの事業移管[4]
  8. ^ 「ミルキィホームズ フェザーズ」とも呼称する。

出典[編集]

  1. ^ ブシロードのスピンオフカンパニー「響」グランドオープン”. ブシロード (2009年4月7日). 2012年4月25日閲覧。
  2. ^ 声優事務所【響】新加入のお知らせ|ブシロードミュージック
  3. ^ 声優事務所 響に音声合成声優誕生!『めがみめぐり』のツクモが所属決定!! (PDF) 株式会社ブシロード/株式会社 響 NEWS RELEASE 2017年2月9日
  4. ^ a b ファンクラブ運営会社変更のお知らせ(ホームズ探偵学院、2017年7月14日、同日閲覧)
  5. ^ 声優事務所「響」の公式ファンクラブ『ヒビキファンクラブ』ニコニコチャンネルで開設決定!!(株式会社ブシロード/株式会社響 プレスリリース)(2018年1月15日、2018年1月16日閲覧)
  6. ^ ARGONAVIS from BanG Dream!│アルゴナビス from バンドリ!HiBiKiスタッフアカウントのツイート 2018年5月12日19:14
  7. ^ 響 HiBiKi 所属声優のページのビジネス向け問い合わせ先が“株式会社 ブシロードミュージック 声優事務所「響」”になっている。2015年5月1日付でホームズ探偵学院の運営元がブシロードミュージックに移管されたことが告知されている[1]。9月頃にブシロード会社情報のグループ会社情報が修正され、「タレントマネージメント」の記載がブシロードメディアからブシロードミュージックに移されている(現在は両社公式サイトの会社情報も修正されている)。
  8. ^ グループ会社|会社情報|株式会社ブシロード
  9. ^ ミルキィホームズオフィシャルサイト NEWS(2018年2月3日、2018年3月20日閲覧)
  10. ^ 声優ユニット「ミルキィホームズ」解散 来年2月ラストライブ(スポニチアネックス)- Yahoo!ニュース(2018年2月3日、2018年3月20日閲覧)
  11. ^ 徳井青空 専属マネージメント契約満了に関するご報告 | お知らせ | 株式会社 響(2018年3月20日、同日閲覧)、お知らせ|2018年4月1日より徳井 青空(とくい そら)と専属契約を締結いたします。 | エイベックス・ピクチャーズ株式会社(2018年3月20日、同日閲覧)
  12. ^ ミルキィホームズ オフィシャルファンクラブ ホームズ探偵学院について

関連項目[編集]

外部リンク[編集]