紫雷イオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紫雷 イオ
紫雷 イオの画像
プロフィール
リングネーム 紫雷イオ
OYUKI
本名 非公開
ニックネーム 天空の逸女
天空のジニアス
身長 156cm
体重 52kg
誕生日 1990年5月8日(25歳)
出身地 神奈川県鎌倉市[1]
所属 スターダム
トレーナー 橋本友彦
デビュー 2007年3月4日
テンプレートを表示

紫雷 イオ(しらい いお、1990年5月8日 - )は、日本の女子プロレスラー。身長156cm、体重52kg、血液型A型スターダム所属。神奈川県鎌倉市出身[1]

実姉は女子プロレスラーの紫雷美央。フリー時代は紫雷姉妹として他団体を数多く参戦。

器械体操の経験を生かした華麗な飛び技が売り。ふてぶてしいポーズを見せるなど、姉の美央よりもヒール寄りのキャラクターを持っている。またスターダム参戦後は写真集の販売や自主興行などを開催している。

経歴[編集]

2007年
  • 3月4日橋本友彦プロデュース興行『MAKEHEN』で、姉の美央と共にデビュー。
2009年
  • TEAM MAKEHEN」から姉と共に退団。フリー転向後も「紫雷姉妹」としていろんな団体を渡り歩く。
  • 女子プロレスラー華名とともにトリプルテイルズを結成し、自主興行も開催された。
2010年
  • メキシコへ修行。AAAではマスクマン・OYUKI(美央はKAGUYA)として人気を博す。
2011年
  • 7月、トリプルテイルズを9月で脱退することを発表。
  • 8月14日の新木場大会でスターダム初参戦。高橋奈苗との「チーム丸顔(ガンガン)」で愛川ゆず季&美闘陽子の「BY砲」と対戦。ライダーキックで愛川からフォールを奪う。
  • 9月のトリプルテイルズ興行をもって同ユニット脱退。以降は「紫雷姉妹」としてタッグも解消。ブログもイオが独立するまで姉妹で更新していた。
2012年
  • 3月4日、新木場1stRingにて、スターダム協力により初の単独自主興行であるデビュー5周年記念興行「-Carino!-」を開催。その日を持ってスターダムに正式所属が発表された。
  • 5月24日メキシコから乾燥大麻約75グラムを密輸しようとしたとして、成田空港において NOSAWAとともに千葉県警大麻取締法違反容疑で逮捕された[2][3]。6月にNOSAWAと共に処分保留で釈放され[4]、6月28日に不起訴処分が決定[5][6]。7月、メキシコで活動しているプロレスラー・SUGIが、事件は自分が引き起こしたものでありイオ・NOASAWAは無実だと、謝罪会見を開いた。[7][8]
  • 7月22日、新木場1stRing大会にて復帰。
2013年
  • 4月29日、スターダム初の両国国技館大会「両国シンデレラ」のセミファイナルにおいて、王者であったアルファ・フィーメルを12分54秒 ローリングソバットからの片エビ固めで破り、第3代王者となる。
  • 12月、通算4冊目となる写真集「フォトリブレ」が発売され、初のセミヌードを披露。
2014年
2015年
  • 週刊プロレス制定の「プロレスグランプリ2014」にて女子部門で1位獲得。男子の1位である「100年に一人の逸材」棚橋弘至から公認を得て「逸女」を名乗り、キャッチコピーも「天空のジニアス」から「天空の逸女」に。
  • 2月14日、新宿FACEにて開催された姉である紫雷美央の所属4団体合同興行「M.I.O」のメインで美央と3年ぶりの対戦。最後はムーンサルトで勝利を上げる。
  • 5月6日、新木場1stRing大会にて岩谷麻優とのタッグでゴッデス・オブ・スターダム王座を獲得。
  • 5月17日、後楽園ホール大会にてワンダー・オブ・スターダム王座獲得。これによりスターダムの5大王座を制覇、団体初のグランドスラム達成。

所属[編集]

  • フリーランス(2007年 - 2012年)
  • スダーダム(2012年 - )

得意技[編集]

タイトル歴[編集]

  1. 2013年4月29日 両国国技館 アルファ・フィーメルより奪取
  2. 2013年6月2日  後楽園ホール 世Ⅳ虎相手に防衛
  3. 2013年8月17日 後楽園ホール 木村響子相手に防衛
  4. 2013年11月4日 後楽園ホール 高橋奈苗相手に防衛
  5. 2013年12月29日 後楽園ホール 中島安里紗相手に防衛
  6. 2014年1月26日 後楽園ホール 夏樹☆たいよう相手に防衛
  7. 2014年3月16日 後楽園ホール メリッサ・アンダーソン相手に防衛
  8. 2014年4月29日 大阪IMPホール アルファ・フィーメル相手に防衛
  9. 2014年5月17日 メキシコ   スター・ファイヤー相手に防衛
  10. 2014年6月1日  後楽園ホール 彩羽匠相手に防衛
  11. 2014年7月10日 後楽園ホール 里村明衣子相手に防衛

・イオが団体内初の全王座制覇の快挙を達成[9]

入場テーマ曲[編集]

写真集[編集]

  • 「FOTO LIBRE NUMERO29」(2012年)

メディア出演[編集]

・「髭男爵 山田ルイ53世のルネッサンスラジオ」(文化放送、2014年)

その他[編集]

  • 紫雷美央・イオ姉妹の上にもう一人姉がいる(一般人で専業主婦)。ブログ「妹ちゃんがプロレスラー」を開設し、自作マンガで紫雷姉妹を中心とした日常エピソードを描いている。
    • 「紫雷イオのデビュー5周年記念興行」のためロゴをデザイン、当日はまた売店の売り子を手伝っていたことを後にブログにて公表。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 週刊プロレス2014年4月2日号より。プロフィール上は関東以下非公開だった。
  2. ^ “NOSAWA論外また逮捕、大麻密輸容疑”. サンケイスポーツ. (2012年5月24日). http://www.sanspo.com/geino/news/20120524/tro12052419340004-n1.html 2012年5月24日閲覧。 
  3. ^ “大麻密輸容疑でNOSAWA論外と紫雷イオが逮捕。イオ姉は絶縁状態を告白”. livedoorSPORTS. (2012年5月24日). http://news.livedoor.com/article/detail/6592154/ 2013年4月8日閲覧。 
  4. ^ “大麻密輸容疑のプロレスラー、処分保留で釈放 容疑否認”. 朝日新聞. (2012年6月12日). http://www.asahi.com/national/update/0612/TKY201206120461.html 2012年6月12日閲覧。 
  5. ^ “紫雷イオ不起訴 プロレス復帰へ”. 日刊スポーツ. (2012年7月2日). http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20120702-976856.html 2012年7月18日閲覧。 
  6. ^ NOSAWA論外&紫雷イオが不起訴に~大麻密輸容疑は無罪で決着[カクトウログ]
  7. ^ “NOSAWA論外ハメた首謀者が謝罪会見”. 東京スポーツ. (2012年7月11日). http://www.tokyo-sports.co.jp/prores/mens_prores/22678/ 2012年7月14日閲覧。 
  8. ^ “紫雷イオの大麻事件でSUGI謝罪”. デイリースポーツ. (2012年7月11日). http://www.daily.co.jp/ring/2012/07/11/0005203939.shtml 2012年7月14日閲覧。 
  9. ^ イオが団体内全王座制覇の快挙を達成東京スポーツ(2015年5月18日)

外部リンク[編集]