プロレスリングWAVE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

プロレスリングWAVE(プロレスリング・ウェーブ)は、日本女子プロレス団体。運営はZABUN。キャッチフレーズは「脱力系女子プロレス」。

概要[ソースを編集]

これまでジャパン女子プロレスからメジャー女子プロレスAtoZまで団体を転々とした後、フリーで活動してきたGAMI(二上美紀子)がプロデュース。解散したばかりのJDスター女子プロレスから桜花由美が加わった。

2007年7月19日、設立記者会見が行われた。代表にはJDスター女子プロレスの元本部長だった竹石辰也が就任。GAMIがプロデュースした「THE WOMAN」助監督であった植松寿絵がコーチを務める。

8月26日、旗揚げ戦を新木場1stRINGで開催。同所は常打ちとしてのみならず、練習拠点としても使用している。

当初の所属選手はGAMIと桜花由美のみでフリー、他団体の選手を入れて月4回から5回の興行を行っていたが旗揚げ戦こそ札止めとなったものの新木場1stRINGで観衆が100人を切る興行が続くなど、観客動員で苦しんでいた。

2008年3月、我闘姑娘に最後まで残っていた春日萌花が団体専属として入団してから徐々に盛り返して10月に田島久丸の自主興行でデビューしたあたしかよ(現:カヨ☆フジモリ)団体預かりとして入団。2009年1月にフリーとして活動していた渋谷シュウが入団。6月に桜蝋燭がデビュー。

新人の育成はあまり行わず、現在も団体外の主にフリーの選手が重要な位置を占めている。他団体選手は主にJWP女子プロレスLLPW(現:LLPW-X)、OZアカデミー女子プロレス、最近ではアイスリボン2012年より参戦)、WNC(2012年5月24日に旗揚げ)からの参戦が多い。2012年6月以降は常連フリー選手がZABUNと専属契約を結んでいる。2013年からは新人育成を本格化するようになり、10月30日に旗揚げ6年にして初の生え抜き選手の卜部夏紀(現:夏すみれ)がデビュー。

2013年10月24日限りでGAMIは引退したが、ZABUN代表取締役兼統括として引き続き団体に関わる。代表は桜花由美が就任。

現在は月2、3回ペースで興行を組んでおり、男子レスラーも参加してミックスドマッチなどを組み込むこともある一方で、大日本プロレスへの試合提供も行っている。また名古屋のDIAMOND HALL大会等の地方開催では大日本プロレスとの昼夜興行となることが多い。但し大日本プロレスの方針で大日本プロレス所属選手とのミックスドマッチは組まれていない。

関連団体としてGAMIの地元の大阪を拠点とする女子プロレス団体「OSAKA女子プロレス」が2010年3月21日に旗揚げ戦を開催。同団体もZABUNの運営に移行されたため現在は姉妹団体となっている。

現時点では女子プロレス団体として活動しているが2014年以降に男子の練習生の募集をかけて男女混合団体化する構想もある[1]2015年には初の男子の練習生が入団。

特有のルールとして基本的に張り手を禁止としている[2]

2014年後半頃よりプロレス専門チャンネル「FIGHTING TV サムライ」では扱われておらず、「V☆パラダイス」及び「ニコニコプロレスチャンネル」が主な中継先である。

歴史[ソースを編集]

2007年[ソースを編集]

2008年[ソースを編集]

2009年[ソースを編集]

2010年[ソースを編集]

2011年[ソースを編集]

2012年[ソースを編集]

  • 1月4日、プロレスリングWAVE芸能部が新設されて初代グラマーエンジェルスが所属となる。
  • 1月8日ブル中野の引退興行に出場。
  • 1月29日、6度目の名古屋大会「プロレスリングWAVE EXTRA9 in NAGOYA」をCLUB DIAMOND HALLで開催。
  • 2月5日水波綾がセンダイガールズプロレスリングから移籍。
  • 3月18日、2度目の広島大会「HIROSHIMA WAVE〜BU☆TI II〜」を広島産業会館東館第2展示場で開催。
  • 4月1日、2度目の札幌大会「プロレスリングWAVE EXTRA11」を札幌テイセンホールで開催。OSAKA女子プロレスがZABUN運営となる。
  • 4月15日、渋谷シュウが凱旋興行として三重県四日市市で「プロレスリングWAVE EXTRA・12 in YOKKAICHI〜シブタニシュウガイセン〜」をオーストラリア記念館で開催。
  • 4月30日、3度目の後楽園ホール大会「VIRGIN SHOCK〜Catch the WAVE 2012開幕戦〜」を開催。植松寿絵が引退。過去最高となる1,443人を動員。
  • 6月1日浜田文子山縣優がZABUNと専属契約。
  • 6月24日、2度目のIMPホール大会「大阪ラプソディ vol.16」を開催。
  • 7月16日、4度目の後楽園ホール大会「VIRGIN SHOCK〜catch the WAVE2012決勝〜」を開催(観衆907人)。
  • 8月8日と9日、ブラック・ダリアが初日、ホワイトテイルズが2日目に、それぞれの興行を開催して観客動員数が少ない方がユニットを解散させられ、その結果ブラック・ダリアが解散。
  • 8月26日、旗揚げ5周年記念大会を開催。大畠美咲がZABUNと専属契約。
  • 9月25日、「DUAL SHOCK WAVE 2012 タッグリーグ」が開幕。
  • 9月30日、7度目の名古屋大会「NAGOYA WAVE〜キン☆シャチ〜」をCLUB DIAMOND HALLで開催。
  • 10月5日、閉鎖される大阪ミナミ ムーブ・オン アリーナで最後の興行を開催。
  • 11月27日メキシコのプロレス団体「AAA」とのコラボ興行「The Virgin Mary〜Reina de Reinas 2012〜」を後楽園ホールで開催(観衆838人)。AAA女王決定戦「レイナ・デ・レイナス」や男女オカマ混合6人タッグが組まれた。
  • 12月23日、初のナスキーホール・梅田大会を開催。

2013年[ソースを編集]

  • 2月11日、新人オーディションを開催。選手、レフェリーとスタッフの各1名が合格。
  • 3月17日、シングル王座「Regina di WAVE(レジーナ・デ・ウェーブ)」決定戦を開催。
  • 4月21日、3度目の札幌大会「SAPPORO WAVE NA MA RA」を開催。
  • 5月6日、6度目の後楽園大会「Catch The WAVE 2013開幕戦」を開催。リングアナウンサーの野中美智子が初めて1人で完走。
  • 5月25日、3度目の広島大会「HIROSHIMA WAVE〜BU☆TI III〜」を広島産業会館西館第4展示場で開催。
  • 7月6日、初の九州大会「キリシマWAVE〜霧島ジオパーク世界に挑戦〜」を霧島市隼人体育館で開催。
  • 7月7日、初の福岡大会「HAKATA WAVE〜bari chiro〜」を博多スターレーンで開催。
  • 7月12日、ホワイトテイルズの解散大会をレッスル武闘館で開催。
  • 7月15日、7度目の後楽園ホール大会「Catch The WAVE 2013決勝戦」を開催。石黒淳士がレフェリーとしてデビュー。
  • 8月15日、「夏フェスタ'13〜渚のシンドバット〜」を新木場1stRINGで開催。ZABUNと専属契約している飯田美花の入団を発表[4]
  • 9月1日、「DUAL SHOCK WAVE 2013タッグリーグ」が開幕。
  • 9月7日、4年ぶりとなる24時間プロレス「CRAZY WAVE'13」を開催。
  • 10月1日、後楽園ホールで行われたリングアナウンサーの今井良晴の追悼興行に参加[5]
  • 10月24日、GAMIの引退記念大館大会を大館市民体育館で開催。
  • 10月30日、8度目の後楽園ホール大会「Virginty」を開催。初の生え抜き選手の卜部夏紀(現:夏すみれ)がデビュー。
  • 11月6日、新宿FACEでエンターテイメント集団「MARVELOVS」とのコラボイベントを開催。
  • 11月20日と27日、6人タッグトーナメントを開催。
  • 12月4日、史上初となるZABUNグループ所属限定興行を開催。
  • 12月30日、9度目の後楽園ホールでGAMIの引退大会を開催。

2014年[ソースを編集]

  • 1月1日、新体制の発表が行われ、桜花由美が代表に就任して社長のGAMIは統括となる。
  • 1月5日、新体制初の大会を新宿FACEで開催。卜部夏紀がリングネームを「夏すみれ」に改名[6]
  • 1月22日紫雷美央アイスリボンOZアカデミー女子プロレス、プロレスリングWAVE、ユニオンプロレスの4団体と所属契約。
  • 1月25日、大阪大会を道頓堀アリーナで開催。
  • 2月2日、「ヤングオー!オー!」をレッスル武闘館で開催。初めてGAMIが不在の下で行われ、レフェリーの石黒淳士が全試合を裁いた。メインイベントは桜花由美&夏すみれ vs 志田光&世羅りさのWAVE vs アイスリボンの師弟タッグ対決が行われた。
  • 2月11日、250回記念新木場大会がニコニコ動画ニコニコプロレスチャンネル)で生中継される。
  • 2月16日、新人オーディション開催。男子も含めて募集したが1名合格(未成年のため保護者と相談の上後日入団決定)。
  • 3月2日昼、新体制初の10度目の後楽園ホール大会「Virgin Beat」を開催。夜は大日本プロレスの興行が開催された。
  • 4月20日、3度目の札幌大会「SAPPORO WAVE NA MA RA2」を開催。
  • 5月5日、11度目の後楽園ホール大会「Catch the WAVE 2014開幕戦」を開催。
  • 5月18日夜、初の仙台大会「SENDAI WAVE KEEP SMILE」をベストウェスタンホテル仙台で開催。昼のKAIENTAI DOJOからもバンビが参戦。
  • 7月27日、12度目の後楽園ホール大会「Catch the WAVE 2014決勝戦」を開催。
  • 7月30日、千葉県御宿町で行われたリングアナウンサーの吉野希里が主催したチャリティーイベント「陽けたら海へvol.3」で提供試合が行われた。
  • 8月23日、新宿FACEでエンターテイメント集団「MARVELOVS」とのコラボイベント第2弾を開催。紫雷美央と志田光がポールダンスに挑戦。
  • 8月24日、旗揚げ7周年記念大会を新宿FACEで開催。メラニー・クルーズが初来日で華名とシングル。木村響子がダブルブッキングを犯して試合順が予定より変更されるハプニングも起きた。大会終了後には記念パーティーを開き、長浜浩江のエキシビション後にデビュー戦を発表。また社長の二上美紀子より2017年に開催する旗揚げ10周年記念大会を大田区総合体育館の進出を目標とする発言もなされた。
  • 9月11日、新宿FACEでOZアカデミー女子プロレス、アイスリボン、ユニオンプロレスとの合同興行「M.I.O.(ミッション・イン・オーダテ)」を開催。
  • 9月15日、2度目の福岡大会「HAKATA WAVE bari chiro2」を開催。
  • 9月16日小林香萌REINA女子プロレスからの移籍を発表。
  • 10月29日、13度目の後楽園ホール大会「Vigin Code」を開催。長浜浩江がデビュー。
  • 11月3日、初の山梨大会「WAVEハイランド」をGAZKOFUで開催。
  • 11月26日、6人タッグトーナメントを開催。
  • 12月14日、新木場1stRINGで初の3部興行を開催。1部は6人タッグトーナメント優勝のクローズの自主興行、2部は「YOUNG OH! OH!」、3部は年末恒例の「大師走・東」が開催された。

2015年[ソースを編集]

  • ZABUNの専属契約制度が廃止されて浜田文子、山縣優、大畠美咲が正式所属となる。山縣優と大畠美咲はOSAKA女子プロレス兼任所属となる。
  • 2月7日東京で新人オーディションを開催。
  • 2月11日、14度目の後楽園ホール大会を開催。
  • 2月22日、大阪で新人オーディションを開催。
  • 5月3日、15度目の後楽園ホール大会を開催。渋谷シュウが引退。
  • 7月20日、16度目の後楽園ホール大会で「Catch the WAVE 2015」決勝戦を開催。元NEO女子プロレス宮崎有妃が復帰。
  • 8月9日、17度目の後楽園ホール大会で日本人として初めて性同一性障害を告白した朱崇花がデビュー[7]
  • 9月13日、2度目の大阪府立体育館第二競技場大会「HAPPY ANNIVERSARY WAVE8 WEST」を開催。
  • 9月20日、18度目の後楽園ホール大会でOZアカデミー女子プロレス、アイスリボン、ユニオンプロレスとの合同興行第5回「M.I.O」で紫雷美央が引退。
  • 11月14日、初の沖縄大会「OKINAWA WAVE Have A Nice Trip」をカデナアリーナで開催。

2016年[ソースを編集]

主な興行[ソースを編集]

レギュラー興行[ソースを編集]

プロレスリングWAVEでは以下のレギュラー興行が定期的に開催している。

ヤング オー!オー![ソースを編集]

年2回程度行われる若手中心の興行。チェリーが終身名誉顧問を務める。女子プロレス界では若手は「ジュニア」と表現されるが、WAVEでは男子同様「ヤング」と表現する。

2008年3月20日、大阪の世界館で第1回が行われた。対象はキャリア8年(当初は7年)未満、29歳以下とする。ただし、前座で「NOヤング(当初はアダルト)」と呼ばれる若手の壁が出場することもある。

TLW世界女子ヤングタッグ選手権初代王座決定トーナメント1回戦もこの興行で行った。

2011年7月31日スポルティーバアリーナでイベント興行を以って休止していたが、2013年9月8日の24時間プロレスのプログラムとして2年ぶりに開催。

ZABUNグループにて新人デビュー相次ぐなどしたため、2014年2月2日にレッスル武闘館で開催することを決めた。

9月より飯田美花を実行委員長に月1回開催する。これに伴い対象をキャリア5年未満とした。

なお、女子プロレス界における同様の興行としてJWP女子プロレス青春・無限大パワー!!」、アイスリボンTeens」が開かれている。

打ち上げWAVE[ソースを編集]

東京での年内最終興行「大師走・東」では終了後に「打ち上げWAVE」と題して1、2試合追加されるのが恒例となっている。また、2012年からは後述するWAVE参戦選手を対象とした人気投票「ZAN1」の結果発表。

P-Techカップ[ソースを編集]

2008年7月9日、19日、8月1日の3大会に分けて行われたタッグトーナメント戦。WAVEのメインスポンサーである遊戯機器電子部品メーカー「P-Tech」の冠で5組がシード付きトーナメントで8月16日の1周年大会において期間限定復活していたJBエンジェルス立野記代&山崎五紀)との特別試合出場権を懸けて争った。

植松☆輝植松寿絵&輝優優)が出場権を獲得。特別試合では植松が山崎からドラゴン・スープレックス・ホールドで勝利。

24時間プロレス CRAZY WAVE[ソースを編集]

2008年9月15日、新木場1stRINGで「24時間プロレス CRAZY WAVE」を開催。興行は深夜1時に始まりミッドナイト・デイ・ナイトに分けられ、合わせて延べ24時間に渡り展開。

2009年9月5日、2度目の24時間プロレス「CRAZY WAVE'09」を開催。4回興行で行われた。

2013年9月7日、3度目の24時間プロレス「CRAZY WAVE'13」を開催。

なお、このような日付をまたぐ長時間興行は地域密着型プロスタイル団体である信州プロレスリングがWAVEより一足早く2008年8月30日から31日に「30時間プロレス」として開催したのが最初である。また、それ以前にハッスルでも構想があったが頓挫している。

Catch the WAVE[ソースを編集]

2009年より開始したシングルマッチのトーナメント。正式タイトルは「Catch the WAVE〜波女決定リーグ戦」。

春から夏にかけてカテゴリーごとにブロック分けされたリーグ戦と波女決定トーナメントで争う。

ヨコハマウェーブ〜Stoic[ソースを編集]

2010年より横浜にぎわい座で開かれている。

この興行ではWAVE以外の1団体をエネミーとして4、5人迎え、シングルマッチの団体対抗戦が組まれる。最後には勝者組と敗者組に分かれてのタッグマッチを行う。

これまでに迎えたプロモーションと団体は、以下の通り。

ガーターマッチ[ソースを編集]

2010年2月13日の100回記念深夜大会でガーターマッチと呼ばれる試合形式のトーナメント戦が行われた。

このガーターマッチは足にガーターを付けて相手のガーターを奪ったほうを勝ちとする形式の試合で女子プロレスのルーツとも言われている。

きっかけとなったのは1月27日放送のテレビ朝日系列の番組「シルシルミシル」で、番組内にてガーターマッチが紹介され、桜花由美春日萌花がこれに挑戦。それをそのまま団体に持ち込み半世紀以上の時を越えて興行として復活することになった。

試合は時間無制限1本勝負。春日、渋谷シュウ植松寿絵チェリーの4選手によるワンデートーナメントで行われ、春日が優勝。

なお、出場選手はそれぞれコスプレで試合を行った。

2012年8月9日、初防衛戦として紫雷美央と対戦して防衛成功。

DUAL SHOCK WAVE[ソースを編集]

2011年、初代タッグ王座決定トーナメントとして行い、翌2012年からはタッグリーグとして開催している。

AAAとのコラボ[ソースを編集]

2012年11月27日、後楽園ホールでメキシコのメジャー団体であるAAAとのコラボ興行を開催。AAAの女子プロレスラーのトーナメント「レイナ・デ・レイナス」などを組み込んだ。

ZAN1[ソースを編集]

2012年から開催している企画。読みは「ザンイチ」。

WAVEに参戦経験のある現役女子プロレスラーを対象とした人気投票+αにより、「ZAN1 QUEEN」を決める。12月に投票受付、打ち上げWAVEで発表。「ZAN1 QUEEN」にはチャンピオンベルトが贈呈される。

第1回はRegina di WAVE王座決定トーナメントの1枠(GAMI枠)を決めるため、過去5年間の参戦選手(歴代波女除く)を対象とした投票に加え歴代波女とのじゃんけん、そしてロイヤルランブルでポイント化して大畠美咲が初代QUEENに選ばれた。

第2回はRedina di WAVE挑戦者決定の名の下、投票とGAMIとのじゃんけんで行われ、大畠が2連覇。

第3回は挑戦者決定は変わらないが、発表が12月28日の大忘年会に変わり、対象も姉妹団体「OSAKA女子プロレス」を含むZABUN興行参戦者。紫雷美央が初制覇。3連覇を逃した大畠は2位、3位に藤本つかさ(当日はJWP女子プロレス参戦のため欠席)が入り、クローズの上位独占となった。これを受けクローズ興行第2弾が決定した。

6人タッグトーナメント[ソースを編集]

2013年11月、引退直前のGAMIの閃きで急遽開催が決まった。トーナメント名は設定されていないが、それを名づけた上で2014年以降の開催を検討している。特徴としてGAMIが決めた特別ルールによるノックアウトトーナメントで争う。優勝賞金99万円。

第1回は8チームが参加して2大会に分けて行われたが、ルールは試合ごとにくじ引きで決められた。レボルシオン・ハタナカヨウコ(GAMI&木村響子&中川ともか)が優勝。

第2回は11月26日にワンデートーナメントとして開催。「運も実力のうち、死亡遊戯ワンデー6人タッグトーナメント」と命名され7チームがエントリーしたが、抽選で5チームに絞られ漏れた2チームはコミカルWAVEに回された。「平成生まれは2カウントフォールで勝利」の特別ルールが敷かれたこの大会は、前回から唯一同一メンバーでエントリーしたクローズ大畠美咲&紫雷美央&藤本つかさ)が優勝。

タイトルホルダー[ソースを編集]

プロレスリングWAVEが管理する王座
タイトル 保持者 歴代 防衛回数 次期挑戦者
Regina di WAVE王座 山縣優 第4代 2 水波綾
WAVEタッグ王座 Las aventureras
浜田文子&山縣優
第15代 3
過去に存在した王座
プロレスリングWAVEが開催するリーグ戦
タイトル 覇者 年度
Catch the WAVE 水波綾 2016年
Catch the WAVE YOUNGブロック 優華 2016年
DUAL SHOCK WAVE Las aventureras
浜田文子&山縣優
2015年
NEXTトーナメント 山縣優 2015年
運も実力のうち、死亡遊戯ワンデー6人タッグトーナメント クローズ
大畠美咲&紫雷美央&藤本つかさ
2014年

所属選手、主要参戦選手[ソースを編集]

所属選手[ソースを編集]

OSAKA女子プロレス[ソースを編集]

レギュラー参戦選手[ソースを編集]

限定参戦選手[ソースを編集]

スタッフ[ソースを編集]

レフェリー[ソースを編集]

リングアナウンサー[ソースを編集]

役員[ソースを編集]

代表[ソースを編集]

大会プロデューサー[ソースを編集]

プロレスリングWAVE芸能部所属選手[ソースを編集]

過去の所属選手[ソースを編集]

カヨ☆フジモリ 2011年4月10日引退 団体預かり。元ZABUN統括部長。
植松寿絵 2012年4月30日引退 フリー時代にコーチとして活動。
GAMI 2013年12月30日引退 ZABUN代表取締役。
渋谷シュウ 2015年5月3日引退
紫雷美央 2015年9月20日引退 OZアカデミー女子プロレスアイスリボンユニオンプロレス兼任所属。フリーのレフェリー「MIO」として参戦。

現在のタッグチーム[ソースを編集]

過去のタッグチーム[ソースを編集]

試合中継[ソースを編集]

放送中のテレビ番組

関連番組[ソースを編集]

レインボータウンFMはWAVEの常打ちである新木場1stRINGが所在する江東区を放送区域とするコミュニティ放送局。
毎週水曜日21:00 - 22:00の公開生放送。出演はGAMI桜花由美。2010年9月29日終了。
2012年10月20日より月1回「Saturday Maniac Radio」(土曜日15:00 - 16:00)にて 「復活!プロレスリングWAVE〜ゴールデン5GONG!〜」のタイトルで放送再開。
レギュラーコーナーとして「春日萌花のモカラジ!」を放送。

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]

外部リンク[ソースを編集]