神戸サンボーホール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
神戸サンボーホール
神戸サンボーホール
情報
正式名称 サンボーホール
延床面積 2,010m²
運営 株式会社神戸商工貿易センター
所在地 651-0083
兵庫県神戸市中央区浜辺通5-1-32
位置 北緯34度41分19秒 東経135度11分58秒 / 北緯34.68861度 東経135.19944度 / 34.68861; 135.19944座標: 北緯34度41分19秒 東経135度11分58秒 / 北緯34.68861度 東経135.19944度 / 34.68861; 135.19944
アクセス ポートライナー 貿易センター駅下車
公式サイト www.kobe-sanbo.com
神戸サンボーホールと神戸商工貿易センタービル(奥)

神戸サンボーホール(こうべさんぼーほーる)は、兵庫県神戸市中央区にある多目的ホール。

概略[編集]

神戸の中心にあり、アクセスも良い事から、展示会や産業見本市、イベントに多く利用されている。また、社交ダンスや芝居の稽古場としての利用も増えている。神戸空港からも、ポートライナーで約15分程度と非常に便利。神戸商工貿易センタービルに隣接している。

建物は総ガラス張りで、ホールとしては珍しく、独特の雰囲気を作り上げている。また、外観同様、内部もデザインが施され、神戸港開港100周年を記念して作られた貴重な建築物である。

2階大展示場はプロレスボクシングなどの興行にもよく利用される。天井は一般的なリングの一回り大きいサイズで上げられており、俗称「馬場天井」と呼ばれている。言われは、ジャイアント馬場がプロレス興行を行う際に、ホール担当者が「天井が低いのでは」と考え、天井を上げたと伝えられている。

ただそれでもなおプロレス会場としては天井が低く、リングを設営した状態でプロレスラーがトップロープの上に立つと天井に手が届くことが多い(一例として、2009年1月の全日本プロレスF-1タッグ選手権では、渕正信が二代目タイガーマスクのモノマネでトップロープの上に立つ際に、天井を押さえてバランスを取っていた)。従って、本会場での試合ではうっかりすると空中技で天井に頭をぶつけかねないため、空中技の使用に大きな制約が加わる。

施設[編集]

  • 2階大展示場 -1,343m2
  • 1階大展示場 -1,088m2
  • 商談スペース -205m2
  • 小展示場  -269m2
  • 第1会議室 -47m2
  • 第2会議室 -35m2
  • 主催者無料駐車場-17台
  • 机・椅子・マイクセット無料(数に制限有)

建築概要[編集]

  • 所在地-神戸市中央区浜辺通5丁目1番32号
  • 構造-鉄筋コンクリート造、鉄筋造
  • 階数-地下1階~2階
  • 建築面積 -2,010m2
  • 展示面積 -2,987m2

交通[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]