ジャパン女子プロレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジャパン女子プロレス(ジャパンじょしプロレス)は、日本女子プロレス団体

歴史[編集]

日本女子プロレス国際プロレスに吸収されて以来、女子プロレス団体は全日本女子プロレスしかなかったがジャパン女子は全日本女子のクラッシュ・ギャルズの人気を引き金とする女子プロレスブームを背景に「プロレス版おニャン子クラブ」を当初のコンセプトとして設立。そのため旗揚げ戦には芸能事務所「ボンド企画」が関わり、おニャン子クラブをプロデュースした秋元康がアドバイサーとして関与していた。コーチとして男子プロレス界から山本小鉄を招聘して、その関係もあり新日本プロレスで提供試合をしたこともあった。道場は東京都八王子市に置かれていた[1]

1986年8月17日後楽園ホールで旗揚げ戦を開催。秋元は、もちろんゲストとして本田美奈子少女隊さらにアントニオ猪木も来場[2]。旗揚げ戦は豪華であったが、その後、何度も経営不安が発生して設立当初の代表であった椎名勝英は早々に退陣していた[注釈 1]。打開策として代表の持丸常吉はコーチのグラン浜田を通じて交流のあった新間寿(元新日本プロレス専務取締役兼営業本部長)や大塚直樹(元ジャパンプロレス代表取締役副会長)らの協力を得て男子プロレスや空手などあらゆる格闘技を融合した格闘技連合として再出発する方針を進めた。その布石として浜田と営業部員の大仁田厚[注釈 2]との抗争(アングルであった)の延長線上で1988年12月3日、後楽園ホールで組まれた両者の試合をきっかけに男女混合団体にしようとする動きもあったもの所属選手やファンの猛反発を受けて[注釈 3]、この計画は頓挫している[注釈 4]

1991年10月、若手選手の半田美希穂積詩子北村真実が代表の持丸ら当時の経営陣を批判して退団したことをきっかけに経営不安が再燃。一旦は収まったものの1992年1月、アメリカLPWAへの遠征を申し出ていた風間を会社が解雇。これに神取が反発して来年度の契約を更新しない姿勢を示したことで混乱して1月26日熊本市民体育館大会を最後に解散。また運営会社は途中で変わり解散時はジャパン企画プロモーションが運営していた。

解散後はジャパン企画プロモーションの子会社「JWPプロジェクト」を受け皿とする新たな女子プロレス団体が後を引き継ぐ計画が立ち上がったが選手会が分裂して鈴木、尾崎、ダイナマイト関西プラム麻里子福岡晶斎藤澄子ボリショイ・キッドJWP女子プロレスとして前述の後継団体に参加。ハーレー斉藤大沢ゆかり斉藤緑二上美紀子遠藤美月は半田グループや風間、神取と合流してLLPWを設立。また最終興行の時点で引退を表明していたデビル雅美イーグル沢井、は程なく引退を撤回して、それぞれJWPとLLPWに加わっている。

タイトル[編集]

所属選手、スタッフ[編集]

解散後、JWP女子プロレスに参加した選手、スタッフ[編集]

解散後、LLPW(現:LLPW-X)に参加した選手、スタッフ[編集]

その他[編集]

来日外国人選手[編集]

試合中継[編集]

団体後期においてテレビ神奈川東京ケーブルネットワークで試合中継が行われた。またKBSホールで開催する興行に限り京都放送で試合中継が放送された。なお、ごく初期においてはテレビ朝日の番組「鶴太郎の大人によくないテレビ」で試合の模様を流す短いコーナーが存在したが、これは試合そのものよりも試合会場で観戦している子供(番組出演者)の反応の方に重点が置かれた構成になっていた。

関連書籍[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 椎名勝英は退陣時に閑散とした試合会場を見て「こんなはずじゃなかったのにな」という言葉を漏らしたと言われる。純粋な女子プロレスとしての戦いを目指す所属選手と椎名ら経営陣の目指した「プロレス版おニャン子クラブ」路線との軋轢を象徴させる言葉でもあった[3]
  2. ^ 当時、現役を引退していた大仁田厚はビジネスの失敗で生じた借金返済の為肉体労働などに従事した後にジャパン女子に営業部員として入社していた。このグラン浜田との一連の抗争の後にフリーとして復帰。後のFMW旗揚げへとつながっていく。
  3. ^ 試合前にリングに上がった風間ルミら所属選手が総意として「皆さん、私達は女子のリングを守っていきます」と訴えたことが観客らの同情を呼んでグラン浜田大仁田厚戦が行われる際にファンは「やめろ」コールやブーイングなどで反応。この会場の状況を聞いた新間寿はジャパン女子の男女混合団体化を断念したと言われる[4]
  4. ^ なお女子プロレス団体の男女混合団体化はジャパン女子OGの二上美紀子が旗揚げしたプロレスリングWAVEで2016年に実現している。

出典[編集]