紅夜叉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
紅夜叉
プロフィール
リングネーム 紅夜叉
本名 安田留美
身長 162cm
体重 65kg
誕生日 (1970-04-23) 1970年4月23日(46歳)
出身地 福井県小浜市
所属 LLPW
デビュー 1989年
引退 1999年
テンプレートを表示

紅夜叉(くれないやしゃ、1970年4月23日 - )は、日本の元女子プロレスラー。本名:安田留美(やすだ るみ)、身長162cm、体重65kg、福井県小浜市出身。最終所属はLLPW

経歴[編集]

  • 幼少期はプロレスが大嫌いであったが、テリー・ファンクの試合をたまたま見てプロレスが好きになった。中学時代は毎日プロレスごっこをしており、授業中にノートに好きなプロレスラーの名前を1位から10位まで書いたり、技の名前を書いたりして1日過ごしていた。
  • 高校を1年で中退し、上京してジャパン女子プロレスの練習生となり、蕎麦屋でアルバイトしながら1人暮らしを行った。
  • 1989年12月1日ジャパン女子プロレス後楽園ホール大会での対北村真美戦でデビュー。同期にキャロル美鳥GAMIコマンド・ボリショイ福岡晶らがいる。
  • 1991年2月11日に行われた新人王トーナメント決勝で福岡を破り優勝するがその後ジャパン女子4期生ほぼ全員で練習をボイコットし、そのまま退団、引退。この時、予定されていた興業の対戦相手であったデビル雅美が調停に入ったが、当時所属していた4期生の半数以上が自身と共に引退する騒動となった。
  • 1度目の引退後、父の仕事を手伝うようになったが、中学時代からの夢であったプロレスを投げ出したことがきっかけで精神疾患を発症。摂食障害も経験し、会話もままならなくなったことで様子がおかしいと気づいた友人が実家に連絡し、家族の元に帰された。
  • 1992年のLLPW旗揚げに参加して現役復帰を果たす。実家に戻ってから体が動かず日常生活がままならないほどの精神疾患に苦しんでいたが、旗揚げ参加の連絡を風間ルミから聞き、それから復帰までの間に無理やり体を動かし、精神疾患を克服した。結果的に風間からの電話が自身を救ったため、LLPW時代は引き抜きがあっても断った。
  • 1993年2月13日、後楽園大会にて本名から紅夜叉に改名、木刀を片手に赤い特攻服を着て、レディース(女性暴走族)のギミックで人気が出る。これは普通にプロレスをやっていて満足できなかった夜叉の意向によるものであり、寮にあった『ティーンズロード』の影響を受けたことにもよる。これ以後LLPWならびに女子プロレス界に地味なレスラーをウケ狙いのおちゃらけ、コスプレキャラがブームとなる。
    • 1993年6月11日、後楽園大会で怪我による欠場のハーレー斉藤のかわりに北斗晶と対戦した。試合前にLLPWから「X」と自身の名前を伏せられ、当日に自身が出てきたときは観客からものすごいブーイングを浴び、試合でも奇襲を仕掛けた後ノーザンライトボム一発で仕留められた。しかしほぼ1分で負けたこの試合でブレイクを果たした。
    • 週刊プロレスが前身誌「プロレス&ボクシング」から通算1000号達成時には、表紙を飾った。
  • 1999年、結婚を機に引退。引退試合の対戦相手は神取忍。引退後、2児の母となり、静岡県三島市居酒屋の女将を務めている。2006年12月18日に放送されたテレビ朝日『快感MAP』の取材で初めて素顔を公開した。
  • 2009年、同期のGAMIの20周年記念興行『GAMILIBRE5〜GAMI CHRONICLE〜』(プロレスリングWAVE)のメインイベントで一夜限りの現役復帰を果たした。また2013年のGAMI引退興行でも一日限定復帰した。
  • 2014年7月4日TBS系列の『爆報! THE フライデー』で居酒屋が紹介された。

得意技[編集]

  • ダイビング・ギロチンドロップ
  • ハコ乗り固め
  • 雪崩式のど輪落とし
  • スーパー・トリプル・ハッカー

獲得タイトル[編集]

参考文献[編集]

  • 双葉社スーパームック『俺たちのプロレスVOL.6』(2016年)95ページから101ページ

外部リンク[編集]