Hikaru (プロレスラー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Hikaru
プロフィール
リングネーム Hikaru
本名 塩谷 良美
身長 170cm
体重 70kg
誕生日 (1981-12-10) 1981年12月10日(36歳)
出身地 埼玉県越谷市
スポーツ歴 ソフトボール
デビュー 1999年7月11日
引退 2009年4月26日
テンプレートを表示

Hikaru(ヒカル、1981年12月10日 - )は、日本の元女子プロレスラー。本名は塩谷 良美(しおや よしみ)。埼玉県越谷市出身。

所属[編集]

経歴・戦歴[編集]

豊田真奈美に憧れプロレスラーを志し、1999年2月に全日本女子プロレス(全女)に入団。7月11日のフジテレビお台場特設会場における藤井巳幸戦でデビューするが、試合中の怪我がもとで2000年5月に退団。2002年8月、TBS2003年新春特別番組『さんま・玉緒のお年玉 あんたの夢かなえたろかスペシャル』での街頭インタビューで「あなたの夢はなんですか?」と聞かれ、「もう一度プロレスラーになることです」と答えたことをきっかけに全女に再入団。同年秋にプロテストに合格し、12月に再デビューを果たした。奇跡の復活の道のりは上記の番組で放送され、反響を呼んだ。

再デビュー直後の2003年1月、リングネームを「Hikaru」に改名。2004年11月、西尾美香を破り、全女の二大シングル王座の一つであるオールパシフィック王座を奪取した。同年12月より、「PRIDE」で知られるドリームステージエンターテインメントが主催するプロレスイベント「ハッスル」に野球選手キャラクターの「ハッスルなでしこHikaru」として参戦している。

2005年2月、ライオネス飛鳥とのオールパシフィック王座防衛戦中に左足首を骨折。さらに療養欠場中の4月17日に全女が解散する不運に見舞われるが、6月に先輩の高橋奈苗とマネジメント事務所「フラッシュ7」を設立し、9月10日には豊田真奈美戦で復帰し、フラッシュ7に前村早紀が合流しドリームキャッチャーを結成した(その後ドリームキャッチャーはプロレスリングSUNとして団体化)。

2006年4月2日、女帝興行で闘獣牙Leonを破り、第2代NSG王座2007年1月14日、髪の毛を賭けた試合でウェズナー・ビュージックを破り、EWA世界女子王座を獲得。

2008年12月、ZERO1-MAX新宿大会にて、2009年4月に同じくCHICK FIGHTS SUN所属の前村さきとともに引退することを発表。

2009年1月1日の後楽園ホール大会において、リング上で新日本プロレス(当時)の金本浩二との結婚を発表し[1]、1月13日に入籍した[2]

2009年4月26日、CHICK FIGHTS SUN最終興行「SUN SET 〜Hikaru・前村さき FINAL〜」が開催され、現役を引退した[3]

引退後は家庭に専念していたが、2011年4月1日にアド・インターナショナル・ブレインズ(AIB)に入社しイベント事業部に配属。同社が主催するプロレス興行及びイベントの企画・運営を任されることになり、プロレス界に復帰。第1弾として女子プロレスを中心としたイベント「Happy Hour」を立ち上げる。

2012年、Happy Hourの練習生の事故死(後述)以降、金本とは離婚した模様[4]

得意技[編集]

タイトル歴[編集]

入場テーマ曲[編集]

HappyHour!![編集]

  • Hikaruプロデュースにより2011年に旗揚げしたイベント。主催はAIB。興行面でファースト・オン・ステージ、選手面でワールド女子プロレス・ディアナの協力を受けている。
  • 第1回は9月4日に「真夏のHappyHour!!」と題して新木場1stRINGで開催。
  • イベントではプロレスの試合の他、ディアナ興行でも組まれていた清水勝利の「緊急討論 これでいいのかニッポン!!」やミニコンサートなども盛り込まれている。
  • 第3回は2011年12月18日にベルサール六本木で開催予定だったが、主催者側の都合のため延期。
  • 2012年3月デビュー予定だった練習生(21:当時、城西大学在学中)が練習中に倒れ搬送、脳溢血と診断され手術で一命はとりとめたが、容態が急変し亡くなってしまう事件が起きる。死因は急性心不全[5]。この死亡事故に関しhikaruから一切の謝罪がなく、告別式以降は連絡も取れないと練習生の遺族が語っている[6]
真夏のHappyHour!!
2011年9月4日 新木場1stRING

HappyHour!! in六本木
2011年11月6日 ベルサール六本木

第1試合 Micro's Big Journey 20分1本勝負 第1試合 ポップアップ・カーニバル・3WAYマッチ
青野敬子 8分12秒
ハイキック→体固め
ミクロ× 青野敬子 10分12秒
ファルコンアロー→体固め
ミクロ×
もう1人はランジェリー武藤
第2試合 Scramble Generation 30分1本勝負 第2試合 JAPAN vs USA・20分1本勝負
豊田真奈美
ヘイリー・ヘイトレッド
13分12秒
ジャパニーズオーシャンクインビーボム→体固め
伊藤薫
ジェニー・ローズ×
山縣優 12分18秒
日米
アニー・ソーシャル×
第3試合 Big or Small? 30分1本勝負 第3試合 LEGEND vs NEW FACE・30分1本勝負
仙台幸子 13分11秒
回転エビ固め
ジェイミー・D× ダンプ松本 14分0秒
ラリアット→体固め
ジェニー・ローズ×
第4試合 Believe The Road 60分1本勝負 ダブルメインイベント ZAP伝説再降臨・時間無制限1本勝負
井上京子
Sareee
15分12秒
肩車式バックドロップ→体固め
アジャ・コング
アンドレアル・マザー×
ZAP I
ZAP T
24分45秒
ライガーボム→エビ固め
Sareee×
浜田文子
ダブルメインイベント HappyHour EXTRAタッグマッチ・時間無制限1本勝負
×井上京子
豊田真奈美
16分30秒
ダイビング・エルボードロップ→体固め
アジャ・コング
アンドレアル・マザー

脚注[編集]

  1. ^ 新日本プロレス金本とHikaruが結婚、元旦興行のリングで発表=ZERO1 スポーツナビ 2009年1月1日
  2. ^ 新日本・金本とHikaruが幸せいっぱい結婚会見 スポーツナビ 2009年1月19日
  3. ^ Chick Fights SUN 「SUN SET 〜Hikaru・前村さき FINAL〜」 スポーツナビ 2009年4月26日
  4. ^ 金本がtwitter上でhikaruのことを元嫁と呼び、再三批判している。
  5. ^ 女子プロレス練習生が死亡 練習中に倒れ帰らぬ人に… スポーツニッポン 2011年12月28日
  6. ^ ゼロワン「女子プロ練習生死亡事故」遺族が語った「業界の無責任体質」『プロレス 暗黒街』(別冊宝島 1954 ノンフィクション)、宝島社、2013年

外部リンク[編集]