アジャ・コング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アジャ・コング
Aja Kong
アジャ・コングAja Kongの画像
プロフィール
リングネーム アジャ・コング
アジャ宍戸
Erica
本名 宍戸 江利花
ニックネーム アジャ様
身長 165cm
体重 108kg
誕生日 (1970-09-25) 1970年9月25日(46歳)
出身地 東京都立川市
所属 OZアカデミー女子プロレス
WAHAHA本舗
デビュー 1986年
テンプレートを表示

アジャ・コング1970年9月25日 - )は、東京都立川市出身の女子プロレスラー女優タレント。本名は宍戸 江利花(ししど えりか)。プロレスラーとしてはOZアカデミー女子プロレスに、芸能人としてはWAHAHA本舗に所属。リングネームは「アジアキングコング」の意[1]

100kgを超える体重から繰り出すパワフルなファイトが特徴。

「A・コング」と表記されることもある。

所属[編集]

来歴[編集]

幼少期[編集]

父親がアフリカ系アメリカ人米軍立川基地に勤務していた。名をヘンリー・マニゴールド)で母親が日本人(事実婚関係にあった)。「江利花」という名前は父親がエリカ属の花から命名した。しかし幼少時に父の突然の本国召還のため離別を余儀なくされ、母子家庭に育ち(母は父との関係から親戚全てから絶縁されていた)、中学卒業まで深刻なイジメに悩み続けていたという[2]

全日本女子プロレス時代[編集]

中卒後、全日本女子プロレス(以下「全女」と表記)入門。1986年9月25日、秋田県男鹿市体育館の対豊田記代戦でデビュー[3]。当時ジャパン女子プロレスでプロデビューした1期生が丁度同期であることから、対抗戦ブームの頃には同期対決で活躍した。1990年に母が肝臓癌で死去する事態に見舞われたが、その悲しみをバネに奮起することになった。母の死去の際にはアジャは試合会場におり、突然、理由を告げられずに試合の繰上げを申し渡されたことで、母親の死を察したという。その直後、リング上で対戦相手が涙を流して向かってきた(対戦相手にも繰上げを了承してもらうため、事情を説明していた)ことで、悲しい予感の的中を確信した。

当初はブル中野率いるヒール軍団獄門党の一員であり、新人時代は極悪同盟のメンバーで中野の付き人を担当していたことから入門当時から現在までプライベートでとても可愛がってもらっていると本人も度々語っている。しかし長与千種に憧れ、ベビーフェイス志向だった本人にとってはヒールは不本意であった。今後悪役で長与とは試合をしたくないという思いでとても悩んでいて、リーダーのダンプ松本にその悩みを相談して話し合っていたときに通りかかった長与がアジャにサングラスを渡して「このサングラスが似合う悪党になれ。」と励ました事で(このサングラスは今も大切に保管してあるとのこと)踏ん切りがつき、悪役レスラーの道を突き進んだ[4]。また、悪役になってやる気を無くしていたところ、当時全女が運営に余裕を持っていたため「いるなら、いとけば?」という感じで許してくれた部分があり、これもプロレスを続けた要因となっている[5]

アジャが極悪同盟の新人であった頃ダンプは現役末期で、引退後は芸能界に行くことが決まっていてアジャを一緒に引退させて芸能界に連れて行こうとしていたが、アジャはそれを拒否した。また、プロレスの闘い方や考え方も違い、アジャは「この人たちに任せてられないな」と思っていた。ダンプと関係が良くなかったのはこうしたことによるところもある。アジャはダンプが引退することが決まって以降はその日まで毎日カレンダーにバツ印をつけながら「あと何日」と思い、引退当日にはカレンダーに花丸を付けて喜んでいた。ダンプの引退後、ダンプと異なるタイプの悪役になろうとしていたが、ダンプが去ったことでそれまで会場に何千人と入っていた客が50人ぐらいしか入らなくなったなどの経験から、初めてダンプの偉大さが分かったという[5]


男子中心に興行を行っていたユニバーサル・プロレスリングに全女の選手が出場し、そのセコンドとしてリング下にいた際、フェイスペイントやモヒカン刈りと巨体により観客から注目され、その後選手としても参戦した。この試合が好評を得て男子プロレスファンを全女リングに呼び込むことに成功し、飛躍のきっかけを掴んだ。バイソン木村とアジャ&バイソンのコンビを組み、試合内容で高い評価を受けたことで男性ファン層を拡大し[6]、単純な勧善懲悪アングルが常だった女子プロレスに変革をもたらした。しかしヒールに徹した中野とは対照的におちゃらけを取り入れた「明るいヒール」路線でファンを集めたアジャは次第に中野との軋轢を生んだ。新人時代は中野の言う通りにしていたアジャも次第に「中野さんが、いろんなことにチャレンジしろって言ったんじゃん!」と言質を取ったり反抗的になったりした[5]。それでもアジャは、中野に取って代わるというつもりはなく、客を集めて中野の手助けができるようになったという感覚でいたが、全女が割って入って中野に対して「アジャは、もうお前のことを辞めさせるって言ってるぞ」と焚き付けたため、2人の仲は引き裂かれた。アジャは中野と話をして関係を修復しようとしたが、バイソンが「アジャと二人でやっていきます」と全女の松永会長へ勝手に言ったため、それは失敗に終わった[5]。バイソンは中野の1歳年上と年齢的に後が無かったため、攻勢に出たとする文献もある[5]メドゥーサとの一連の抗争を経て、1990年代には中野に反旗を翻して同期のバイソン木村と共に獄門党を離脱しジャングル・ジャックを結成(後に高橋美華神谷美織も加入)。中野ら獄門党との抗争を繰り広げ、団体対抗戦突入以前の全女を盛り上げた。特に中野との抗争は、金網デスマッチでは金網最上段からのギロチンドロップを受けたり(それまで男子も含め日本の試合で金網最上段からの攻撃を見せた者は70年代後半に国際プロレスでヒールとして活躍したジプシー・ジョー以外いなかった)、竹刀が粉々になるまで叩かれたり、タッグマッチでは盲腸の手術1週間後に強行出場し試合中に傷口が開いて大流血するなど苛烈を極めた。これまで悪役同士の試合は、血みどろになっても最後は握手で締めるというのが約束になっていたが、バイソンの提案で仲直りはせずにそのまま決別することになり、実際にそのようにした[5]。1990年8月19日に後楽園ホールで開催されたグリズリー岩本&中野vsアジャ&バイソンのタッグマッチより始まった抗争が終結したのは、それから2年後に中野からWWWA世界シングル王座のタイトルを奪取した時である[5]

団体対抗戦に入ってからは、WWWA世界シングル王座を巡ってのダイナマイト・関西(JWP)とのヘビー級対決や、新人時代に苦手としていた工藤めぐみFMW)と対戦した。(この時、リングサイドには2人の師匠のジャガー横田がおり、試合後に2人で礼をし「こんなに大きくなりました」と感謝の言葉を述べた。ジャガーも立派に育った教え子の姿に涙を流していたという)

また、1995年にはWWF(現・WWE)のPPV・サバイバー・シリーズに出場し。モンスター・リッパーやライオネス飛鳥渡辺智子と「チーム・フェイ」を組み、アランドラ・ブレイズ井上京子チャパリータASARI長谷川咲恵ら「チーム・ブレイズ」とのエリミネーションマッチを戦う。最後まで残ったアジャは、当時のWWF世界女子王者のブレイズを裏拳で倒し日本だけにとどまらずアメリカにもその名を広めた。(その年末の全女・後楽園大会にて、現地でもらったディーゼルのTシャツ等をチャリティーオークションに出した際、WWF出場は夢だったと心境を語った)

フリー時代[編集]

1997年に全女を退団し、小川宏(元全女企画広報部長)とアルシオンを設立する(ファイティングプロデューサーの肩書きを持っていたが、所属選手ではなくフリーランスとして参加していた)が、のち小川と対立し退団。GAEA JAPANに戦いの場所を移す。2000年代はハッスル等の男子プロレスにも活動領域を広げている。尚ハッスルではリングネームを本名から取ったEricaとしており(アジャ本人はEricaは友人と主張)、「Erika乙女軍団」を率いて「高田アマゾネス軍」との抗争を繰り広げた。2006年に入り、更なる飛躍を目指して男子との対戦を開始し、全米No.1タッグチームともいわれるチーム3Dとの対戦を実現させた。

レイザーラモンHGこと住谷正樹のことが好きで、2005年9月のテレビ番組にて愛の告白をしたこともある。HGからは「友達から始めましょう」と言う返事をもらい、交友関係が生まれている。その後、HGもハッスルに参戦したが、試合での接点は無かった。

OZアカデミー時代[編集]

2006年10月23日にOZアカデミー参戦を発表、チャンピオンベルトコレクターとして同団体の初代女王を目指すためと公言。後に尾崎魔弓の策略にはめられてOZ入りしたと発言。

2007年3月10日の新宿FACEにおける第25回OZアカデミー興行「女王誕生」におけるOZアカデミー認定無差別級初代王者決定トーナメント決勝戦で、永島千佳世を破って宣言どおりに初代女王となった。

2007年12月25日のハッスルでの試合では、めちゃ×2イケてるッ!のコーナーフジTV警察24時(2007昼の部)でもやった沢尻エリカネタを披露、「特にありません」「別に」という映画館での態度を真似し、金村キンタローに「ネタが古いねん」と突っ込まれた。

2008年1月、カルロス天野に王座を奪われると、松本浩代AKINO輝優優(後に中川ともかが加入)をメンバーに迎え、尾崎軍に続く派閥を結成。後にチーム名を「ジャングル・ジャック21」と命名。2009年1月には、松本浩代と共にOZアカデミー認定タッグ王座を獲得した。

2015年現在、プロレスラーとしてはOZアカデミーの他、プロレスリングWAVEDDTプロレスリングセンダイガールズにも参戦している。特にセンダイガールズでは、代表者・里村明衣子の最大の敵として、旗揚げ戦や眼窩底骨折からの復帰戦など、節目の試合などでシングル戦の相手を務める事が多い他、里村の良き理解者として里村が主催するトークショーにも出席したりする。

2016年7月18日、後楽園ホールにて『アジャコング30周年記念興行~SUMMER JUMBO 寿~』を開催[7]

俳優・タレントとしての活動[編集]

1994年から1997年にかけて、キリンビバレッジ社の清涼飲料水「きりり」のCMで瀬戸朝香と共演し、これがきっかけで瀬戸が所属していた芸能事務所フォスターに全女退団時より所属し、テレビ番組にも出演するようになった。一斗缶裏拳お笑い芸人を殴るスタイルは有名となり、芸能人としても全国区の知名度になった。レギュラー化される前のクイズ!ヘキサゴンでは決勝まで残った。

2007年10月27日公開の映画「自虐の詩」に主人公の親友「熊本さん」役で出演した。

2010年6月末には、芸能活動の所属を同年7月1日よりWAHAHA本舗に移すことを発表した。移籍理由は「[居心地が良すぎると、居心地が悪くなる]という、私のおかしな性質がムクムクと頭をもたげてきてしまいまして」と自身のブログで説明している[8]。WAHAHA本舗では劇団本公演への出演はもちろんのこと、猫ひろしとのユニット結成などを計画していることを明らかにしている[9]。同年8月、老人介護の闇を暴く映画「老獄/OLD PRISON」(辻岡正人監督)で、主演の看護婦役に抜擢された。[10][11][12]

得意技[編集]

裏拳
グローブをはめた拳を叩いてアピールし、その拳を前に突き出して体を時計回りに一回転させその勢いのまま相手を手の甲で殴りつける技。
ここぞと言う場面ではグローブを外し素手で繰り出す場合もある。
垂直落下式ブレーンバスター
アジャ缶の上に向かって相手の脳天を落とす場合も。
背面式ダイビングエルボードロップ
トペ・スイシーダ
大一番でしか出さない技。
バックドロップ
右から投げる選手が多い中、左から投げる数少ない使い手。
一斗缶攻撃
入場時に持ってくるアジャの顔のペイントが施された一斗缶、通称「アジャ缶」で相手を殴りつける反則攻撃。ごく初期にはアルミむき出しの缶を持参していたが、ほどなくアジャ缶を自作するようになる。「ハッスル」ではハートマークのペイントが施されたエリカ缶を使う。現在はデザインのない普通の一斗缶を使用しておりアジャ曰く醤油の一斗缶が一番いいと公言している。[13]
雪崩式水車落とし
アジャボム
変形のパイルドライバー。相手にダメージを与えるために足をおさえる
パワースラム
相手をロープに振り、戻ってきた所を受け止め、そのまま体を捻りながらマットへ叩きつける技。

リングネームについて[編集]

全日本女子プロレスに所属した時に北斗晶によって「お前の顔って『アジャ』って感じだよな、今日からお前のあだ名は『アジャ』な」と言われた。その後アジャのリングネームを考える時に団体のある偉い人が『ブラック・サンデー』という名前を考えた。しかし、別の偉い人により「こいつには『アジャ』って立派な名前があるから(アジャ本人は特に立派とは思っていなかったが、先輩に言われたら断れないため受け入れたもの)『ザ・アジャ』はどうだ?」ということになった。『ザ・アジャ』だとイマイチ音の響きがしっくりこないため、一旦は本名から『アジャ宍戸』で活動を始める。
その後、元々小柄(入団当時は60kg)だったアジャは周りから体を大きくするように言われて3年後に体重を数十kg増やして技を決めた時に胸をたたくなどの演出をしていた。この動きを見た団体の人から『キングコング・アジャ』って名前がいいのではとの話になると女だから『クイーン・コングアジャ』、長いため『コング・アジャ』に決まりかける。『コング・アジャ』で試合をしたが、終了後にリングアナから「『コング・アジャ』だとコールする時に音を伸ばしにくい。逆にして『アジャ・コング』にした方が呼びやすい」との一言により、『アジャ・コング』に最終決定した[14]

酒関連のエピソード[編集]

全女にはいわゆる「三禁」があったが、実際は試合に影響さえなければ自己責任の下で大目に見てもらえたので飲酒をする全女のレスラーはいた。アジャもその1人である。

  • 20歳を過ぎて名前が売れた頃から、西脇充子に誘われて六本木・芋洗坂にあった10人も入ったら満席になるスナックでよく飲んでいた。その店の常連は上戸ばかりだったようであり、ボトルを1本空けないと「ヘタレ!」と言われるくらいであった。時には羽振りの良い客が居合わせた人全員にボトルを1本ずつプレゼントするので、店にいる者たち全員で早飲み競争をしたことがある。そのうちアジャひとりでも店に通い出し、東京にいる時はほぼ毎晩地方で試合をして深夜に帰宅しても目黒の自宅からタクシーを走らせて通った。ある時には、常連から「マンションを解約して、荷物を店に置いとけばいいじゃん。お風呂はサウナで十分」と冷やかされる始末であった。そのような生活が再開発の影響でそのスナックが閉店するまで5年から6年続き、アジャはすっかり酒に強くなったという。[15]
  • 酒関連のエピソードでアジャにとってトラウマになった出来事として、ブル中野に飲みにつれていかれて2人でビールの大瓶を50本開けた時である。翌日の仕事が当時、原宿にあった全女のアンテナショップでのイベント出演だけという夜に、目黒の居酒屋で2人でそれほどの量の酒を飲んだが、これについてアジャは「さすがに翌朝の二日酔いの酷いことといったらない」と後年振り返っている。翌日、二日酔いがひどかったため本来アジャが中野を送り迎えするところ、その逆で二日酔いにならなかった中野がアジャを送り迎えを行い、イベントでも仕事にならないところ中野がイベントを盛り上げた。これについてアジャは「ブルさんはケロッとしてるだけじゃなく、私を気遣ってちゃんとフォローもしてくれたわけです。先輩だとか、強いってだけじゃなく、ひとりの女性としても、もう頭が上がらないですよ」と中野の気遣いを素晴らしく思うコメントを残している。アジャはこの時の二日酔いががトラウマになって、2017年時点ではビールが飲めないという[15]

入場テーマ曲[編集]

タイトル歴[編集]

全日本女子プロレス
アルシオン
GAEA JAPAN
ハッスル
  • ハッスル・スーパータッグ
OZアカデミー
DDTプロレスリング
センダイガールズプロレスリング

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビバラエティ[編集]

映画[編集]

  • 老獄/OLD PRISON(2012年2月4日公開、REIZ INTERNATIONAL) - 主演 千鶴 役

ウェブバラエティ[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 北斗晶が「命名した」と2010年7月1日の「笑っていいとも!」で発言、それでアジャと呼ばれていたのと、試合中のキングコングがやるドラミングの動きから当初「アジャキングコング」とされそうになったが、本人が女だからと主張し「アジャクイーンコング」になったが長い為縮められた。
  2. ^ 後にテレビ朝日の番組『あなたに逢いたい』の企画として父を捜索したが、元軍人であったため、保安上の問題から情報公開が認められず、捜索を断念していた。 その後TBSで放送された『情報ドラマチック もくげき!』で再調査。身元は判明したが、既に死去していたことが判明した。
  3. ^ なお、全女では同年デビューした選手を俗に「(昭和・平成)○年組」と称するが、アジャと同期の「昭和61年組」には、工藤めぐみ、豊田に代表されるように、全女では芽が出ず他団体に移籍後その団体のエースになった選手が多い。
  4. ^ 「超豪華!!スタア同窓会 ゲゲゲッ!の再会SP」、2010年10月5日、日本テレビでの発言より。
  5. ^ a b c d e f g 双葉社スーパームック『俺たちのプロレスVOL.6』(2016年)5ページから12ページ
  6. ^ ビューティ・ペアからクラッシュギャルズの時代には女子プロレスファンは女性がメインだった。
  7. ^ 7・18 アジャコング30周年記年興行 後楽園ホール大会 アジャコング&アメージング・コング&浜田文子vs松本浩代&山下りな&橋本千紘”. バトルニュース (2016年7月18日). 2016年7月20日閲覧。
  8. ^ ご報告 - アジャ・コング公式ブログ 2010年6月30日
  9. ^ アジャコングがワハハ本舗に電撃移籍!! - WAHAHA本舗・2010年6月30日
  10. ^ “アジャ・コングが介護映画に初主演!!”. リアルライブ. (2010年8月25日). http://npn.co.jp/article/detail/17932377/ 2011年2月17日閲覧。 
  11. ^ “アジャ・コングが介護映画に初主演!!”. リアルライブ. (2010年8月25日). http://npn.co.jp/article/detail/17932377/ 2011年2月17日閲覧。 
  12. ^ “アジャコングが映画初主演 ナース役で老人介護の裏側に斬り込む”. オリコン. (2010年8月25日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/79367/full/ 2011年2月17日閲覧。 
  13. ^ >2016年7月13日放送、水曜日のダウンタウン・「自分の商売道具 完璧に把握していなければプロ失格説」にて
  14. ^ 『マヨなか笑人』(読売テレビ)2015年11月28日放送より
  15. ^ a b 日刊ゲンダイ 2017年4月10日

外部リンク[編集]