高橋奈七永

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高橋奈苗から転送)
移動先: 案内検索
高橋 奈七永
Nanae Takahashi
高橋 奈七永Nanae Takahashiの画像
プロフィール
リングネーム 高橋 奈七永
MOMOKO
高橋 奈苗
本名 高橋 奈苗
ニックネーム 空飛ぶ爆裂冷蔵庫
身長 165cm
体重 65kg
誕生日 (1978-12-23) 1978年12月23日(38歳)
出身地 埼玉県川口市
所属 SEAdLINNNG
スポーツ歴 アーチェリー
トレーナー アニマル浜口
日高郁人
デビュー 1996年7月14日
中西百重
テンプレートを表示

高橋 奈七永(たかはし ななえ、1978年12月23日 - )は、日本の女子プロレスラー。本名:高橋 奈苗(たかはし ななえ)。

ラウェイ参戦時にはMOMOKO(モモコ)のリングネームを使用することもある[1]

所属[編集]

ユニット

経歴[編集]

1996年
2000年
「バクバクKiss」(2000年5月24日発売)
「Kiss of the world」(2001年9月15日発売)
2005年
  • 1月7日、後楽園ホールにおいて、中西百重の引退試合の相手を務める。
  • 4月17日、全日本女子プロレスの解散まで所属した。
2006年
2007年
  • 5月13日、アメリカ合衆国アメージング・コングを破りAWA世界女子王者を奪取するものの、翌14日にAWAによって剥奪された(AWAベルトは協会預り)。
  • 5月27日、後楽園ホールにおいてウェズナー・ビュージック、アメージング・コングによる3WAYマッチで王座決定戦が行われ、試合形式も2人からフォールを奪わなければならない勝ち残り方式となったが、ビュージックがアメージング・コングを裏切りフォールを奪った。その後、ビュージックからもフォールを奪い、王座奪回に成功した。
  • 9月11日、プロレスリングWAVE初参戦。メインにて同団体のエースである桜花由美に勝利。
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
  • 2月19日、最初で最後のSMASH参戦。TDCホール大会で中川ともか花月と組み、真琴&リン・バイロン&雫あき(現:雫有希)と6人タッグで対戦。
  • 10月8日、ディアナ六本木大会における「井上京子25人掛け」の23人目として登場。
  • 11月4日、我闘雲舞初参戦。板橋グリーンホール大会で中森華子と対戦して勝利。試合終了後、モーリーの挑戦を受けて12月20日の我闘雲舞板橋大会でメインカードとして対戦することが決定。
2013年
  • 3月17日、後楽園でアルファ・フィーメルに敗れ、ワールド・オブ・スターダムから陥落。
  • 7月15日、大阪・ナスキーホール・梅田大会で、第5代ゴッデス・オブ・スターダム王座決定トーナメントを制し王座に就く。(パートナーは脇澤美穂、決定戦の相手は夏樹☆たいよう&世IV虎)
2014年
  • 10月5日、ディアナ初の後楽園大会にて、井上京子から推薦され生え抜き第2号となる田中盟子のデビュー戦の相手を務め勝利[7]
2015年
  • 5月13日、当日付でスターダム退団を発表[8]。足首の怪我が治り次第、フリーとして復帰する予定。
  • 6月12日、引退後世界旅行を終え帰国した夏樹(後に「南月たいよう」に改名)と会社「SEAdLINNNG」の設立を発表[9]
  • 6月25日、SEAdLINNNG後楽園ホール大会の開催並びにリングネームを高橋奈七永に改名することを発表。
  • 7月17日、ラスベガスで行われたROHの興行で復帰。
  • 8月26日、SEAdLINNNG後楽園ホール大会を開催。
  • 10月30日、Rt 10-Happy Halloween WAVEの試合後に二上美紀子に呼びこまれて登場。山下りなにSEAdLINNNGに参戦を要求すると山下から対戦を要求される。
  • 12月27日、年末大感謝祭 THANKsGIVING WAVEに参戦し山下に冷蔵庫爆弾を決めて勝利。試合後大畠美咲から対戦を要求される。
2016年
  • 1月3日、HAPPY NEW YEAR WAVE’16に参戦し大畠と息吹でのシングル以来2度目のシングルを行う。ワンセコンドEXを決めて勝利。試合後水波綾からも対戦を要求される。
  • 2月6日、Early Valentine waveに参戦し水波と対戦し勝利。
  • 7月3日、WAVE後楽園ホール大会で水波と再戦。
  • 12月11日、ミャンマーヤンゴンで開かれたラウェイ興行に出場し、現地の女子61 - 64キロ級王者であるシェー・シン・ミンに勝利[1]
2017年
  • 8月24日、後楽園ホール大会でザ・グレート・サスケと対戦。イスを駆使した試合運びを見せる、ラダーからの冷蔵庫爆弾を投下するなどの活躍を見せ、最後はラダー上へのイクボムで3カウントを奪い、TLCマッチを制した。記録は13分34秒でエビ固め。試合後、サスケから「凄い人がいました。私の目に狂いがなかった。彼女こそがリアルワンダーウーマン」と賛美の言葉を受け、さらに「私の頼もしいパートナーになってもらいたい」とムーの太陽への勧誘を宣言される[10]

得意技[編集]

冷蔵庫爆弾
ダイビングボディプレスと同型。
リバース冷蔵庫
背面式ダイビングセントーン
変形バックドロップ
リストクラッチバックドロップ。
ナナロック
ナナラッカ
変形ファルコンアロー
チャナラッカ☆百
キン肉バスターの要領で担いて落とすナナラッカ。中西百重が考案した技なので名前に「百」と付いている。
アルバトロス
クリップラー・クロスフェイスと同型。
ワンセコンド
ワンセコンドEX
リストクラッチエメラルドフロウジョン
ショットガンΩ
イクボム
「イク」はCHICK FIGHTS SUN時代に技を伝授してくれたコーチの日高郁人を指している。
19
技を使用した日が現役生活19年目を迎えた事から命名。
シャイニング膝アッパー
ラリアット

入場曲[編集]

  • 初代 : NANARACKA ※「バクバクKissの世界-W EXPLOSION-」に収録
  • 2代目 : MIRACLE PASSION

タイトル歴[編集]

全日本女子プロレス
JDスター女子プロレス
CHICK FIGHTS SUN
NEO女子プロレス
アイスリボン
JWP女子プロレス
スターダム

エピソード[編集]

  • 以前の団体内でのキャッチフレーズは「極太あやや」。現在でも東京スポーツ紙面に「極太」と書かれることもある。
  • アイスリボン参戦時には「初心に帰りたい」という意向から一部の技(ナナラッカ等)を封印している。
  • 情熱的な戦いをモットーとしており、パッションレッドを結成以降は、それを「パッション」と表現している。スターダムでは「情熱注入」と称し新人の壁となって立ちはだかる。
  • デビュー戦や引退試合の相手として指名されることが多い。スターダムでも鹿島沙希のデビュー戦の相手となり、夏樹☆たいようの引退試合の相手に指名されている。また、他団体であるワールド女子プロレス・ディアナ代表の井上京子より、田中盟子のデビュー戦の相手として推薦されている。

SEAdLINNNG[編集]

株式会社SEAdLINNNG
Seadlinnng Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
210-0006
神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
設立 2015年6月12日
業種 サービス業
事業内容 プロレス興行
関連企画の運営
代表者 代表取締役 高橋奈苗
関係する人物 高橋奈苗(創業者)
外部リンク SEAdLINNNG公式サイト
テンプレートを表示

SEAdLINNNG(シードリング)は、日本女子プロレス興行を運営する会社

社名の由来[編集]

「苗を植える」を意味する「seedling」からの造語で「(sea)を越えていくように」も込められている。

歴史[編集]

所属選手[編集]


スタッフ[編集]

レフェリー[編集]

リングアナウンサー[編集]

宣伝部長[編集]

  • 今井愛里

過去の所属選手[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 高橋奈七永 ミャンマーのラウェイ大会で王者にKO勝利 - 東京スポーツ・2016年12月12日
  2. ^ いざ、3・14川崎へ《22》高橋奈苗vs華名は発表前に中止 NEO女子プロレス社長のブログ 2010年3月4日
  3. ^ [女巌流島対決は、ノンタイトル戦ながら30分を超す熱戦に!JWP勢も見つめる中、奈苗がさくらに激勝! バトル・ニュース 2010年7月2日
  4. ^ [シュートボクシング] RENAと渡辺久江、Girls S-cup一回戦で激突 BoutReview 2010年7月27日
  5. ^ 【シュートボクシング】5Rの死闘の末、RENAが高橋藍を破りGirls S-cup二連覇を達成! GBR 2010年8月29日
  6. ^ 風香プロデュースの新団体『スターダム』に、奈苗や夏樹、ゆずポンらが参加!所属選手11名で来年1月旗揚げ! バトルニュース 2010年9月7日
  7. ^ 10/5(日)後楽園大会 試合結果”. 2014年10月6日閲覧。
  8. ^ “2015年5月13日 高橋奈苗が退団を発表” (プレスリリース), 株式会社スターダム, (2015年5月13日), http://wwr-stardom.com/?new01=2015%E5%B9%B45%E6%9C%8813%E6%97%A5%E3%80%80%E9%AB%98%E6%A9%8B%E5%A5%88%E8%8B%97%E3%81%8C%E9%80%80%E5%9B%A3%E3%82%92%E7%99%BA%E8%A1%A8 
  9. ^ “高橋奈苗が愛弟子・世IV虎への思いを初激白”. 東京スポーツ. (2015年6月12日). http://www.tokyo-sports.co.jp/prores/womens_prores/410428/ 
  10. ^ 週刊プロレス2017年9月13日号p.117-119
  11. ^ “アメリカ・WOHとの提携が決定/シードリング会見”. 女子プロレスマガジン. (2016年9月9日). http://ameblo.jp/joshi-puroresu-magazine/entry-12198389759.html 

外部リンク[編集]

SEAdLINNNG