高橋奈七永

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高橋奈苗から転送)
移動先: 案内検索
高橋 奈七永
Nanae Takahashi
高橋 奈七永Nanae Takahashiの画像
プロフィール
リングネーム 高橋 奈七永
高橋 奈苗
本名 高橋 奈苗
ニックネーム 空飛ぶ爆裂冷蔵庫
身長 165cm
体重 65kg
誕生日 (1978-12-23) 1978年12月23日(38歳)
出身地 埼玉県川口市
所属 SEAdLINNNG
スポーツ歴 アーチェリー
トレーナー アニマル浜口
日高郁人
デビュー 1996年7月14日
中西百重
テンプレートを表示

高橋 奈七永(たかはし ななえ、1978年12月23日 - )は、日本の女子プロレスラー埼玉県川口市出身。本名及び旧リングネームは高橋 奈苗(たかはし ななえ)。SEAdLINNNG(シードリング)代表取締役。

所属[編集]

ユニット

経歴[編集]

1996年
2000年
「バクバクKiss」(2000年5月24日発売)
「Kiss of the world」(2001年9月15日発売)
2005年
  • 1月7日、後楽園ホールにおいて、中西百重の引退試合の相手を務める。
  • 4月17日、全日本女子プロレスの解散まで所属した。
2006年
2007年
  • 5月13日、アメリカ合衆国アメージング・コングを破りAWA世界女子王者を奪取するものの、翌14日にAWAによって剥奪された(AWAベルトは協会預り)。
  • 5月27日、後楽園ホールにおいてウェズナー・ビュージック、アメージング・コングによる3WAYマッチで王座決定戦が行われ、試合形式も2人からフォールを奪わなければならない勝ち残り方式となったが、ビュージックがアメージング・コングを裏切りフォールを奪った。その後、ビュージックからもフォールを奪い、王座奪回に成功した。
  • 9月11日、プロレスリングWAVE初参戦。メインにて同団体のエースである桜花由美に勝利。
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
  • 2月19日、最初で最後のSMASH参戦。TDCホール大会で中川ともか花月と組み、真琴&リン・バイロン&雫あき(現:雫有希)と6人タッグで対戦。
  • 10月8日、ディアナ六本木大会における「井上京子25人掛け」の23人目として登場。
  • 11月4日、我闘雲舞初参戦。板橋グリーンホール大会で中森華子と対戦して勝利。試合終了後、モーリーの挑戦を受けて12月20日の我闘雲舞板橋大会でメインカードとして対戦することが決定。
2013年
  • 3月17日、後楽園でアルファ・フィーメルに敗れ、ワールド・オブ・スターダムから陥落。
  • 7月15日、大阪・ナスキーホール・梅田大会で、第5代ゴッデス・オブ・スターダム王座決定トーナメントを制し王座に就く。(パートナーは脇澤美穂、決定戦の相手は夏樹☆たいよう&世IV虎)
2014年
  • 10月5日、ディアナ初の後楽園大会にて、井上京子から推薦され生え抜き第2号となる田中盟子のデビュー戦の相手を務め勝利[6]
2015年
  • 5月13日、当日付でスターダム退団を発表[7]。足首の怪我が治り次第、フリーとして復帰する予定。
  • 6月12日、引退後世界旅行を終え帰国した夏樹(後に「南月たいよう」に改名)と会社「SEAdLINNNG」の設立を発表[8]
  • 6月25日、SEAdLINNNG後楽園ホール大会の開催並びにリングネームを高橋奈七永に改名することを発表。
  • 7月17日、ラスベガスで行われたROHの興行で復帰。
  • 8月26日、SEAdLINNNG後楽園ホール大会を開催。また今井良晴リングアナウンサーの愛娘である今井愛里が宣伝部長に就任。
  • 10月30日、Rt 10-Happy Halloween WAVEの試合後に二上美紀子に呼びこまれて登場。山下りなにSEAdLINNNGに参戦を要求すると山下から対戦を要求される。
  • 12月27日、年末大感謝祭 THANKsGIVING WAVEに参戦し山下に冷蔵庫爆弾を決めて勝利。試合後大畠美咲から対戦を要求される。
2016年
  • 1月3日、HAPPY NEW YEAR WAVE’16に参戦し大畠と息吹でのシングル以来2度目のシングルを行う。ワンセコンドEXを決めて勝利。試合後水波綾からも対戦を要求される。
  • 2月6日、Early Valentine waveに参戦し水波と対戦し勝利。
  • 7月3日、WAVE後楽園ホール大会で水波と再戦。

得意技[編集]

冷蔵庫爆弾
ダイビング・ボディ・プレス
リバース冷蔵庫
背面式ダイビングセントーン
ナナラッカ
変形ファルコンアロー
チャナラッカ☆百
キン肉バスターの要領で担いて落とすナナラッカ。中西百重考案のため、名前に「百」と付いている。
ワンセコンド
立った状態からアームロックに捕らえ、ボディスラムの要領で投げるショルダーバスター
ワンセコンドEX
リストロック式エメラルド・フロウジョン
アルバトロス
クリップラー・クロスフェイス(ナガタロックII)とほぼ同型
19
カナディアンバックブリーカーの体勢から自分のヒザに相手の腹部から叩き付ける
名前のない状態でつなぎ技として使っていたが我闘雲舞の板橋大会参戦時に初めてフィニッシュとして使用、この日現役19年目を迎えた事から命名される。
ラリアット
「5★STAR GP 2013」にて優勝を決めた際のフィニッシュはこの技だった。
インプラント
「5★STAR GP 2014」にて、フィニッシュ及び繋ぎとして使用し始める。
バックドロップ
サイドバスター
ブレーンバスター
シャイニング膝アッパー
延髄斬り

合体技[編集]

ナナモモダイバー
中西百重との合体技。相手を両脇をそれぞれで正面から抱え上げ、同時に相手の足を刈って叩きつける。

人物[編集]

  • 以前の団体内でのキャッチフレーズは「極太あやや」。現在でも東京スポーツ紙面に「極太」と書かれることもある。
  • アイスリボン参戦時には、「初心に帰りたい」という意向から、一部の技(ナナラッカ等)を封印している。
  • 情熱的な戦いをモットーとしており、パッションレッド結成以降はそれを「パッション」と表現している。スターダムでは、「情熱注入」と称し新人の壁となって立ちはだかる。
  • デビュー戦や引退試合の相手として指名されることが多い。スターダムでも鹿島沙希のデビュー戦の相手となり、夏樹☆たいようの引退試合の相手に指名されている。また、他団体であるディアナの井上京子選手代表より田中盟子のデビュー戦の相手として推薦されている。

タイトル歴[編集]

全日本女子プロレス
JDスター女子プロレス
CHICK FIGHTS SUN
NEO女子プロレス
アイスリボン
JWP女子プロレス
スターダム

入場曲[編集]

  • 「NANARACKA」 - 「バクバクKissの世界 -W EXPLOSION-」に収録。
  • 「MIRACLE PASSION 」 - SEAdLINNNG旗揚げ以降使用している新入場曲。

SEAdLINNNG[編集]

株式会社SEAdLINNNG
Seadlinnng Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
210-0006
神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
設立 2015年6月12日
業種 サービス業
事業内容 プロレス興行
関連企画の運営
代表者 代表取締役 高橋奈苗
関係する人物 高橋奈苗(創業者)
外部リンク SEAdLINNNG公式サイト
テンプレートを表示

SEAdLINNNG(シードリング)は、日本女子プロレス興行を運営する会社

社名の由来[編集]

「苗を植える」を意味する「seedling」からの造語で「(sea)を越えていくように」も込められている。

歴史[編集]

2015年
2016年
  • 2月11日、引退していた世IV虎がリングネームを世志琥に改名して復帰すると同時に入団。
  • 3月7日、後楽園ホールで世志琥の復帰戦が行われた。
  • 9月9日ROHの女子部「WOH」と業務提携を結んだことを発表[9]

所属選手[編集]

スタッフ[編集]

レフェリー[編集]

リングアナウンサー[編集]

宣伝部長[編集]

役員[編集]

代表取締役[編集]

  • 高橋奈苗

専務取締役[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

SEAdLINNNG