レッスル武闘館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
レッスル武闘館

CIMG8044.JPG

情報
通称 アイスリボン道場
正式名称 レッスル武闘館
旧名称 イサミレッスル武闘館
完成 2009年1月23日
開館 2009年1月24日
開館公演 アイスリボン「アイスリボン33」
客席数 最大120席
用途 プロレスの道場
プロレスの試合会場
運営 ネオプラス アイスリボン事業部
所在地 埼玉県蕨市南町2-4-4
位置 北緯35度49分14.4秒 東経139度41分55.3秒 / 北緯35.820667度 東経139.698694度 / 35.820667; 139.698694座標: 北緯35度49分14.4秒 東経139度41分55.3秒 / 北緯35.820667度 東経139.698694度 / 35.820667; 139.698694
アクセス 京浜東北線西川口駅 徒歩9分
公式サイト レッスル武闘館

レッスル武闘館(レッスルアリーナ)は、日本プロレス道場兼会場。

歴史[編集]

2009年1月24日ネオプラス アイスリボン事業部の移行により市ヶ谷アイスボックスから機能を移転させる形で開設。格闘技用品メーカー「イサミ」が支援。同社の命名権買収で名称をイサミレッスル武闘館(イサミレッスルアリーナ)に改称。同日、こけら落としとしてアイスリボンの興行「アイスリボン33」を開催。

通常はアイスリボンの道場として使用される一方で他団体への貸出や総合格闘技の開催なども考慮されている。常設されたリングは通常のものより一回り小さいサイズ(5メートル四方)を使用している。映画「CRAZY-ISM クレイジズム」の撮影にも使用されたことがある。

2010年、改装工事が施されて2月26日、アイスリボンの興行「アイスリボン160」がリニューアルした最初の興行。

2012年、イサミとの契約満了によりレッスル武闘館(レッスルアリーナ)に改称。

アイスリボン以外で興行を開催した団体、プロモーション[編集]

主に管理者であるネオプラスと関わりの深い団体、プロモーションが使用する。

日曜日はレフェリー佐藤淳一学生プロレス出身である利点を生かして、主に学生プロレスと社会人プロレスの興行に貸し出される。

  • UWF関東学生プロレス連盟
  • SWS学生プロレス

関連項目[編集]

外部リンク[編集]