西川口駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
西川口駅
駅ビル「beans にしかわぐち」(2007年5月16日)
駅ビル「beans にしかわぐち」
(2007年5月16日)
にしかわぐち
Nishi-Kawaguchi
JK 39 川口 (2.0km)
(1.9km) JK 41
所在地 埼玉県川口市並木二丁目20-1
駅番号 JK 40
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 京浜東北線
(正式には東北本線
キロ程 17.8km(東京起点)
大宮から12.5km
電報略号 ニチ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
55,919人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 1954年昭和29年)9月1日
備考 業務委託駅
みどりの窓口
テンプレートを表示
西口(2016年7月)
改札口(2016年7月)
ホーム(2008年7月)

西川口駅(にしかわぐちえき)は、埼玉県川口市並木二丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)のである。駅番号JK 40

乗り入れている路線は、線路名称上は東北本線である(詳細は路線記事および鉄道路線の名称参照)が、当駅には電車線を走る京浜東北線電車のみが停車し、旅客案内では「東北(本)線」とは案内されていない。

歴史[編集]

駅構造[編集]

西川口駅配線図
 大宮宇都宮高崎前橋方面
2 1


POINTERl cd
湘南新宿ライン
vSTR red
POINTERl cd
宇都宮線上野東京ライン
vSTR red vSTR saffron
POINTERl cd
京浜東北線
vSTR red+GRZq vSTR saffron+GRZq vSTR azure+GRZq
蕨市 ↑
川口市
vSTR red vSTR saffron vSTR azure
vSTR red vSTR saffron vSTR+BSm azure
vSTR red vSTR saffron vSTR+BSm azure
駅舎
v-SHI2+l red vSHI2r-STR red vSTR saffron vSTR+BSm azure
dSTR red vSTR saffron vSTR azure d
v-STR red vÜSTr red vSTR saffron vSTR azure
vhSTRa-STR red vSTR saffron vSTR azure
vhSTRl-STR red mvKRZh saffron+red mvKRZh azure+red
旧・連絡線
vSHI2l- red dSTR red vSTR saffron
hvSTRe- red d
(現在は事業用車両専用)
vSTR- red

 上野東京新宿横浜大船方面

業務委託駅JR東日本ステーションサービス委託)[1]。川口駅の被管理。島式ホーム1面2線を有する地上駅橋上駅舎を備え、1階がホーム、2階がコンコースと自由通路になっている。みどりの窓口(営業時間7:00 - 21:00)と自動改札機が設置されている。東口側駅舎に5階建ての駅ビルbeans にしかわぐち」が併設されている。

近隣の川口駅蕨駅よりも後から設置された駅であり、ホームの幅は狭い。そのため、バリアフリー工事では階段の幅を削ってエスカレーターを設置することができず、階段から離れた場所にエスカレーターを設置した。現在はエレベーターが設置されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 JK 京浜東北線 南行 上野東京横浜磯子大船方面
2 北行 浦和大宮方面

かつては川口駅近くに貨物駅が存在していた。その貨物駅は撤去され、「キュポ・ラ」として再開発されたが、一部部分は駐車場や保守基地となっている。南側に存在するオーバークロスも東北貨物線からこの貨物ホームへの連絡線の跡である。

発車メロディは、2013年11月10日から2014年1月10日まで「川口市民歌」を使用していた[2]

利用状況[編集]

2016年(平成28年)度の1日平均乗車人員19,444人である。埼玉県内のJRの駅では、大宮駅浦和駅川口駅南越谷駅北朝霞駅蕨駅南浦和駅に次いで第8位である(JR東日本全体で86位)。

JR東日本および埼玉県統計年鑑によると、近年の1日平均乗車人員の推移は以下の通り。

年度別1日平均乗車人員[統計 1][統計 2][統計 3]
年度 1日平均
乗車人員
出典
1990年(平成02年) 62,477
1991年(平成03年) 63,549
1992年(平成04年) 63,980
1993年(平成05年) 62,862
1994年(平成06年) 61,179
1995年(平成07年) 60,039
1996年(平成08年) 60,196
1997年(平成09年) 59,051
1998年(平成10年) 57,980
1999年(平成11年) [JR 1]57,328 [* 1]
2000年(平成12年) [JR 2]57,183 [* 2]
2001年(平成13年) [JR 3]53,910 [* 3]
2002年(平成14年) [JR 4]53,159 [* 4]
2003年(平成15年) [JR 5]52,905 [* 5]
2004年(平成16年) [JR 6]52,882 [* 6]
2005年(平成17年) [JR 7]51,243 [* 7]
2006年(平成18年) [JR 8]50,192 [* 8]
2007年(平成19年) [JR 9]50,447 [* 9]
2008年(平成20年) [JR 10]50,917 [* 10]
2009年(平成21年) [JR 11]50,985 [* 11]
2010年(平成22年) [JR 12]51,234 [* 12]
2011年(平成23年) [JR 13]50,522 [* 13]
2012年(平成24年) [JR 14]51,497 [* 14]
2013年(平成25年) [JR 15]53,069 [* 15]
2014年(平成26年) [JR 16]53,326 [* 16]
2015年(平成27年) [JR 17]55,051 [* 17]
2016年(平成28年) [JR 18]55,919 [* 18]

駅周辺[編集]

東口[編集]

ロータリーを挟んで、FESTと呼ばれる駅前ビルが建っている(2006年2月、パチンコ店「GOLD ON」、ネットカフェ「知・好・楽」などを新テナントとして再オープン)。また、川口オートレース場青木町公園総合運動場SKIPシティイオンモール川口前川、ライブハウス「ハーツ」へのアクセスにも利用される。また、街頭ビジョンが設置され、CM映像が放映されている。

東口駅前並木地区には西川口東口合格通り商店会がある。並木商店会の商店を中心に、2009年5月より「アトム通貨」の運用をスタートした。

官公庁[編集]

郵便局[編集]

  • 川口並木郵便局
  • 川口青木郵便局

学校[編集]

商業[編集]

病院[編集]

  • 今井病院
  • 齋藤記念病院
  • 益子病院
  • 岡崎病院
  • 寿康会病院
  • 西川口病院
  • 埼玉厚生病院
  • 鳩ヶ谷中央病院
  • はとがや病院

公園・運動場[編集]

西口[編集]

路線バス[編集]

すべて国際興業バスによって運行されている。

東口発着[編集]

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行事業者 所管 備考
東口 1 西川01 オートレース場裏・鳩ヶ谷庁舎・昭和橋 鳩ヶ谷公団住宅 国際興業 鳩ヶ谷 深夜バスのみ(平日・土曜23:35発)
西川07 六円橋・前川・伊刈消防署・北園住宅 東浦和駅
西川06 六円橋・地蔵橋・道合・医療センター 新井宿駅 平日朝8・9時台発のみ
西川07-2 六円橋・前川 伊刈消防署 平日21:02発、22:35発の2便
西川11 六円橋・地蔵橋・前川 網代橋循環 平日朝6時~8時台
六円橋・前川住宅・網代橋 平日夕方17時~21時台
2 西川05 オートレース場前・南鳩ヶ谷駅入口 市立高校循環 川口
西川05-2 オートレース場前・南鳩ヶ谷駅入口・南平福祉会館 朝日5丁目
3 西川04 オートレース場裏・鳩ヶ谷庁舎・慈林・安行支所・安行花山下・戸塚安行駅 東川口駅南口 鳩ヶ谷
西川04-2 オートレース場裏・鳩ヶ谷庁舎・慈林・安行支所・安行花山下・赤芝入口 鳩ヶ谷車庫(赤山) 毎日21:10発、22:10発の2便
4 西川01 オートレース場裏・鳩ヶ谷庁舎・昭和橋 鳩ヶ谷公団住宅 深夜バスを除く
5 西川08 イオンモール川口前川・上青木交番・総合高校 上青木循環 川口
総合高校・上青木交番・イオンモール川口前川
西川09 総合高校正門 SKIPシティ循環 鳩ヶ谷 平日朝・夜のみ
赤11 蕨駅東口 南浦和駅西口 戸田 深夜バス・降車専用
深夜急行 ミッドナイトアロー南浦和・東浦和 東浦和駅 鳩ヶ谷 深夜バス・降車専用
西川100 直通 川口オートレース場 川口 レース開催日のみ
入口   川口02 SKIPシティ・医療センター・鳩ヶ谷中央病院 青木線:鳩ヶ谷駅東口 川口市コミュニティバス
みんななかまバス
鳩ヶ谷 平日・土曜のみ
リボンシティ 青木線:川口駅西口 平日・土曜のみ

1・2番のりばは東口駅前ロータリー内に、3~5番のりばは駅東口から徒歩3分程の少々離れた場所にある。これは東口ロータリーが狭いために本数の少ない系統及び当駅始発の深夜バスが1・2番乗り場を利用し、比較的本数の多い系統は3~5番乗り場を利用しているからである。 西川100は武蔵野銀行前の専用乗車所から乗車する

※①:5番停留所到着便のうち、「赤11」(赤羽駅東口発)と「深夜急行バス」(池袋駅西口発)路線は、降車専用のため乗車不可。

※②:西川口駅入口バス停=西川口駅を背にして、産業道路「西川口駅入口」交差点を左折し少々進む。

埼玉高速鉄道線が開業するまでは旧鳩ヶ谷市や川口市北部の住民の最寄り駅であり、当駅まではバスにてアクセスをしていたため、国際興業バス屈指のドル箱路線であった。特に平日の朝の時間帯は西川01鳩ヶ谷公団住宅~天神橋~西川口駅東口線や西川04もしくは西川04-2だけでは供給が足りず、西川02鳩ヶ谷ターミナル~西川口駅、西川03変電所~西川口駅線を運行し補充した。埼玉高速鉄道線の駅ができてからは、ややそちらに利用を変更した傾向がある。

西口発着[編集]

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行事業者 所管 備考
1 西川61 上戸田福祉センター・五差路 下笹目 国際興業 戸田
西川63 上戸田福祉センター・五差路 戸田公園駅西口
西川62 上戸田福祉センター・戸田駅入口・医療保健センター・戸田車庫 北戸田駅
2 西川64 南町2丁目・中央浄水場 蕨駅西口
3 川51 原町 川口駅西口 川口

西口の全乗り場は西口ロータリー内にある。

隣の駅[編集]

JR logo (east).svg 東日本旅客鉄道
JK 京浜東北線
快速・各駅停車
川口駅 (JK 39) - 西川口駅 (JK 40) - 蕨駅 (JK 41)

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

JR東日本の1999年度以降の乗車人員
埼玉県統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]