篠瀬三十七

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
篠瀬 三十七
プロフィール
リングネーム 篠瀬 三十七
本名 篠瀬 晃
身長 170cm
体重 100kg
誕生日 (1975-03-04) 1975年3月4日(43歳)
出身地 東京都北区
所属 ASUKA PROJECT
トレーナー 永田克彦
桑原弘樹
TAJIRI
デビュー 2012年7月15日
テンプレートを表示

篠瀬 三十七(しのせ みとしち、1975年3月4日 - )は、日本プロレスラー。本名:篠瀬 晃(しのせ あきら)。

大手企業のサラリーマンを経て37歳という高齢でデビューした異色のプロレスラーでリングネームも年齢に因んでいる[1]。その経験を活かしてデビューしたWNCではフロント業務も兼務していた[1]

経歴[編集]

早稲田大学法学部を卒業後はヨドバシカメラ富士通の販売職を経て、派遣会社の管理職として勤務[2]

一方、2010年7月に趣味で永田克彦が主宰する格闘スポーツジム「レッスルウィン」に入門するも練習中に「左ひざ前十字靭帯断裂・半月板損傷」のケガを負い、それが原因で8月に勤務先より解雇。

9月、江崎グリコプロダクトマネージャーで全日本プロレスのコンディショニングコーチも務める桑原弘樹より指導を受け肉体改造に着手。

同年に母が他界し、さらに娘の後押しもあり、幼少期から夢見ていたプロレスラーを目指すことに決める[2]

その後、ユニオンプロレスZERO1の入門テストを受験するがいずれも不合格。

2011年2月、サラリーマンからプロレスラーに転じたTAJIRIが主催するSMASHトレーニングキャンプに参加。2012年に2度プロテストを受験するが続けて不合格。TAJIRI曰く「でんぐり返しもできなかった」[1]

4月5日、TAJIRI以下元SMASH所属全選手、レフェリー、他の練習生とともに、新団体「Wrestling New Classic」に移籍[3]

6月、新宿FACEにて児玉ユースケ(現:児玉裕輔)相手に3度目のプロテストを行い、合格を果たした[2]

7月15日、後楽園ホール大会にて対児玉ユースケ戦でデビュー。

8月30日、後楽園大会に黒潮二郎から9戦目で初勝利を挙げる[4]

12月27日、第1回デーブ・フィンレー杯で優勝。

2014年1月11日、シアター1010にて自主興行「感謝」を開催。

1月30日、裏方業務ももっとやりたいとWNCを退団して「ASUKA PROJECT」を構え、個人プロモーション業務をスタートさせる。「ASUKA」は地元の名所、飛鳥山に由来。個人商店のようなもので年内に法人化させる予定。WNCのフロントを離れるだけで選手としては限定参戦と言う形でWNCに上がる予定でASUKA PROJECT主催興行にWNCの選手も参戦する[5]

3月4日、天龍プロジェクト初参戦。蛟龍にもエントリー。しかし左肘の剥離骨折によりリーグ戦は途中辞退となる。

3月16日、新木場1stRINGにて行われるRay自主興行にて、地元の王子を拠点に活動するプロレスリングHEAT UP代表の田村和宏とシングルで対戦。

3月23日、「ASUKA PROJECT」主催の興行をBASEMENT MONSTAR(前出のHEAT UPの本拠地)で開催。大物レスラーとして折原昌夫が参戦した。さらにRay、佐藤光留、中川ともか、田村に加え前所属であったWNCの高橋匡哉ホライゾンも参戦。また、この興行はBASEMENT MONSTARで最多観客動員数を記録し、4月にも同会場にて「ASUKA PROJECT Vol.2」を開催した。同月、ASUKA PROJECTは株式会社飛鳥として法人化され、代表取締役社長に就任した。

8月24日、KAIENTAI DOJO初参戦。TKPガーデンシティ千葉にて洞口義浩&日向小陽の元WNCトリオとして、リッキー・フジ&NASUバンデラス&バンビと対戦、しかし、洞口がリッキーのハードロックにギブアップしてしまう[6]

9月28日、ガンバレ☆プロレス初参戦。西調布格闘技アリーナにて木藤裕次との元WNC軍として大家健&浪口修組と対戦するが、木藤がフォールされ敗れる[7]

10月26日、ASUKA PROJECT vol.7にてASUKA PROJECTベルト争奪トーナメント決勝戦でウルフ智也を破り優勝。

11月3日、K-DOJO後楽園ホール大会にて本田アユム相手にASUKA PROJECT選手権の初防衛戦を行い、防衛成功[8]。2015年3月22日、横浜にぎわい座大会にてウルフ智也に敗北。王座を手放した。

得意技[編集]

バズーカエルボー
ネックブリーカー
河津落とし

入場曲[編集]

  • 37のテーマ

タイトル歴[編集]

  • デーブ・フィンレー杯優勝
  • ASUKA PROJECT王座

ASUKA PROJECT[編集]

株式会社飛鳥
Asuka Co., Ltd.
種類 株式会社
略称 ASUKA
本社所在地 日本の旗 日本
114-0021
東京都北区岸町1-2-9
ハウズM1
設立 2014年4月29日
業種 サービス業
事業内容 プロレス興行
関連企画の運営
代表者 代表取締役社長 篠瀬晃
関係する人物 篠瀬三十七(創業者)
テンプレートを表示

ASUKA PROJECT(アスカ・プロジェクト)は、東京都を中心に活動しているプロレス団体。運営は飛鳥。

団体名の由来[編集]

代表の篠瀬晃の地元東京都北区の名所「飛鳥山」に由来。

歴史[編集]

  • 2014年1月30日、篠瀬三十七が設立。
  • 3月23日、BASEMENT MONSTERで飛鳥の主催興行「ASUKA PROJECT」を開催。
  • 6月22日、ASUKA PROJECTを団体化してBASEMENT MONSTERで旗揚げ戦を開催。

タイトル[編集]

  • ASUKA PROJECT王座

所属選手[編集]

スタッフ[編集]

レフェリー[編集]

リングアナウンサー[編集]

過去の所属選手[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

ASUKA PROJECT