浪口修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
浪口 修
プロフィール
リングネーム 浪口 修
どっこい浪口
本名 浪口 修
ニックネーム どっこい魂
身長 174cm
体重 85kg
誕生日 (1980-08-30) 1980年8月30日(37歳)
出身地 福岡県北九州市
所属 フリー
スポーツ歴 ラグビー
トレーナー 高岩竜一
デビュー 2003年11月7日
テンプレートを表示

浪口 修(なみぐち おさむ、1980年8月30日 - )は、日本プロレスラー福岡県北九州市出身。現在はフリー、以前はZERO1に所属していた。

来歴[編集]

2年間練習生を務めるもなかなかデビューできず。2003年11月7日、金村キンタローと大流血のデビューを果たした。

スペルクレイジーを師匠にルチャのムーブを覚え、ますます波にのる。2004年12月の打ち上げ興行で、不動力也から生涯初のピンフォールを奪う。2005年8月24日、WWA世界ジュニア・ライトヘビー級選手権にてフェロッソよりドリームキャッチにて勝利し、見事チャンピオンとなるも、同月31日、奮闘むなしく中嶋勝彦のジャーマン・スープレックス・ホールドに敗れ王座陥落。その後も高西翔太にフォールを奪われる、プロレスリング・ノア所属の若手・青木篤志に良いところ少なく連敗するなどスランプが続く。

2007年5月6日、日高郁人と組んでディファカップの3位だったが、その3位の盾をヘラクレスオオ千賀に取られてしまい、8月23日に髪の毛をかけた試合に挑んだが敗北し坊主になった。

2009年10月24日、後楽園ホール大会に於いてデビュー戦の相手である金村キンタローとのハードコアマッチを最後に引退した。

2009年12月27日、地下プロレス団体「EXIT」のメイン、高岩竜一&ジョータvs梅沢菊次郎&浪口修で復帰、ミルホンネットでその様子が掲載された。

2010年8月10日、東京愚連隊自主興行、田島久丸&南野たけしVS菅原拓也&浪口修よりプロレスラー正式復帰、記者会見では今後フリーとして新日本やノアへの参戦を希望した。

2013年はガンバレ☆プロレスにて大家健代表らと抗争を繰り広げる。今までいじられ役だったのがここでは小笠原和彦と組んでヒールとして活躍している。今では、ばってん多摩川(ここでのリングネームは:バッドテンションTAMAGAWA)を仲間に加えた。

2015年現在ガンバレ☆プロレスを中心に参戦中。TAMAGAWAの福岡帰郷や大家からの共闘の要望により現在はガンプロ軍で戦っている。

得意技[編集]

浪口落とし
雪崩式の高角度前方回転エビ固め。メキシコ修行後に使い始めた。
ドリームキャッチ
コーナートップからの回転エビ固め。
ジャーマンキラー
中嶋勝彦の秘密兵器。わざと相手にバックをとらせ、木戸クラッチのようにゴロンと丸め込む。
デラックスボンバー
相手の体を旋回させながら相手の背中をマットへ叩きつける。ディーロブラウンのカミカゼと似た技。

タイトル歴[編集]

WWA
  • WWA世界ジュニア・ライトヘビー級王座 : 1回

入場曲[編集]

外部リンク[編集]