バンビ (プロレスラー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バンビ
バンビの画像
プロフィール
リングネーム バンビ
「昭和」子
本名 非公開
ニックネーム 女王様
身長 170cm
体重 82kg
誕生日 (1977-09-21) 1977年9月21日(40歳)
出身地 東京都岩手県久慈市生まれ)
所属 KAIENTAI DOJO
デビュー 2004年1月12日
テンプレートを表示

バンビ1977年9月21日 - )は、日本の女子プロレスラー岩手県久慈市生まれ[1]東京都出身。KAIENTAI DOJO所属。身長170cm、体重82kg。

佑天寺うらん」という名でも活動(イラストレーターなどで)。

DDTプロレスリング「昭和」子。KAIENTAI DOJOに移籍後、バンビとして再デビューした。

KAIENTAI DOJO所属選手の中で唯一の女性レスラーでありながら、男性レスラーをも震え上がらせる女王様キャラである。

来歴[編集]

元々はJWP女子プロレス(団体名は長らく伏せられていたが、2010年にバンビ自らTwitter上で明かし、JWP初参戦の際にも公式で触れられた[2])の練習生だったが、対人恐怖症になってしまい自主退団。その後、DDTの練習生となる。

2002年
2004年
2005年
  • 1月、自分の道を歩むべく起死回生でDDTを退団。その後、KAIENTAI DOJOの練習生となる。
  • 5月21日、千葉県・Blue Fieldにおいて、対お船中川ともか組戦で再デビュー(パートナーはアップルみゆき吉田万里子のアドバイスで素顔でファイト、そしてバンビと名乗る。
2006年
  • 3月の「息吹」から白のワンピースの水着でファイト。一部マスコミからは「ワンピ姫」と呼ばれる。
  • 12月、旭志織大石真翔YOSHIYAMIYAWAKIとヒールユニットΩオメガ結成。ヒールへ転向、黒長髪、ヒールメイク、ボンデージと「女王様」スタイルへ変貌する。
2007年
  • ケガにより長期欠場。その後週刊プロレスのレスラー名鑑にて家庭の事情で欠場であることが明らかにされた。
2008年
  • 3月8日のBF大会に突如乱入。4月13日後楽園ホール大会で復帰。
  • 5月4日、「ハードコアレディース 〜退かない女たち〜」で初の有刺鉄線デスマッチを行う。
    復帰時から、ナチュラルメイクとなり、ファンからの「女王様」コールが浸透する。
  • 週刊プロレス6月4日号にて、結婚(2011年に離婚)ならびに前年11月に第一子を出産したことを公表。
2009年
2011年
2012年
  • 所属するK-DOJOとREINAの提携によりREINAにレギュラー参戦。他に頑固プロレスにて「頑固反逆同盟」の一員として参戦。
2013年
  • WNCにて真琴率いる「私立・プロレス学園」に加入。
2014年
  • ダイエットを始めスリムになる。しかし期限内にダイエットで成果を見せることができずに火野裕士との罰ゲームのシングルを敢行される。
2015年
  • 自身がプロデュースする「神姫楽(かぐら)プロジェクト」を立ち上げ。

得意技[編集]

  • ダイビングセントーン
「昭和」子時代の2004年8月1日に初披露、この技で木村ネネを破り初勝利を挙げる。フォームが金村キンタローの爆YAMAスペシャルに酷似。
バンビの使うムーンサルトプレスは、殆ど飛ばずに後ろにひっくり返る為、通常のムーンサルトに比べかなり低空である。そのため自分の頭がマットすれすれを通過するので、見ている側は一瞬「失敗したのではないか」とヒヤヒヤする。
そんなムーンサルトプレスに代わり、最近はダイビングセントーンと共に2大必殺技として多用。背後から打ってくることやスタンディング式もある。
ハイキック。

タイトル歴[編集]

入場テーマ曲[編集]

  • 「Hero」(Papaya)<「昭和」子時代>
  • 「COME」(THE MACHINE GUN TV)※キングレコード「KAIENTAI DOJO 2」に収録
  • 「Crystal Garden」(MARBLE TRAVELERS)
  • Hot Ride(The Prodigy) 「ブラックダリア テーマ曲」

神姫楽プロジェクト[編集]

神姫楽プロジェクトは、バンビがプロデュースする「音楽とプロレスの融合」をテーマにしたプロジェクト。メンバーはバンビら女子プロレスラーに女性シンガーソングライターが参加、レフェリー・リングアナウンサーなども女性限定。女子練習生も募集。

2015年1月3日、設立発表[3]。複数回のプレイベントを経て、5月14日に新宿FACEで旗揚げ[4]

当初バンビが代表を務めていたが、6月からKAIENTAI DOJO代表のTAKAみちのくが当プロジェクト代表も兼任することになった[5]

参加メンバー[編集]

プロレスラー[編集]

パフォーマー[編集]

メディア出演[編集]

テレビ[編集]

写真集[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]