房総ボーイ雷斗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
房総ボーイ雷斗
プロフィール
リングネーム 房総ボーイ雷斗
農業ボーイ雷斗
X No.2
本名 非公開
身長 自由自在
体重 自由自在
誕生日 生年不明9月1日
出身地 千葉県房総半島(及び岩手県紫波郡
所属 KAIENTAI DOJO
トレーナー TAKAみちのく
デビュー 2002年7月3日
テンプレートを表示

房総ボーイ雷斗(ぼうそうボーイらいと、生年不明9月1日 - )は、日本覆面レスラー

経歴[編集]

  • 2002年、「X No.2」というリングネーム7月3日vsサンボ大石戦にてデビューした。X'sに所属していたが解散したため姿をくらます。
  • 「房総ボーイ雷斗」と姿を変えて新キャラとして登場し、いきなりデビュー戦からベルトに挑戦と破格の扱いの新人であったが技と背格好が「X No.2」と酷似していたため正体はすぐバレた。
  • 2006年6月、房総ボーイレフトと「房総ヒーローズ」を結成。
  • 12月30日に開催された「UWAI STATION」に真霜拳號とのタッグで参戦し、ディック東郷&マグニチュード岸和田と対戦した。
  • 現在はプロレス活動を縮小しており、現在岩手県柴波町にて農家との兼任レスラーとしてみちのくプロレス、K-DOJO東北大会に限定参戦している。その際、試合会場にて野菜を売っている。みちのくプロレス参戦時は農業ボーイ雷斗のリングネームに変わる。 

タイトル歴[編集]

得意技[編集]

ライトニングスパイク
相手の頭を肩口にとらえてからコーナーを駆け上りリング内に旋回しながら放つ変形のダイヤモンド・カッター。X NO.2時代はXスパイクという名称であった。
ライトニングストーム
パイルドライバーの頭を体勢にとらえてから相手ごと自らの体を前宙させて放つ変形のパイルドライバー。
ライトニングキック
スワンダイブ式ライダーキック。必ず技名を叫びながら行う。
ライトニングストレート
プロレスにおいては反則技。技名を叫びながらストレートパンチを打ち込む。アッパーやボディブローもある。
ライトニングナックル
マウントポジションからのパウンド。勿論反則であるが、「こいつはなー、悪い奴だから殴っていいんだ!」と言って自身の行為を正当化しようとする。
ローリングソバット
試合開始時、相手に握手を求めてからすかさず奇襲攻撃をする時に使用する。握手を求める段階から右足が怪しい動きをしているので、対戦相手からツッコまれるというお決まりのやりとりが展開される。

入場テーマ曲[編集]

  • 初代:「Keep it Suitefied」(Y.Takeya)※「KAIENTAI-DOJO vol.2」に収録
  • 2代目:「ライトニングスパイク」(A1-joko)※キングレコード「KAIENTAI DOJO 2」に収録

特記[編集]

  • 好きな食べ物はアロエヨーグルト(ナタ・デ・ココ入り)、かつおのたたき、プッチンプリン、雪苺娘。
  • 好きな有名人は若槻千夏
  • 雷斗の試合前にはDJニラ等がお客を襲撃しようとしているところに、「待て〜い!」という声と共に二階席から登場するのがお約束になっている。しかし、「今から成敗しに行くから待っていろ!」と言って階段で一階まで降りていく間にお客はやられているため、救出したためしが無い。
  • ズル勝ちしても「これが私の正義だー!」の決め台詞を使い、無理やりその場を締める。
  • 新日本プロレス所属のミラノコレクションA.T.とは、中学校の同級生である。

テレビ出演[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]