高木三四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高木 三四郎
Sanshiro Takagi
高木 三四郎Sanshiro Takagiの画像
プロフィール
リングネーム 高木 三四郎
アイム・ファッ●ン・チョーノ・サンシロー
高木三四郎ビンセブン
本名 高木 規
ニックネーム 和製ストーンコールド
燃える大社長
業界一大人げない社長
身長 175cm
体重 105kg
誕生日 (1970-01-13) 1970年1月13日(46歳)
出身地 大阪府豊中市
所属 DDT
代表取締役社長
トレーナー 鶴見五郎
デビュー 1995年2月16日
vs トラブルシューター・コウチ
テンプレートを表示

高木 三四郎(たかぎ さんしろう、男性、1970年1月13日 - )は、日本プロレスラー。本名:高木 規(たかぎ ただし)。株式会社DDTプロレスリング代表取締役社長。株式会社GENスポーツエンターテインメント最高経営責任者

来歴[編集]

大阪府豊中市出身。幼少期の高木はテレビっ子であり、物心ついたころから『ロンパールーム』にハマっていた。子供の頃は人形を集めたり、近所の友達と野球やサッカーをやったりすることはなかった。幼稚園のお遊戯で「にこちゃん」と「こまったちゃん」(いずれもロンパールームの番組内におけるミツバチを擬人化したキャラクター人形)の2つを真似する時に時に決まって「こまったちゃん」のチームに入れられるなど、やんちゃなお調子者であり、活発な子供であった。そんなある日、父親の仕事場であるテレビ局のスタジオに連れて行かれ、仕事をしている父親の姿を見るうちに自分の親がテレビ番組を作る仕事をしていることを子供心に理解する。毎日放送の技術部に勤める父は忙しかったためどこにも遊びに連れて行く時間がなかったが、その代わりに職場に我が子を連れるようになった。友達と遊んだりおもちゃをいじったりするよりもずっとおもしろかった高木は、テレビに映るスポットライトが当たる世界よりも、その裏にある制作現場に憧れるようになる。一方でプロレス中継も見るようになり、「オープンタッグ選手権」のファンクスvsアブドーラ・ザ・ブッチャー&ザ・シーク戦が高木の原体験になった。特撮やアニメと同じ感覚でこの一戦を捉えた高木は翌日学校でプロレスごっこを始めた。小学生の時点でプロレスをやる上での”流れ”を意識しており、ごっこではあるが全体を見てショーを構築するプロデュース肌が発揮されていた。この時点で将来はプロレスラーになると夢を持ち、そのためには何かスポーツをやらなければならないと思ったが、中学には柔道部がなかった[1]

関西大倉高校に進学した際には先輩も同期もプロレス好きで固まった柔道部に入部した。顧問の先生が老齢で休みがちなことをいいことに柔道部では好き勝手していたと伝わっており、柔道の受け身などをロクにやらず、バックドロップやブレーンバスターで投げられることでバンプを身に着けていった。柔道場での練習はプロレス技ばかりであり、部は柔道部を装ったプロレス部というべき様相を呈していた。実際に柔道の昇段試験で高木はバックドロップを決めて一本勝ちしている。柔道をやっていたとの意識はまるでなく、3年間大好きなプロレスをやったつもりでいた[1]

高校卒業後は駒澤大学に進んだが、駒大には学生プロレス部がなく、まずプロレス観戦を熱心に行った。1988年、新生UWFが旗揚げした春に、当日券狙いで前日の夕方から後楽園ホールの外へ並んでチケットを買ったこともある。この時一緒に徹夜したのが中島修明(元DDTスタッフ)である。UWF関係では、鈴木健(のちのUインター取締役)が用賀で経営する文房具店のアルバイトの女子大生が同じ講義に出ていて知り合いとなり、旗揚げ3戦目の有明コロシアム大会のチケットを取ってもらった。前田vsジェラルド・ゴルドー戦で前田がゴルドーを裏アキレス腱固めで下したのに影響されてプロレス好きの連中の間で真似して、それに前後して大久保のスポーツ会館でサンボを習いに行った時期もあった。現在のファイトスタイルに生かされてはいないが、萩原幸之助から1年ほどサンボの技術を学んだ。大学3年生の頃、ちょうどプロレス熱が冷めて幼少期のテレビっ子ぶりが姿を見せるようになった。東京へ行ったらテレビに出たいとの願望があった高木は、大学の「テレビ番組研究会」に入会したのがきっかけで、スタジオ観覧車やエキストラを派遣するようになる。これを続けるうちに、メンバーの中から「自分たちでイベントを開催したい」と主張する者たちが出てきて、ある日麻生十番の「マハラジャ」で開催されたディスコパーティーに誘われて行ってみた時に、人が集まって一体になって盛り上がるイベントをお金を儲けたいという意識は二の次で開催したいと思い、こうして在学中に芝浦で手がけたイベントで3,000人の集客に成功する[2][1]

その後次々とイベントを手掛け、すでにプロレスラーになりたいとの意識は跡形もなく消えていた。既にどのディスコに行ってもVIPルームに通され、大手テレビ局のプロデューサーや芸能関係者から一目置かれる存在となっており、このままイベントプロデューサーの道に進むかと思われていた。肉体的には何ら身になることはなかった時期だが、代わりにプロデュース力、イベント成功させるノウハウ、さらには観客論と言った文科系の方で得たものはこの頃が最も大きかった。これについて高木は「ジュリアナ東京を使って飯島愛のイベントをやった時に、モニターがあるから使おうとなってオープニングVを作って流したのが最初でした。エンディングも、曲を流して盛り上がって終わりだったのを、自分たちはエンドロールを流してバラードチックな曲で締めたんです。だからDDTを始めて日本のプロレスで初めて本格的に映像を使ったのも、僕からすれば特別なことではなくてそれが当たり前な感覚だったんですよね。こうしたアイデアの元ネタは、やっぱりテレビであり、映画。ホイチョプロの作品やトレンディードラマって、最後はそういう感じでおわるじゃないですか」と後に語っている[1]

ところがプロレスの磁力は思わぬ形で高木を引き寄せる。大学を休学し、アメリカを短期間流浪した後も「やめたくない」と大学を留年していたところブレーメン大島に出会い、横浜市鶴見区の屋台村・ヨンドンで定期的に行われていた屋台村プロレスの広報スタッフとしてプロレスに携わることになる。1994年3月に留年を続けていた大学を卒業、同年8月にIWA格闘志塾に入門、屋台村プロレスに参加。屋台村プロレスで試合をしており、12月31日の鴨井長太郎との試合でデビューを果たしているが、屋台村プロレスは正式な記録を取っていないため、正式デビューは翌1995年2月16日のPWC渋谷大会におけるトラブルシューター・コウチ(現:高智政光)とされていることが多い。屋台村でデビューしてからも、イベント活動は続けていたが、サークル仲間からは「高木さん、なんでプロレスなんかやるんですか?そんなの儲からないじゃないですか。何千人と集めることができる高木さんが屋台村なんてところで酔っ払い相手にプロレスって…」と呆れられていた。金銭的にも居心地の良さ的にもイベントプロデューサーの道を選択した方が賢明なのは明白であったが、これに関して高木は「自分の中では、プロレスとサークルは分けていたんです。理由のひとつとしては、例の『スーパーフリー』が世間を騒がせたので、同じに見られたくなかった。僕らの時代ではあんなのは考えられなかったことで、スーパーフリーはそのあとの世代になるんです。僕らは純粋に何人集められるか、集めた人間をどれだけ楽しませられるかで頑張っていた。あとは…本当に維持だけでしたね。認められていないという現実が悔しくて。イベントとかディスコに行けばVIPルームに通されていた自分がプロレス界では一平卒で、業界からも同業者からも黙殺されて。それって、俺の人生ではないな…との思いが強かったんです」と答えている[1]

1996年にPWCへ移籍するも、すぐにフリーとなる。この年、第41回衆議院議員総選挙神奈川県第9区から自由連合公認で立候補するも落選(この時の選挙ポスターは、ハードコア戦で「精神的な凶器」として使われる事がある)。

1997年にDDTプロレスリングの旗揚げに参加、以降エースとして団体を盛り上げる。

2000年12月14日、KO-D無差別級王座を獲得。2003年1月31日、KO-Dタッグ王座獲得(パートナーは橋本友彦)。

2006年1月29日に社長争奪ロイヤルランブルを制し、DDTの社長に就任。以後は「大社長」の肩書きで、DDTの成長に力を注いだ。鈴木健想(現KENSO)と電流爆破マッチを敢行する。

2008年4月、初の著書「俺たち文化系プロレスDDT」(太田出版)を出版。そのプロモーションとして東京・中井の伊野尾書店にて「本屋プロレス」を行う。(対戦カードは高木三四郎×飯伏幸太)。

2008年12月、後楽園大会でHARASHIMAを相手にKO-D無差別級選手権を防衛した直後、翌2009年8月にDDT初の両国国技館大会開催を発表。「自分たちのなかで限界を作ってたんじゃないのか?そんなことやったって上に行けないんだよ!限界を作ってたらなにもできないよ!」と団体創設以来初のビッグマッチ開催への意気込みをマイクで語った。

2009年8月、DDT初の両国国技館大会「両国ピーターパン 〜大人になんてなれないよ〜」を開催。8865人(超満員札止)の観衆を集め、見事成功を収める。この年米国のプロレス業界紙「レスリング・オブザーバー」のレスリング・オブザーバ・アワード2009のベストプロモーター部門第2位に選ばれた。

2010年2月11日KO-Dタッグ獲得。パートナー澤宗紀の意向により初防衛戦をスポンサーの工場(宮地エンジニアリンググループ)で行い防衛成功(vs GENTARO中澤マイケル)。試合後、対戦相手のGENTAROから、「葛西純どころじゃねぇ!本物のキチ○イだよ!」と言われた。

2010年9月26日、マッスル坂井との引退セレモニーランブル(敗者は即日引退)に敗れ、現役引退。同時に、翌日の現役復帰を宣言。

2010年10月7日、DDT48総選挙結果発表の場において、同年12月を持って傘下団体のユニオンプロレスに移籍することを発表。ユニオンへは「TKG48」として乗り込む。その後、2011年限りでDDT社長として「武道館ピーターパン」の準備に集中するためユニオンでの活動を休止し、TKG48も解散。

2012年からは、社長であるにもかかわらず「DDTには反体制が足りない」と宣言。「反体制軍」を結成し、DDTゼネラルマネージャー鶴見亜門と対立。その後反体制軍は「nWJ(new World Japan)」に発展。高木曰く「日米の反体制ユニット、維新軍nWoをミックスしたユニット」。最高顧問には元WJプロレス永島勝司を迎えた。現在は、大鷲透平田一喜と共に3人組ユニット『T2ひー』の一員として活動中。

2015年5月5日、WRESTLE-1の最高経営責任者に就任[3]

2016年12月4日、高木の強い希望によりエディオンアリーナ大阪 第一競技場大会にてオープニングアクトに越前屋俵太の出演を懇願し10月に越前屋を発見し交渉し越前屋とオープニングでの共演を予定している。

人物[編集]

  • 文化系の発想を基に、様々な分野、角度からプロレスに光を当て、情報を発信し続けることによって、団体の知名度と規模を拡げることに成功。「ドロップキック」「フレンチカレーミツボシ」「エビスコ酒場」といった飲食店経営や「ベストストレッチ」といったストレッチ専門店のジャンルにも乗り出すなど、業界屈指のアイディアマンである(飲食店店長は主に所属選手。試合のない日は選手が店員として働いている)。
  • WWEストーン・コールド・スティーブ・オースチンを誰よりも崇拝し、必殺技にもその影響が強い。かつてフジテレビで放送された『WWEスマックダウン』にレギュラー出演し、スタジオでの解説(試合の実況解説ではない)を務めた。またオースチン初主演の映画『監獄島』が2009年に日本で公開されたときは特別宣伝部長に就任。他にもWWEの日本興行の際、スタッフの計らいで解説席からストーン・コールド本人とビールを飲み交わすなどしている。
  • 家財道具(ロッカー等)を使ったハードコア戦が得意。
  • 2008年の本屋プロレスを皮切りにリングを組まずにプロレスを行う「路上プロレス」をスタートさせ、DDTの名物興行にした。キャンプ場、商店街、商業ビル、公園、工場、遊園地、ロックフェス会場などで試合を行った。
  • 大日本プロレス伊東竜二とは「恐妻同盟」という同盟を組んでいる。
  • メカマミーの正体である事を暗示する演出が度々行われている(メカマミーの武器であるロケットパンチ、ドリルの使い方に手慣れている、など)。
    • 高木三四郎 → 主人公「東三四郎」に由来。
    • DDT → 東三四郎が立ち上げた団体名「ドリームチーム」に由来(但し実際に立ち上げたのは東三四郎の友人であり、ライバルだった五頭信で、三四郎は五頭の頼みで「ドリームチーム」に加わり、同団体の発展に大きく貢献した。DDTは「Dramatic Dream Team」の略)。
    • ビアガーデンプロレス → 「ドリームチーム」興行の一つ「屋台村プロレス」に由来(選手たちが屋台で料理を提供しながら試合もこなす)。
  • 2012年にDDTが女子プロレス事業部「東京女子プロレス」を設立するに当たりかつて全日本女子プロレスで掲げていた「三禁」を提案した。
  • AKB48篠田麻里子のファン。
  • 辛い物が苦手である。
  • 高木三四ロビンや、高木三四ロビンセブンとしてウルトラマンロビンとタッグを組んでいた。

得意技[編集]

ストーンコールドスタナー
三四郎の必殺技。肩に担ぎ上げて旋回してスタナーの体勢で落とす旋回式、コーナートップやラダーからの雪崩式などさまざまなバリエーションを持つ。
テキサス・クローズライン
サンシローズライン
相手をロープに振りつつ追いかけて、ロープにもたれかかったところでのクローズライン。
マッケンロー
背後から相手の足首を狙ったラリアット。元祖は新日本プロレスの中西学
クローズライン・フロム・ヘヴン
座り込んでいる相手へのダイビング・クローズライン。2009年6月から使用。
三四郎スタナー
三四郎スタナー2000(ダブルアームフェイスバスター)
ダブルアーム式の三四郎スタナー。
三四郎ボトム
三四郎ダスト
コーナーに座った状態で相手をドラゴン・スリーパーで捕らえ、前方回転してのダイヤモンド・カッター
三四ロック
変型のクリップラー・クロスフェイス
デンジャラス・ドラゴン・スリーパー・タカギ (DDT)
キャメルクラッチの体勢でのドラゴン・スリーパー。
サンダーファイヤーパワーボム
テキサスクローバーホールド
ファイナルアンサー?
肩車で抱え上げ、自らも前方に倒れて相手をうつ伏せの状態で叩き落とす。
シットダウンヒマワリボム(SHB)
肩車した相手の向きを180度回転させてシットダウンパワーボムで落とす。最近はこの技で勝利することが多いが、本来は旭志織の技である。
デスバレーボム(スピコリ・ドライバー)
2008年秋頃から使い始める。横抱き状態から軽くホイップして担いだり、二人まとめてや寝技をかけられまま持ち上げるなど力技で仕掛けることが多い。
ぶっこ抜き雪崩式ブレーンバスター
セカンドコーナーからエプロンサイドにいる相手を捕まえて、リング内へ強引に投げ飛ばす。
リバース・スプラッシュ
ドラゴンリングイン
本家と違い必ずコーナーポストに登ったりタッチ直後でないときにも無意味に登り、着地後ドロップキックする。
黄金シャワー
澤宗紀との合体技。飯伏幸太ケニー・オメガの「ゴールデンシャワー」と同型と思われるが毎回阻止される。
ゆずポンキック
愛川ゆず季の必殺技だが、本人のプロレスデビュー前から使用している。
最高の離婚
アルゼンチンバックブリーカー。本人役で登場した同名のドラマで披露したのが名の由来。
カロリーメイト プレーン
リストロック式エアプレーンスピン。デイリーポータルZの「カロリーメイトをプロレス技にする」という企画から誕生[4]。リストロック式に抱える事で、正面から見た図がプレーンの「P」の字に見えるという。

入場曲[編集]

  • FIRE(3:46 "T.P.R." MIX)(Scooter)

タイトル履歴[編集]

パートナーは大鷲透&→大鷲透&平田一喜
パートナーはHERO!三田英津子ポイズン澤田JULIE&猪俣潤。
  • バーブドワイヤーストリートファイト世界6人タッグ

著作[編集]

  • 俺たち文化系プロレス DDT(2008年、太田出版

TV出演[編集]

映画出演[編集]

  • シンクロニシティ(2011年、監督:田中情)
  • 劇場版プロレスキャノンボール2014(2015年、監督:マッスル坂井、助監督:今成夢人、製作総指揮:高木三四郎)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e ベースボールマガジン社『レスラーヒューマンストーリーII プロレスラー男の履歴書』p80-87
  2. ^ マッスル・・・行こうぜ!プロレスの向こう側 rino-diary テレビディレクター 岡田倫太郎です。 2010年9月26日
  3. ^ 株式会社DDTプロレスリング代表取締役社長 高木三四郎氏のWRESTLE-1 CEO兼任のお知らせ
  4. ^ カロリーメイトをプロレス技にする デイリーポータルZ 2014年12月22日

外部リンク[編集]