WEWハードコアタッグ王座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
WEWハードコアタッグ王座
詳細
現王者 十嶋くにお&雄馬
獲得日 2016年4月17日
管理団体 FMW(1997年 - 2002年)
大日本プロレス(2002年 - 2005年)
KAIENTAI DOJO(2006年 - )
創立 1997年

WEWハードコアタッグ王座は、日本プロレス団体KAIENTAI DOJOの管理するチャンピオンベルトである。

概要[編集]

  • FMW大日本プロレスなどの団体の選手を中心に争奪され2005年からはKAIENTAI DOJOの選手が所持している。
  • FMW管理の王座であったが倒産にて管理者を失い、2002年から2005年までは大日本プロレス、2006年からはKAIENTAI DOJO管理となった。
  • 2011年から2012年にかけてプロレスリングFREEDOMSに流出していたが、マンモス佐々木の負傷により返上したため王座決定戦が行われ、KAIENTAI DOJOに帰ってきた。
  • 過去に複数の男女混合タッグが王座獲得したことはあったが、2014年にバンビ&真琴組が女子タッグとして初めて王座奪取に成功。その後WNCでも防衛戦が行われている。

試合ルール[編集]

  • 凶器使用が認められたハードコアルールにより行われる
  • エニウェア・フォール(どこでもフォール可能)、トルネード方式(タッチなしで4人同時にリングイン可能)適用

歴代王者[編集]

タッグチーム 防衛回数 戴冠年月日 獲得した場所・備考
初代 保坂秀樹&佐々木嘉則 2 2000年4月25日 渋谷ON AIR EAST
金村キンタロー&ウィリー高山
第2代 エディ・ファトゥ&マッティ・サムゥ 2 2000年6月21日 後楽園ホール
第3代 保坂秀樹&佐々木嘉則 1 2000年7月28日 後楽園ホール
第4代 邪道&外道 0 2000年9月21日 月寒グリーンドーム
第5代 スプリーム&ホームレス・ジミー 0 2000年10月12日 博多スターレーン
第6代 保坂秀樹&マンモス佐々木 1 2000年11月12日 横浜文化体育館
第7代 GOEMON&怨霊 ? 2001年1月7日 後楽園ホール
第8代 金村キンタロー&山川竜司 1 2001年2月23日 後楽園ホール
第9代 MEN'Sテイオー&関本大介 1 2001年12月2日 横浜アリーナ
第10代 葛西純&ジ・ウィンガー ? 2002年3月21日 名古屋市体育館
葛西が脱退したため王座返上
第11代 大黒坊弁慶&アブドーラ小林 0 2003年3月23日 鶴見緑地公園水の館ホール付属展示場
シャドウWX&マッドマン・ポンド
第12代 伊東竜二&下田大作 ? 2003年3月30日 横浜文化体育館
第13代 BADBOY非道&YOSHIYA ? 2003年4月29日 ディファ有明
第14代 アップルみゆき&YOSHIYA 0 2005年12月23日 千葉Blue Field
大石真翔&旭志織
第15代 Mr.X&マイク・リーJr. 0 2006年4月5日 後楽園ホール
第16代 大石真翔&旭志織 0 2006年5月3日 千葉Blue Field
第17代 TAKAみちのく&TOMOみちのく 0 2006年6月4日 後楽園ホール
第18代 アップルみゆき&YOSHIYA 1 2006年7月8日 IMPホール
第19代 大石真翔&旭志織 0 2006年12月10日 後楽園ホール
約1年近く防衛戦を行っていないため王座剥奪
第20代 アップルみゆき&YOSHIYA 1 2008年4月13日 後楽園ホール
第21代 房総ボーイ雷斗&房総ボーイレフト 0 2008年9月14日 後楽園ホール
第22代 稲松三郎&PSYCHO 0 2008年10月4日 千葉Blue Field
PSYCHO負傷のため王座返上
第23代 YOSHIYA&Hard core kid 狐次郎 1 2008年12月6日 千葉Blue Field
稲松三郎&柏大五郎
第24代 バラモン・シュウ&バラモン・ケイ 2 2009年5月6日 千葉Blue Field
第25代 火野裕士&稲松三郎 2 2010年3月17日 新木場1stRING
第26代 真霜拳號&関根龍一 2 2011年3月20日 千葉Blue Field
第27代 稲松三郎&ランディ拓也 0 2011年5月1日 千葉Blue Field
第28代 真霜拳號&関根龍一 0 2011年5月5日 千葉Blue Field
第29代 マンモス佐々木&神威 1 2011年10月27日 新木場1stRING
第30代 バラモン・シュウ&バラモン・ケイ 0 2012年1月9日 新木場1stRING
第31代 マンモス佐々木&神威 1 2012年2月11日 世界館
佐々木負傷のため返上
第32代 真霜拳號&YOSHIYA 2012年9月19日 新宿FACE
YOSHIYA引退のため王座空位
第33代 バンビ&真琴 3 2014年1月5日 Blue Field
梶トマト&佐藤悠己、稲松三郎&真霜拳號、リッキー・フジ&柏大五郎との4WAYマッチ
第34代 リッキー・フジ&NASUバンデラス 0 2014年5月3日 Blue Field
第35代 稲松三郎&関根龍一 1 2015年4月12日 後楽園ホール
十嶋くにお&雄馬柏大五郎&TEPPEI、リッキー・フジ&NASUバンデラス、葛西純&吹本賢児との5WAY
稲松負傷に伴う長期欠場のため王座返上
第36代 関根龍一&那須晃太郎 2 2015年11月1日 後楽園ホール
柏大五郎&アレクサンダー大塚本田アユム&ティーラン獅沙、雄馬&DOUKI、矢郷良明&洞口義浩、リッキー・フジ&MEN'SテイオーHi69&杉浦透とのハードコアランブルマッチ
第37代 十嶋くにお&雄馬 1 2016年4月17日 後楽園ホール
関根龍一&那須晃太郎、梶トマト&本田アユム、リッキー・フジ&MEN’Sテイオー、洞口義浩&高橋匡哉、日向寺塁&佐々木大地、房総ボーイ雷斗&ティーラン獅沙とのハードコアランブルマッチ