アレクサンダー大塚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アレクサンダー大塚
プロフィール
リングネーム アレクサンダー大塚
男盛
本名 大塚 崇
ニックネーム リアル1・2の三四郎
盛ってます
身長 182cm
体重 90kg
誕生日 (1971-07-17) 1971年7月17日(46歳)
出身地 徳島県徳島市
所属 AO/DC
スポーツ歴 レスリング
トレーナー 藤原喜明
デビュー 1995年8月18日
テンプレートを表示

アレクサンダー大塚(アレクサンダーおおつか、1971年7月17日 - )は、日本プロレスラー総合格闘家。本名:大塚 崇(おおつか たかし)。リングネームの由来は大塚が尊敬するアレクサンダー・カレリンに因む。

経歴[編集]

徳島県立徳島東工業高等学校(現:徳島県立徳島科学技術高等学校)でレスリング部に在籍していた。部の先輩には新崎人生がいる。

プロフェッショナルレスリング藤原組に入団後の1995年8月18日に、米山聡(現:モハメド・ヨネ)戦でプロレスデビュー(ヨネと共に藤原喜明の最後の弟子)。1996年格闘探偵団バトラーツ設立と共に同団体所属となった。

バトラーツ時代はヨネとの「ラブ・ウォリアーズ」で活躍。

1998年から総合格闘技へも参戦を開始。PRIDE.4での総合格闘技デビュー戦で、マルコ・ファスをハーフガードポジション上からのパウンドの繰り返しで流血させて戦意喪失に追い込み、TKO勝利を収め一躍名声を高めた。

1999年にはUFOに参戦し、佐山サトルタイガーマスク)に2連勝(素顔・タイガーマスク1勝ずつ)するなど、益々飛躍した。(余談だがタイガーマスクのシングル戦での敗戦は、1982年7月25日金沢大会でダイナマイト・キッドに反則負けして以来、実に15年5か月ぶり2度目である)

2001年にプロレス団体ZERO-ONE旗揚げ戦にも出場し(相手はNO FEAR{高山善廣大森隆男組}でパートナーは高岩竜一)、その後真撃シリーズにも参加する。しかし、同団体の旗揚げ第2戦でデビュー半年程度の杉浦貴とのシングルマッチで勝利こそ収めたものの試合内容で圧倒され、評価を落とす結果となった。また、不甲斐ない(業界用語として「しょっぱい」)試合を見せた大塚に対し、橋本真也がマイクで「おいっ。アレク(大塚のこと)なんてこんなもんか。もっとしっかりしろ」と鼓舞激励された。2003年の火祭りにも出場。

プロレスラーとしての活動も継続しており、2005年10月9日からみちのくプロレスでは男盛(おとこさかり)としても活動している。

2011年12月25日にのACCELにてボブ・サップと対戦。久々の総合格闘技復帰戦となった。

2017年8月13日、元アイドル歌手田中陽子との結婚を発表した。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
17 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
6 1 2 1 1 0 0
13 6 2 4 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ムリーロ・ニンジャ 1R 5:25 肩固め PRIDE.27 TRIUMPHAL RETURN 2004年2月21日
山本喧一 3R(10分/5分/5分)終了 判定3-0 PRIDE.25 2003年3月16日
× 山本宜久 2R終了時 TKO(ドクターストップ) PRIDE.24 2002年12月23日
× アンデウソン・シウバ 3R(10分/5分/5分)終了 判定0-3 PRIDE.22 2002年9月29日
× 菊田早苗 3R(10分/5分/5分)終了 判定0-3 PRIDE.20 2002年4月28日
× ヴァンダレイ・シウバ 3R 2:22 TKO(ドクターストップ) PRIDE.18 2001年12月23日
× クイントン・"ランペイジ"・ジャクソン 2R終了時 TKO(ドクターストップ) バトラーツ 〜格闘ロマン2001 YUKI BOM-BA-YA〜 2001年10月14日
× ガイ・メッツァー 2R 1:57 TKO(ドクターストップ) KOTC 7: Wet and Wild 2001年2月24日
× ガイ・メッツァー 1R 1:54 KO(右フック→パウンド) PRIDE.12 2000年12月23日
マイク・ボーク 1R 0:28 ダブルアームバー[1] PRIDE.11 2000年10月31日
× ケン・シャムロック 1R 9:43 TKO(左フック→パウンド) PRIDE GRANDPRIX 2000 決勝戦 2000年5月21日
× イゴール・ボブチャンチン 15分1R終了 判定0-3 PRIDE GRANDPRIX 2000 開幕戦
【1回戦】
2000年1月30日
× ヘンゾ・グレイシー 10分2R終了 判定0-5 PRIDE.8 1999年11月21日
× 高田延彦 2R 1:32 スリーパーホールド PRIDE.7 1999年9月12日
マルコ・ファス 2R終了時 TKO(タオル投入) PRIDE.4 1998年10月11日
坂田亘 30分終了 ポイント判定 リングス Battle Genesis Vol.3 1998年3月3日
クリストファー・ヘイズマン 18:10 KO リングス Battle Genesis Vol.2 1997年10月14日
× クリストファー・ヘイズマン 7:03 TKO(カット) リングス FIGHTING EXTENSION 1997 Vol.2 1997年4月22日
× イーゲン井上 1R 0:55 腕ひしぎ十字固め ザ・トーナメント・オブ・J '95
【1回戦】
1995年10月13日

得意技[編集]

アレクサンダー大塚
  • アレクハンドロック
変形サソリ固め
  • オーツカリーナ
変形アルゼンチンバックブリーカー
男盛
  • 固め盛り
  • 舞い盛り
  • もろ出し
相手から技をかけられ大股開き状態になり、ふんどしからハミ出すギリギリでレフェリーストップまたはセコンドのタオル投入などにより自分が負けてしまう。

合体技[編集]

アレクサンダー大塚
  • 眉山
2段式ジャーマンスープレックス。高校時代の先輩である新崎人生とのタッグ時に1度だけ披露した合体技。相手を後ろからホールドした大塚ごと新崎がジャーマンスープレックスで投げ捨てる。2人分の高さで投げられる相手はかなり危険な角度で落ちる。技名は大塚の地元徳島県徳島市にある山「眉山」が由来。

入場曲[編集]

タイトル歴[編集]

エピソード[編集]

  • めちゃ×2イケてるッ!内のコーナー「只今参上 色とり忍者」に桃ハゲとして出演中ではないかと同コーナー内で加藤浩次は語っている。そして内山信二に「プロレスラー崩れでしょ」と言われて逆に「後楽園ホールでやるか(後楽園ホールはプロレスの聖地と言われている)」と言っている。
  • 小さい頃は第2期ウルトラシリーズ、小学校3年生のころはウルトラマン80を見ていた。大塚はウルトラマンマックス第19話でターラ星人役でウルトラシリーズに出演を果たした。偶然にも大塚の誕生日はウルトラマン第1話が放送された記念すべき日と同じである。
  • AV女優の吉沢明歩のファンであることを公言している。おねがい!マスカットのスカットテレフォン第19回で吉沢からそのことについて電話されて、あっさり吉沢のファンであることを認めた。
    • 同じく同作の第39回で有吉弘行がスタジオに乗り込み共演者を殴りとばしスタジオが騒然となった際は後述のテーマ曲が流れて現れた。どこで知ったのかは不明だが「吉沢を助けるためにかけつけた」とのこと。暴れる有吉の攻撃をものともせず逆にジャイアントスイングコブラツイスト張り手のコンボ技を決め有吉を成敗。
    • ラストにご褒美として「ギャラ」か「吉沢のキス」かを選ぶことになり、「吉沢のキス」を選んで頭にキスをされとても喜んでいた。前日に髪の毛を剃ってきたばかりとのことで大久保佳代子から「エロ坊主みたい」と比喩されたため、大久保を睨みつけ一触即発の状況になったが吉沢に諭され落ち着いた。
  • 過去には、その外見とファイトスタイルから「ポスト武藤」との呼び声も高かった時もある。
  • 過去に紙のプロレスの女子編集部員とできちゃった結婚をするが後に、その妻に性病を伝染したことが原因で離婚したことをロフトプラスワンのイベントで元編集部員に暴露された。
  • ゲイ雑誌のグラビアの仕事をこなしたことがある。
  • 大阪プロレスの松山勘十郎と「真・日本男児七番勝負」としてカベジェラ・コントラ・カベジェラを行ったが当の男盛には髪の毛が無いので代わりに陰毛が賭けられた。結果は4勝3敗で松山が勝利。観客が呆気にとられる中に断髪式ならぬ断毛式で決着が付いた。
  • プロレス界トップクラスのディズニー好きで南野タケシ矢野啓太を連れてディズニーランドによく行っている。自身のTwitterではほとんどの内容がディズニー関連であるほか年間フリーパスも所有しているほどである。
  • 過去に東京都足立区に居酒屋「男盛」を経営していた。約1年間ほどで閉店したとのこと(後援者との共同経営)。

メディア出演[編集]

TBS系列[編集]

フジテレビ系列[編集]

日本テレビ系列[編集]

テレビ朝日系列[編集]

テレビ東京系列[編集]

NHK[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 前からの腕ひしぎ三角固めのような体勢で相手の両腕を極めた

関連項目[編集]

外部リンク[編集]