PRIDE.25

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
PRIDE.25
イベント詳細
シリーズ PRIDE(ナンバーシリーズ)
主催 DSE
開催年月日 2003年3月16日
開催地 日本の旗 日本
神奈川県横浜市
会場 横浜アリーナ
開始時刻 午後5時
試合数 全8試合
放送局 フジテレビ(地上波)
入場者数 19,247人
イベント時系列
PRIDE.24 PRIDE.25 PRIDE.26 REBORN

PRIDE.25(プライド・トゥウェンティファイブ)は、日本総合格闘技イベント「PRIDE」の大会の一つ。2003年3月16日神奈川県横浜市横浜アリーナで開催された。海外PPVでの大会名は「PRIDE 25: Body Blow」。

大会メインイベントでは、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラエメリヤーエンコ・ヒョードルによるPRIDEヘビー級タイトルマッチが行われた。

大会概要[編集]

メインイベントのPRIDEヘビー級タイトルマッチでは、挑戦者エメリヤーエンコ・ヒョードルが後に「氷の拳」と呼ばれたパウンドで王者アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラを圧倒。判定勝ちにより、第2代PRIDEヘビー級王者となった。

試合結果[編集]

第1試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
ブラジルの旗 アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ vs. 日本の旗 中村和裕 ×
2R 3:30 腕ひしぎ十字固め
第2試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
日本の旗 小路晃 vs. アメリカ合衆国の旗 アレックス・スティーブリング ×
3R終了 判定2-1
第3試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
日本の旗 アレクサンダー大塚 vs. 日本の旗 山本喧一 ×
3R終了 判定3-0
第4試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
ブラジルの旗 アンデウソン・シウバ vs. イギリス領ヴァージン諸島の旗 カーロス・ニュートン ×
1R 6:26 KO(左跳び膝蹴り→パウンド
第5試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
アメリカ合衆国の旗 ダン・ヘンダーソン vs. 日本の旗 大山峻護 ×
1R 3:27 KO(右フック→パウンド
第6試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
ブラジルの旗 ニーノ・"エルビス"・シェンブリ vs. 日本の旗 桜庭和志 ×
1R 6:07 TKO(レフェリーストップ:膝蹴り)
第7試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
アメリカ合衆国の旗 クイントン・"ランペイジ"・ジャクソン vs. アメリカ合衆国の旗 ケビン・ランデルマン ×
1R 7:00 TKO(レフェリーストップ:マウントパンチ
第8試合 PRIDEヘビー級タイトルマッチ 1R10分、2・3R5分
ロシアの旗 エメリヤーエンコ・ヒョードル vs. ブラジルの旗 アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ ×
3R終了 判定3-0
※ヒョードルが王座獲得に成功。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]