PRIDE.18

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
PRIDE.18
イベント詳細
シリーズ PRIDE(ナンバーシリーズ)
主催 DSE
開催年月日 2001年12月23日
開催地 日本の旗 日本
福岡県福岡市
会場 マリンメッセ福岡
開始時刻 午後3時
試合数 全8試合
放送局 フジテレビ(地上波)
入場者数 9,391人
イベント時系列
PRIDE.17 PRIDE.18 THE BEST

PRIDE.18(プライド・エイティーン)は、日本総合格闘技イベント「PRIDE」の大会の一つ。2001年12月23日福岡県福岡市マリンメッセ福岡で開催された。海外PPVでの大会名は、「PRIDE 18: Cold Fury 2」。

大会概要[編集]

「大巨人対決」と銘打たれたメインイベントではセーム・シュルト高山善廣に勝利。セミファイナルではアレクサンダー大塚が、王者になって初戦になるヴァンダレイ・シウバと対戦するも、鼻骨骨折でドクターストップ負け。

その他の試合では山本宜久ヤン・"ザ・ジャイアント"・ノルキヤ腕ひしぎ十字固めで破り、小路晃ジェレミー・ホーンに判定で敗れた。

ルール改正[編集]

前大会PRIDE.17マット・スケルトントム・エリクソンの攻撃により気管を損傷したことを受け、今大会より気管を押しつぶす攻撃や、喉をつかむなど、手指での喉へ対する直接的な攻撃が反則として追加された。また、判定の基準に優先順位が設けられた[1]。優先順位の内訳はPRIDE (格闘技イベント)#勝敗を参照。

試合結果[編集]

第1試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
日本の旗 松井大二郎 vs. アメリカ合衆国の旗 クイントン・"ランペイジ"・ジャクソン ×
1R 0:14 失格(ローブロー)
第2試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
アメリカ合衆国の旗 アレックス・スティーブリング vs. ブラジルの旗 アラン・ゴエス ×
3R 0:47 TKO(レフェリーストップ:グラウンドの膝蹴り)
第3試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
ブラジルの旗 ムリーロ・ニンジャ vs. アメリカ合衆国の旗 アレックス・アンドラーデ ×
3R終了 判定3-0
第4試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
日本の旗 山本宜久 vs. 南アフリカ共和国の旗 ヤン・"ザ・ジャイアント"・ノルキヤ ×
1R 1:43 腕ひしぎ十字固め
第5試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
ウクライナの旗 イゴール・ボブチャンチン vs. オランダの旗 ヴァレンタイン・オーフレイム ×
1R 4:35 ヒールホールド
第6試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
アメリカ合衆国の旗 ジェレミー・ホーン vs. 日本の旗 小路晃 ×
3R終了 判定3-0
第7試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
ブラジルの旗 ヴァンダレイ・シウバ vs. 日本の旗 アレクサンダー大塚 ×
3R 2:22 TKO(ドクターストップ:鼻骨骨折)
第8試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
オランダの旗 セーム・シュルト vs. 日本の旗 高山善廣 ×
1R 3:09 KO(左ストレート→パウンド

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]