クリストファー・ヘイズマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クリストファー・ヘイズマン
基本情報
本名 クリストファー・ヘイズマン
(Christopher Haseman)
通称 ザ・ハンマー
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
生年月日 1969年6月2日(47歳)
出身地 クイーンズランド州ブリスベン
所属 リングス・オーストラリア
身長 180cm
体重 90kg
階級 ライトヘビー級
バックボーン ブラジリアン柔術
テンプレートを表示

クリストファー・ヘイズマンChristopher Haseman1969年6月2日 - )は、オーストラリア男性総合格闘家クイーンズランド州ブリスベン出身。リングス・オーストラリア所属。クリス・ヘイズマンChris Haseman)とも表記される。

小柄ながらリングスで活躍し、オーストラリア勢の中心選手として活躍した。

来日当初は総合格闘技が未経験だったために勝てなかったが、来日毎に成長を見せ中堅選手としての地位を確保。カニ挟みやサイドキックなど変則的な技を身につけ成長を遂げる。

来歴[編集]

1995年8月27日、リングスに初参戦し、イリューヒン・ミーシャと対戦。アキレス腱固めで一本負けを喫した。

1997年に、トーナメント21で準優勝という結果を残した(トーナメント優勝者は成瀬昌由)。

1998年に行われた国別対抗トーナメントにおいてビターゼ・タリエルと対戦。圧倒的体格差(ヘイズマンが178cmに対し、タリエルは200cm)をものともせず(タリエルがその前に2戦こなしていたとは言え)勝利。3対1という状況からあと一歩まで追い込んだ。

リングスの末期には若手選手の壁として立ちはだかる一方、1999年3月のアブダビコンバット99kg以上級で3位入賞を果たした。

リングス最後の興行となった2001年度のワールドタイトル決定トーナメント無差別級では決勝に進出。2002年2月15日の決勝ではエメリヤーエンコ・ヒョードルと対戦し敗れたものの準優勝となった。

2002年7月13日UFC初参戦となったUFC 38エヴァン・タナーと対戦し、判定負けを喫した。

2003年3月9日ZST初参戦となったZST 2で郷野聡寛と対戦し、判定負けを喫した。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
1 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
0 0 0 0 0 0 0
1 0 0 0 1
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× エメリヤーエンコ・ヒョードル 1R 2:50 TKO(ポイントアウト:ダウン2、エスケープ1) リングス WORLD TITLE SERIES GRAND-FINAL
【ワールドタイトル決定トーナメント 無差別級 決勝】
2002年2月15日

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]