マルコ・ファス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マルコ・ファス
Marco Ruas publicity shot crop.jpg
基本情報
本名 マルコ・アントニオ・ジ・リマ・フアス
(Marco Antônio de Lima Ruas)
通称 路上の王
男の中の男
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1961年1月21日(55歳)
出身地 リオデジャネイロ州
所属 マルコ・ファス道場
→ファス・バーリトゥード
ビバリーヒルズ柔術クラブ
身長 185cm
体重 105kg
階級 ヘビー級
バックボーン ブラジリアン柔術ムエタイレスリングボクシングテコンドー
テンプレートを表示

マルコ・ファスMarco Ruas、男性、1961年1月21日 - )は、ブラジル総合格闘家リオデジャネイロ州出身。ファス・バーリトゥード主宰。ルタ・リーブリ七段。ブラジリアン柔術黒帯。柔道黒帯。UFC 7優勝。

ヒクソン・グレイシーが対戦を避け続けた男」と言われた。

来歴[編集]

ルタ・リーブリブラジリアン柔術レスリングムエタイボクシングテコンドーなど様々な競技の技術を学んだ。

1995年9月8日、UFC 7のトーナメントで優勝を果たした。

1995年12月16日、Ultimate Ultimate 1995のトーナメントでは準決勝でオレッグ・タクタロフに判定負け。「生まれて初めて人と戦って負けと言われた」とリング内で大泣き。

1998年3月15日、PRIDE初参戦となったPRIDE.2ゲーリー・グッドリッジと対戦し、ヒールホールドで一本勝ち。

1998年10月11日、PRIDE.4アレクサンダー大塚と対戦。大塚のグラウンドパンチを顔面に受け続け、2R終了時に戦意喪失、タオル投入によるTKO負け。この試合についてファスは「試合前に飲んだ鎮痛薬の副作用でコンディションは最悪だった。大塚とは是非再戦したい」と語っている。

IFLでは、「サザンカリフォルニア・コンドルス」のコーチを務め、2007年5月19日、モーリス・スミスと45歳のコーチ対決を戦い、タオル投入によるTKO負け。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
15 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
9 1 8 0 0 2 0
4 3 0 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× モーリス・スミス 4R 3:43 TKO(タオル投入) IFL: Chicago 2007年5月19日
ジェイソン・ランバート 1R 0:56 ヒールホールド Ultimate Pankration 1 2001年11月11日
× モーリス・スミス 1R終了時 TKO(タオル投入) UFC 21: Return of the Champions 1998年7月16日
× アレクサンダー大塚 2R終了時 TKO(タオル投入) PRIDE.4 1998年10月11日
ゲーリー・グッドリッジ 1R 9:09 ヒールホールド PRIDE.2 1998年3月15日
パトリック・スミス 1R 0:39 ヒールホールド World Vale Tudo Championship 4 1997年3月16日
オレッグ・タクタロフ 30分1R終了 ドロー World Vale Tudo Championship 2 1996年11月10日
スティーブ・ジェナム 1R 1:43 ギブアップ(パウンド) World Vale Tudo Championship 1
【WVCスーパーファイト王座決定戦】
1996年8月4日
× オレッグ・タクタロフ 18分1R終了 判定0-3 Ultimate Ultimate 1995
【準決勝】
1995年12月16日
キース・ハックニー 1R 2:39 チョークスリーパー Ultimate Ultimate 1995
【1回戦】
1995年12月16日
ポール・ヴァレランス 1R 13:17 TKO(マウントパンチ) UFC 7: The Brawl in Buffalo
【決勝】
1995年9月8日
レムコ・パドゥール 1R 12:27 ギブアップ(試合放棄) UFC 7: The Brawl in Buffalo
【準決勝】
1995年9月8日
ラリー・キュアトン 1R 3:23 ヒールホールド UFC 7: The Brawl in Buffalo
【1回戦】
1995年9月8日

獲得タイトル[編集]

  • UFC 7トーナメント 優勝(1995年)
  • 初代WVCスーパーファイト王座(1996年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]