SHERDOG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
SHERDOG
URL www.sherdog.com
営利性 営利
タイプ スポーツ
登録 任意
使用言語 英語
運営者 Evolve Media LLC
設立者 ジェフ・シャーウッド
設立日 1997年
現状 運営中

SHERDOGシャードッグ)は、アメリカの大規模な総合格闘技ウェブサイトである[1]。クレーヴ・オンライン・ネットワークに加盟している。

総合格闘技に関する大規模なデータベースを有していることで知られ、多くのウェブサイトに参照されている。

概要[編集]

1997年に写真家のジェフ・シャーウッド(Jeff Sherwood)によって作られ、その後ギャレット・ポーにより利益の出るシステムに改良された。総合格闘技のニュース、総合格闘家の個人記録、大会の予想や結果・論評、選手・レフェリーへのインタビュー、ユーザーフォーラム、および自前のラジオ番組を扱っている。シャードッグ・ファイト・ファインダー(Sherdog's Fight Finder)はプロの選手・試合・MMA大会の大規模なデータベースである。

執筆者はロレッタ・ハント(Loretta Hunt)、ジェイク・ロッセン(Jake Rossen)、マイク・スローン(Mike Sloan)、ティム・ライデッカー(Tim Leidecker)、ジョー・ホール(Joe Hall)、スコット・ホームズ(Scott Holmes)、ジョン・リー(John Lee)、ステファン・マルティネス(Stephen Martinez)、ジェイソン・ノウィ(Jason Nowe)、トニー・ロワズルール(Tony Loiseleur)、ジョーダン・ブリーン(Jordan Breen)、グレッグ・サヴェッジ(Greg Savage)、アンディ・コットリル(Andy Cotterill)の13名である。編集長であったジョシュ・グロス(Josh Gross)は2008年4月に退陣した。その際にオレゴニアン紙での地位を捨てたブラッド・マックレイ(Brad McCray)が新しい編集責任者として引き抜かれたが、そのすぐ後に解雇された。その後はかつてCanadian Fight Networkに所属していたロレッタ・ハントが、ジョー・ホールとの協力を受けつつ編集責任者としての役目を担っている。

膨大な記録を扱っているため、勝敗や名前のミスなどの不正確な記録もあり、利用者に訂正を呼びかけている[2]

ラジオ番組[編集]

またシャードッグはシャードッグ・レイディオ・ネットワーク(Sherdog Radio Network)というインターネットラジオの番組を持っている。「The Savage Dog Show」は編集者のサヴェッジと創設者シャーウッドがホストを務め、「The Beatdown」はTJ・サンティスが出演している。以前はポッドキャスト収録放送しか行われていなかったが2007年に2時間枠での生放送が始まり、以降は生放送のみとなった。UFC 71以後、「Beatdown After The Bell」という試合後の生放送が始まり、現在も続いている。2007年6月からは「The Jordan Breen Show」とステファン・クァドロスによる「The Stephen Quadros Show」(現在は終了)が始まった。2008年2月には1時間枠の「MMA Sunday School」が放送開始、スコット・ホームズとロドニー・ディーン(Rodney Dean)がホスト役を務めている。

現在の番組は「The Beatdown」と「The Savage Dog Show」が月・水・金曜日、「The Jordan Breen Show」が火・木曜日、「MMA Sunday School」が毎週日曜日夜に放送されている。

ESPNとの提携[編集]

シャードッグはESPNと提携し、総合格闘技に関するコンテンツを提供しており、データベース(ファイト・ファインダー)の共有も行われている。現在シャードッグ・レイディオ・ネットワークはESPNポッドキャストセンターに加わっており、ダウンロードできるポッドキャストが提供されている[3]

Compete.com社の計測では、シャードッグには2008年2月、米国内だけで21万件のアクセスがあった。

SHERDOG殿堂[編集]

「MMA & UFCホール・オブ・フェイム」と題して表彰している[4]

脚注[編集]

外部リンク[編集]