PRIDE.4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
PRIDE.4
イベント詳細
シリーズ PRIDE(ナンバーシリーズ)
主催 KRS
開催年月日 1998年10月11日
開催地 日本の旗 日本
東京都文京区
会場 東京ドーム
試合数 全8試合
放送局 スカイパーフェクTV!
入場者数 36,354人
イベント時系列
PRIDE.3 PRIDE.4 PRIDE.5

PRIDE.4(プライド・フォー)は、日本総合格闘技イベント「PRIDE」の大会の一つ。1998年10月11日東京都文京区東京ドームで開催された。

大会概要[編集]

PRIDE.1からちょうど1年後に開催され、高田延彦ヒクソン・グレイシーへのリベンジマッチが組まれたが、1R終盤に腕ひしぎ十字固めで一本負け。

イゴール・ボブチャンチンおよびアレクサンダー大塚がPRIDEデビュー。

北尾光覇の引退セレモニーが行われた。

優香がメインイベントでラウンドガールを務める事になっていたが1Rで試合が終わってしまった為、ラウンドガールとしてリングに上がる事は無かった。

本大会は運営母体であるKRSによる最後の興行であり、次大会PRIDE.5からDSEに運営を移管した。

試合結果[編集]

第1試合 PRIDEルール 10分3R
ウクライナの旗 イゴール・ボブチャンチン vs. トリニダード・トバゴの旗 ゲーリー・グッドリッジ ×
1R 5:58 KO(スタンドパンチ連打)
第2試合 PRIDEルール 10分3R
日本の旗 小路晃 vs. ブラジルの旗 ヴァリッジ・イズマイウ ×
2R 1:26 TKO(レフェリーストップ:スタンドパンチ連打)
第3試合 PRIDEルール 10分3R
日本の旗 松井大二郎 vs. 日本の旗 菊田早苗
3R終了 時間切れ
第4試合 PRIDEルール 10分3R
日本の旗 桜庭和志 vs. ブラジルの旗 アラン・ゴエス
3R終了 時間切れ
第5試合 PRIDEルール 10分3R
日本の旗 本間聡 vs. 日本の旗 佐野友飛 ×
1R 9:25 TKO(レフェリーストップ:グラウンドパンチ
第6試合 PRIDEルール 10分3R
日本の旗 アレクサンダー大塚 vs. ブラジルの旗 マルコ・ファス ×
2R終了時 TKO(タオル投入:棄権)
第7試合 PRIDEルール 10分3R
アメリカ合衆国の旗 マーク・ケアー vs. ブラジルの旗 ウゴ・デュアルチ ×
3R 2:32 TKO(レフェリーストップ:棄権)
第8試合 PRIDE特別ルール 10分無制限R
ブラジルの旗 ヒクソン・グレイシー vs. 日本の旗 高田延彦 ×
1R 9:30 腕ひしぎ十字固め

関連項目[編集]

外部リンク[編集]