PRIDE.30

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
PRIDE.30 STARTING OVER
イベント詳細
シリーズ PRIDE(ナンバーシリーズ)
主催 DSE
開催年月日 2005年10月23日
開催地 日本の旗 日本
埼玉県さいたま市
会場 さいたまスーパーアリーナ
開始時刻 午後4時
試合数 全8試合
放送局 フジテレビ(地上波)
入場者数 23,776人
イベント時系列
PRIDE 武士道 -其の九- PRIDE.30 STARTING OVER PRIDE 男祭り 2005 頂-ITADAKI-

PRIDE.30 STARTING OVER(プライド・サーティ:スターティング・オーバー)は、日本総合格闘技イベント「PRIDE」の大会の一つ。2005年10月23日埼玉県さいたま市さいたまスーパーアリーナで開催された。海外PPVでの大会名は「PRIDE 30: Fully Loaded」。

大会概要[編集]

大会サブタイトル「STARTING OVER」の通り、エメリヤーエンコ・ヒョードルに敗れたミルコ・クロコップと、肩の負傷から復帰したジョシュ・バーネットの双方にとって「出直し」の舞台となった。体格差を生かし圧力で押すジョシュに間合いが取れず、苦しんだミルコだが、グラウンドではマウントポジションを奪い、終始試合をリードし、3-0の判定でミルコが勝利した。

セミファイナルではシュートボクセ・アカデミーへの出稽古を経て、再起戦を行った桜庭和志ケン・シャムロックにTKO勝ちを収めた。

総合格闘技デビュー戦となったアトランタオリンピック柔道ルーマニア代表アレクサンドル・ルングジェームス・トンプソンにTKO負け。

試合結果[編集]

第1試合 ヘビー級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
ブラジルの旗 ズール vs. アメリカ合衆国の旗 戦闘竜 ×
1R 1:31 TKO(レフェリーストップ:グラウンドの膝蹴り)
第2試合 ミドル級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
ブラジルの旗 ムリーロ・ニンジャ vs. ロシアの旗 ムラド・チュンカエフ ×
1R 3:31 ヒールホールド
第3試合 ヘビー級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
イングランドの旗 ジェームス・トンプソン vs. ルーマニアの旗 アレクサンドル・ルング ×
1R 2:13 TKO(レフェリーストップ:スタンドパンチ連打)
第4試合 ミドル級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
アメリカ合衆国の旗 クイントン・"ランペイジ"・ジャクソン vs. 日本の旗 横井宏考 ×
1R 4:45 TKO(レフェリーストップ:サッカーボールキック
第5試合 ヘビー級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
ロシアの旗 セルゲイ・ハリトーノフ vs. ブラジルの旗 ファブリシオ・ヴェウドゥム ×
3R終了 判定2-1
第6試合 ミドル級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
日本の旗 瀧本誠 vs. 大韓民国の旗 ユン・ドンシク ×
3R終了 判定3-0
第7試合 ミドル級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
日本の旗 桜庭和志 vs. アメリカ合衆国の旗 ケン・シャムロック ×
1R 2:27 TKO(レフェリーストップ:左ストレート)
第8試合 ヘビー級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
クロアチアの旗 ミルコ・クロコップ vs. アメリカ合衆国の旗 ジョシュ・バーネット ×
3R終了 判定3-0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]