PRIDE.5

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
PRIDE.5
イベント詳細
シリーズ PRIDE(ナンバーシリーズ)
主催 DSE
開催年月日 1999年4月29日
開催地 日本の旗 日本
愛知県名古屋市
会場 名古屋レインボーホール
試合数 全7試合
放送局 スカイパーフェクTV!
入場者数 7,565人
イベント時系列
PRIDE.4 PRIDE.5 PRIDE.6

PRIDE.5(プライド・ファイブ)は、日本総合格闘技イベント「PRIDE」の大会の一つ。1999年4月29日愛知県名古屋市名古屋レインボーホールで開催された。

大会概要[編集]

高田延彦桜庭和志の師弟コンビは2人とも勝利を飾った。第4試合終了後、ヒクソン・グレイシーホイラー・グレイシーの兄弟による柔術エキシビションマッチが行われた。

修斗ヘビー級王者エンセン井上、元UFC世界ヘビー級王者マーク・コールマンがPRIDEデビュー。

試合結果[編集]

第1試合 PRIDEチャレンジマッチ 15分1R
アメリカ合衆国の旗 イーゲン井上 vs. 日本の旗 豊永稔 ×
1R 5:53 TKO(レフェリーストップ:グラウンドパンチ
第2試合 PRIDEルール 10分2R
ブラジルの旗 フランシスコ・ブエノ vs. 日本の旗 本間聡 ×
1R 4:59 TKO(レフェリーストップ:スタンドパンチ連打)
第3試合 PRIDEルール 10分2R
ウクライナの旗 イゴール・ボブチャンチン vs. 日本の旗 小路晃 ×
2R終了 判定5-0
第4試合 PRIDEルール 10分2R
アメリカ合衆国の旗 エンセン井上 vs. 日本の旗 西田操一 ×
1R 0:24 スリーパーホールド
スペシャルエキシビションマッチ 柔術ルール 5分1R
ブラジルの旗 ヒクソン・グレイシー vs. ブラジルの旗 ホイラー・グレイシー
1R終了 勝敗なし
第5試合 PRIDEルール 10分2R
日本の旗 桜庭和志 vs. ブラジルの旗 ビクトー・ベウフォート ×
2R終了 判定4-0
第6試合 PRIDEルール 10分2R
日本の旗 高田延彦 vs. アメリカ合衆国の旗 マーク・コールマン ×
2R 1:44 ヒールホールド

関連項目[編集]

外部リンク[編集]