PRIDE.15

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
PRIDE.15
イベント詳細
シリーズ PRIDE(ナンバーシリーズ)
主催 DSE
開催年月日 2001年7月29日
開催地 日本の旗 日本
埼玉県さいたま市
会場 さいたまスーパーアリーナ
開始時刻 午後4時
試合数 全8試合
放送局 フジテレビ
入場者数 27,323人
イベント時系列
PRIDE.14 PRIDE.15 PRIDE.16

PRIDE.15(プライド・フィフティーン)は、日本総合格闘技イベント「PRIDE」の大会の一つ。2001年7月29日埼玉県さいたま市さいたまスーパーアリーナで開催された。海外PPVでの大会名は「PRIDE 15: Raging Rumble」。

大会概要[編集]

クイントン・"ランペイジ"・ジャクソンがPRIDE初参戦。桜庭和志に敗れるもそのパワーを見せつける。また今大会でアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラがPRIDEに初参戦し、「PRIDEの番人」ゲーリー・グッドリッジに何もさせずに勝利し、PRIDE白星デビューを飾った。他にヒース・ヒーリングが「霊長類ヒト科最強」マーク・ケアーをTKOで破った

メインイベントでは石澤常光PRIDE.10で敗れたハイアン・グレイシーへのリベンジマッチに挑み、ハイアンをKOで下しリベンジを果たした。

試合結果[編集]

第1試合 PRIDEルール 1R10分、2R・3R5分
ブラジルの旗 アスエリオ・シウバ vs. オランダの旗 ヴァレンタイン・オーフレイム ×
1R 2:47 ヒールホールド
第2試合 PRIDEルール 1R10分、2R・3R5分
ブラジルの旗 ヴァリッジ・イズマイウ vs. 日本の旗 大山峻護 ×
2R 4:44 TKO(レフェリーストップ:肩固め
第3試合 PRIDEルール 1R10分、2R・3R5分
ブラジルの旗 エベンゼール・フォンテス・ブラガ vs. 日本の旗 松井大二郎 ×
3R終了 判定3-0
第4試合 PRIDEルール 1R10分、2R・3R5分
ウクライナの旗 イゴール・ボブチャンチン vs. 日本の旗 佐竹雅昭 ×
3R終了 判定3-0
第5試合 PRIDEルール 1R10分、2R・3R5分
アメリカ合衆国の旗 ヒース・ヒーリング vs. アメリカ合衆国の旗 マーク・ケアー ×
2R 4:56 TKO(レフェリーストップ:グラウンドの膝蹴り)
第6試合 PRIDEルール 1R10分、2R・3R5分
ブラジルの旗 アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ vs. トリニダード・トバゴの旗 ゲーリー・グッドリッジ ×
1R 2:37 三角絞め
第7試合 PRIDEルール 1R10分、2R・3R5分
日本の旗 桜庭和志 vs. アメリカ合衆国の旗 クイントン・"ランペイジ"・ジャクソン ×
1R 5:41 スリーパーホールド
第8試合 PRIDEルール 1R10分、2R・3R5分
日本の旗 石澤常光 vs. ブラジルの旗 ハイアン・グレイシー ×
1R 4:51 KO(脇腹の負傷)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]