PRIDE GRANDPRIX 2004 2nd ROUND

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
PRIDE GRANDPRIX 2004 2nd ROUND
イベント詳細
シリーズ PRIDE(PRIDE GRANDPRIX)
主催 DSE
開催年月日 2004年6月20日
開催地 日本の旗 日本
埼玉県さいたま市
会場 さいたまスーパーアリーナ
開始時刻 午後3時
試合数 全7試合
放送局 フジテレビ(地上波)
スカイパーフェクTV!PPV
入場者数 43,711人
イベント時系列
PRIDE 武士道 -其の参- PRIDE GRANDPRIX 2004 2nd ROUND PRIDE 武士道 -其の四-

PRIDE GRANDPRIX 2004 2nd ROUND(プライドグランプリにせんよん セカンドラウンド)は、日本総合格闘技イベント「PRIDE」の大会の一つ。2004年6月20日埼玉県さいたま市さいたまスーパーアリーナで開催された。海外PPVでの大会名は、「PRIDE Critical Countdown 2004」。

本大会では、ヘビー級グランプリ2回戦とワンマッチ3試合が行われた。大会キャッチコピーは「死ンデモ、生キ残レ。」。

大会概要[編集]

メインイベントとなった2回戦最終試合のエメリヤーエンコ・ヒョードルケビン・ランデルマンは、ランデルマンが垂直落下バックドロップを放つもののヒョードルはリバーサルし、チキンウィングアームロックで勝利。小川直也ジャイアント・シルバにKO勝ち。また、セルゲイ・ハリトーノフセーム・シュルトは、マウントポジションのハリトーノフがシュルトの顔面を殴り続けTKO勝利を挙げるが、この試合は地上波放送ではほとんどカットされた。

スペシャルマッチでは元K-1王者のマーク・ハントが初参戦。吉田秀彦と対戦するも、腕ひしぎ十字固めによって敗れた。

試合結果[編集]

第1試合 ミドル級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
日本の旗 桜庭和志 vs. ブラジルの旗 ニーノ・"エルヴィス"・シェンブリ ×
3R終了 判定3-0
第2試合 ミドル級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
アメリカ合衆国の旗 クイントン・"ランペイジ"・ジャクソン vs. ブラジルの旗 ヒカルド・アローナ ×
1R 7:32 KO(バスター)
第3試合 PRIDE GRANDPRIX 2004 2回戦 1R10分、2・3R5分
ロシアの旗 セルゲイ・ハリトーノフ vs. オランダの旗 セーム・シュルト ×
1R 9:19 TKO(レフェリーストップ:パウンド
ハリトーノフが準決勝進出。
第4試合 PRIDE GRANDPRIX 2004 2回戦 1R10分、2・3R5分
日本の旗 小川直也 vs. ブラジルの旗 ジャイアント・シルバ ×
1R 3:29 TKO(レフェリーストップ:マウントパンチ
小川が準決勝進出。
第5試合 ヘビー級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
日本の旗 吉田秀彦 vs. ニュージーランドの旗 マーク・ハント ×
1R 5:25 腕ひしぎ十字固め
第6試合 PRIDE GRANDPRIX 2004 2回戦 1R10分、2・3R5分
ブラジルの旗 アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ vs. アメリカ合衆国の旗 ヒース・ヒーリング ×
2R 0:30 スピニングチョーク
ノゲイラが準決勝進出。
第7試合 PRIDE GRANDPRIX 2004 2回戦 1R10分、2・3R5分
ロシアの旗 エメリヤーエンコ・ヒョードル vs. アメリカ合衆国の旗 ケビン・ランデルマン ×
1R 1:33 チキンウィングアームロック
ヒョードルが準決勝進出。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]