PRIDE.23

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
PRIDE.23
イベント詳細
シリーズ PRIDE(ナンバーシリーズ)
主催 DSE
開催年月日 2002年11月24日
開催地 日本の旗 日本
東京都文京区
会場 東京ドーム
開始時刻 午後5時
試合数 全9試合
放送局 フジテレビ(地上波)
入場者数 52,228人
イベント時系列
THE BEST Vol.3 PRIDE.23 PRIDE.24

PRIDE.23(プライド・トゥウェンティスリー)は、日本総合格闘技イベント「PRIDE」の大会の一つ。2002年11月24日東京都文京区東京ドームで開催された。海外PPVでの大会名は「PRIDE 23: Championship Chaos 2」。

大会概要[編集]

高田延彦の引退試合はUWF時代から因縁のあった田村潔司との師弟対決となった。2R田村の右フックにより失神KO負け。試合後、田村は高田からの言葉を受け号泣した。

今大会が総合格闘技デビュー戦となった吉田秀彦は、ドン・フライに見込み一本勝ちを収め、白星デビューを飾った。

キャリア8戦全勝の横井宏考がPRIDEデビュー。

試合結果[編集]

第1試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
日本の旗 横井宏考 vs. オランダの旗 ジェレル・ヴェネチアン ×
2R 3:29 腕ひしぎ十字固め
第2試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
アメリカ合衆国の旗 ケビン・ランデルマン vs. 日本の旗 山本喧一 ×
3R 1:16 TKO(レフェリーストップ:グラウンドの膝蹴り)
第3試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
ブラジルの旗 ヒカルド・アローナ vs. ブラジルの旗 ムリーロ・ニンジャ ×
3R終了 判定3-0
第4試合 ヘビー級王座次期挑戦者決定戦 1R10分、2・3R5分
ロシアの旗 エメリヤーエンコ・ヒョードル vs. アメリカ合衆国の旗 ヒース・ヒーリング ×
1R終了時 TKO(ドクターストップ:左目眼窩低骨折の疑い)
※ヒョードルが挑戦権獲得に成功。
第5試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
ブラジルの旗 アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ vs. オランダの旗 セーム・シュルト ×
1R 6:36 三角絞め
第6試合 PRIDEミドル級タイトルマッチ 1R10分、2・3R5分
ブラジルの旗 ヴァンダレイ・シウバ vs. 日本の旗 金原弘光 ×
1R 3:31 TKO(タオル投入:踏みつけ)
※シウバが王座の2度目の防衛に成功。
第7試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
日本の旗 吉田秀彦 vs. アメリカ合衆国の旗 ドン・フライ ×
1R 5:32 TKO(レフェリーストップ:腕ひしぎ十字固め
第8試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
日本の旗 田村潔司 vs. 日本の旗 高田延彦 ×
2R 1:00 KO(右フック)
第9試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
日本の旗 桜庭和志 vs. フランスの旗 ジル・アーセン ×
3R 2:08 腕ひしぎ十字固め

関連項目[編集]

外部リンク[編集]