PRIDE.16

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
PRIDE.16
イベント詳細
シリーズ PRIDE(ナンバーシリーズ)
主催 DSE
開催年月日 2001年9月24日
開催地 日本の旗 日本
大阪府大阪市
会場 大阪城ホール
開始時刻 午後3時
試合数 全8試合
放送局 フジテレビ(地上波)
入場者数 14,907人
イベント時系列
PRIDE.15 PRIDE.16 PRIDE.17

PRIDE.16(プライド・シックスティーン)は、日本総合格闘技イベント「PRIDE」の大会の一つ。2001年9月24日大阪府大阪市大阪城ホールで開催された。海外PPVでの大会名は「PRIDE 16: Beasts from the East」。

大会概要[編集]

本来は前大会「PRIDE.15」で行われるはずだったマーク・コールマンvsアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラが今大会で実現。試合はノゲイラがコールマンをその技術力で完全に支配し、1R後半に腕を決めて一本勝ち。「柔術マジシャン」の強さを世に知らしめることになった。

UFCのレジェンドであり、当時新日本プロレスで活躍していたドン・フライがPRIDEに初参戦を果たした。また、アブダビコンバット王者のヒカルド・アローナムリーロ・ニンジャセーム・シュルトら後のビッグネーム達がPRIDEに初参戦した。

試合結果[編集]

第1試合 PRIDEルール 1R10分、2R・3R5分
トリニダード・トバゴの旗 ゲーリー・グッドリッジ vs. 日本の旗 谷津嘉章 ×
1R 3:03 TKO(タオル投入:フロントチョーク
第2試合 PRIDEルール 1R10分、2R・3R5分
ブラジルの旗 アスエリオ・シウバ vs. 日本の旗 山本憲尚 ×
1R 0:11 TKO(レフェリーストップ:マウントパンチ
第3試合 PRIDEルール 1R10分、2R・3R5分
ブラジルの旗 ムリーロ・ニンジャ vs. 日本の旗 松井大二郎 ×
3R 0:51 TKO(レフェリーストップ:踏みつけ)
第4試合 PRIDEルール 1R10分、2R・3R5分
ブラジルの旗 ヒカルド・アローナ vs. アメリカ合衆国の旗 ガイ・メッツァー ×
3R終了 判定2-1
第5試合 PRIDEルール 1R10分、2R・3R5分
オランダの旗 セーム・シュルト vs. 日本の旗 小路晃 ×
1R 8:19 KO(スタンドパンチ連打)
第6試合 PRIDEルール 1R10分、2R・3R5分
アメリカ合衆国の旗 ドン・フライ vs. オランダの旗 ギルバート・アイブル ×
1R 7:27 失格(サミング)
第7試合 PRIDEルール 1R10分、2R・3R5分
ブラジルの旗 アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ vs. アメリカ合衆国の旗 マーク・コールマン ×
1R 6:10 腕ひしぎ三角固め

関連項目[編集]

外部リンク[編集]