PRIDE.34

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
PRIDE.34
イベント詳細
シリーズ PRIDE(ナンバーシリーズ)
主催 DSE
開催年月日 2007年4月8日
開催地 日本の旗 日本
埼玉県さいたま市
会場 さいたまスーパーアリーナ
開始時刻 午後3時30分
試合数 全8試合
放送局 スカイパーフェクTV!
入場者数 23,336人
イベント時系列
PRIDE.33 "THE SECOND COMING" PRIDE.34

PRIDE.34(プライド・サーティフォー)は、日本総合格闘技イベント「PRIDE」の大会の一つ。2007年4月8日埼玉県さいたま市さいたまスーパーアリーナで開催された。本大会はDSE主催による最後のPRIDEの大会となった。海外PPVでの大会名は「PRIDE 34: Kamikaze」。

大会キャッチコピーは、「最強は、10年かけて強くなった。」「最強の歴史は、PRIDEの歴史である。」。

大会概要[編集]

UFCのオーナーにPRIDEの権利が買収をされたこともあり、今大会がDSE、そして榊原体制の最後の大会となった。経営統合、経済問題の影響からか当初出場が予定されていたマーク・ハントジョシュ・バーネット美濃輪育久らは出場せず、さらに開催数日前まで出場が予定されていたヴァンダレイ・シウバも欠場となった。大会は全8試合の全てがKOまたは一本による決着となった。

UFC対PRIDEの提携後初の対抗戦では「PRIDE愛」を掲げて出陣した藤田和之が、UFC代表のジェフ・モンソンに試合をコントロールされ、最後はスリーパーホールドで一本負け。ミドル級ではヒカルド・アローナが約半年ぶりにPRIDEに出場。前大会で同門のアントニオ・ホジェリオ・ノゲイラを下したソクジュと激突するも、2分足らずでKO負けを喫した。

久々の登場を果たしたドン・フライは、ジェームス・トンプソンとの対戦。高山善廣戦のような打撃戦を展開するも、最後はトンプソンの打撃に屈し、仁王立ちの状態でレフェリーストップ。ウェルター級では新鋭ゼルグ・"弁慶"・ガレシックが初参戦し、約1年ぶりの復帰を果たした瀧本誠と対戦。瀧本が下馬評を覆し、一本で勝利を飾った。

第6試合終了後、榊原社長がリング上でスピーチを行い、その壇上にHERO'Sに移籍した桜庭和志が突如登場した。その後に田村潔司も登場し、共に榊原社長を労った。その壇上で、お互いがいつかはPRIDEのリングで戦いたいと言うことで同意した。試合後、FEG谷川貞治社長は広報を通じ、桜庭のPRIDEやUFCへの参戦を前向きに検討すると発表した[1]

同時期にアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラのUFCとの正式契約がアメリカにて発表された。これまでPRIDEヘビー級トップ3を担ってきた3人(エメリヤーエンコ・ヒョードルミルコ・クロコップ、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ)の最後の男のPRIDE離脱が、10周年記念イヤー最初の、そしてDSE主催ラスト興行のこの日に明らかとなった。

試合結果[編集]

第1試合 ヘビー級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
日本の旗 中尾"KISS"芳広 vs. ブラジルの旗 エジソン・ドラゴ ×
1R 9:15 袈裟固め
第2試合 ヘビー級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
アメリカ合衆国の旗 バタービーン vs. ブラジルの旗 ズール ×
1R 2:35 V1アームロック
第3試合 ウェルター級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
日本の旗 瀧本誠 vs. クロアチアの旗 ゼルグ・"弁慶"・ガレシック ×
1R 5:40 チキンウィングアームロック
第4試合 ヘビー級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
オランダの旗 ギルバート・アイブル vs. 日本の旗 小路晃 ×
1R 3:46 TKO(レフェリーストップ:パウンド
第5試合 ヘビー級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
イングランドの旗 ジェームス・トンプソン vs. アメリカ合衆国の旗 ドン・フライ ×
1R 6:23 TKO(レフェリーストップ:スタンドパンチ連打)
第6試合 ライト級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
日本の旗 青木真也 vs. オランダの旗 ブライアン・ローアンユー ×
1R 1:33 腕ひしぎ十字固め
第7試合 ミドル級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
カメルーンの旗 ソクジュ vs. ブラジルの旗 ヒカルド・アローナ ×
1R 1:59 KO(右アッパー)
第8試合 ヘビー級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
アメリカ合衆国の旗 ジェフ・モンソン vs. 日本の旗 藤田和之 ×
1R 6:37 スリーパーホールド

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]