PRIDE.13

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
PRIDE.13
イベント詳細
シリーズ PRIDE(ナンバーシリーズ)
主催 DSE
開催年月日 2001年3月25日
開催地 日本の旗 日本
埼玉県さいたま市
会場 さいたまスーパーアリーナ
開始時刻 午後5時
試合数 全8試合
放送局 フジテレビ(地上波)
入場者数 20,600人
イベント時系列
PRIDE.12 PRIDE.13 PRIDE.14

PRIDE.13(プライド・サーティーン)は、日本総合格闘技イベント「PRIDE」の大会の一つ。2001年3月25日埼玉県さいたま市さいたまスーパーアリーナで開催された。海外PPVでの大会名は、「PRIDE 13: Collision Course」。

大会概要[編集]

この大会からルールが改正され、いわゆる「4点ポイント状態での蹴り」が解禁。その影響か、メインイベントでは桜庭がPRIDEナンバーシリーズ初の敗北。

PRIDE2戦目のダン・ヘンダーソンヘンゾ・グレイシーをKOで破り、PRIDE初勝利。ヘンゾが敗れ、イゴール・ボブチャンチンも判定負けするなど、波乱が続出した大会でもある。

ボビー・ソースワース安田忠夫がPRIDE初参戦となった。

ルール改正[編集]

本大会より、試合時間が従来の10分2R(延長5分1R)から1R10分、2R・3R5分の変則3ラウンド制へ変更された。また、グラウンド状態での頭部への蹴りによる攻撃が解禁された(公式には「4点ポジションでの膝蹴り」と呼ばれた)。また、レスリングシューズを履いた状態での蹴りも解禁された。

試合結果[編集]

第1試合 PRIDEルール 1R10分、2R・3R5分
ブラジルの旗 ビクトー・ベウフォート vs. アメリカ合衆国の旗 ボビー・ソースワース ×
1R 4:09 スリーパーホールド
第2試合 PRIDEルール 1R10分、2R・3R5分
アメリカ合衆国の旗 ガイ・メッツァー vs. アメリカ合衆国の旗 イーゲン井上 ×
1R 2:25 KO(右ストレート)
第3試合 PRIDEルール 1R10分、2R・3R5分
アメリカ合衆国の旗 ヒース・ヒーリング vs. ロシアの旗 ソボレフ・デニス ×
1R 0:22 V1アームロック
第4試合 PRIDEルール 1R10分、2R・3R5分
アメリカ合衆国の旗 ダン・ヘンダーソン vs. ブラジルの旗 ヘンゾ・グレイシー ×
1R 1:40 KO(右フック)
第5試合 PRIDEルール 1R10分、2R・3R5分
アメリカ合衆国の旗 マーク・コールマン vs. ブラジルの旗 アラン・ゴエス ×
1R 1:19 TKO(レフェリーストップ:グラウンドの膝蹴り)
第6試合 PRIDEルール 1R10分、2R・3R5分
日本の旗 安田忠夫 vs. 日本の旗 佐竹雅昭 ×
3R終了 判定2-1
第7試合 PRIDEルール 1R10分、2R・3R5分
アメリカ合衆国の旗 トレイ・テリグマン vs. ウクライナの旗 イゴール・ボブチャンチン ×
3R終了 判定3-0
第8試合 PRIDEルール 1R10分、2R・3R5分
ブラジルの旗 ヴァンダレイ・シウバ vs. 日本の旗 桜庭和志 ×
1R 1:38 TKO(レフェリーストップ:サッカーボールキック

関連項目[編集]

外部リンク[編集]