イゴール・ボブチャンチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イゴール・ボブチャンチン
Igor Vovchanchyn.jpg
基本情報
本名 イゴール・ヤロスラヴォヴィッチ・ボブチャンチン
(Igor Yaroslavovych Vovchanchyn)
通称 北の最終兵器
アイス・コールド (Ice Cold)
国籍 ウクライナの旗 ウクライナ
生年月日 1973年8月6日(41歳)
出身地 ハルキウ州ゾーロチウ
所属 Impex 55 Krym
→フリーランス
→チーム・ボブチャンチン
身長 176cm
体重 93kg
階級 ヘビー級
ミドル級PRIDE
スタイル キックボクシング
テーマ曲 The Red Spectacles
川井憲次
テンプレートを表示
若き日のボブチャンチン

イゴール・ボブチャンチンIgor Vovchanchyn、男性、1973年8月6日 - )[1]は、ウクライナ総合格闘家キックボクサーハルキウ州ゾーロチウ出身。チーム・ボブチャンチン所属。

独特の軌道を描いて放たれる変則ブロー、ロシアン・フックで一世を風靡した。強烈な打撃でKOを積み重ねる豪快なファイトスタイルから、「北の最終兵器」という異名を持つ。

来歴[編集]

学生時代に陸上競技を経験した後、オレッグ・タクタロフの元でボクシングを学ぶ。さらにキックボクシングをベースにレスリング関節技を習得し[2]、1990年代半ばから母国ウクライナ、ロシア共和国ベラルーシなど旧ソビエト連邦の諸国での総合格闘技の大会に出場した。

日本へは、1998年PRIDE.4ゲーリー・グッドリッジ戦でPRIDEデビュー。以後は、PRIDEを主戦場とし、『PRIDE GP 2000』では準優勝に輝いた。しかしヘビー級としては小柄で、当初は有効だったロシアン・フックなどの変則技への対応法を研究されたことにより、以降は伸び悩んだ。

その後、2005年頃からミドル級(93kg以下)に転向した。総合格闘技デビュー当時は90kg台だったが、見事に減量に成功。かつて出ていた腹は引き締まり、シェイプされた筋肉質の体に変貌を遂げファンを驚かせた。ボブチャンチンの弁によると、本来ミドル級が自分にとってベストの階級だったが、重量級の選手が好まれるヨーロッパでの出場機会を求めて増量したという。しかしコンディションを維持しながらの10kg以上の増量は過酷で、試合が終わるたびに体重が落ちてしまうため非常に辛かったと述懐している。

そして2005年、PRIDEミドル級GPへの参戦を表明。1回戦を勝ち上がり復活の期待が高まったが、PRIDE GRANDPRIX 2005 2nd ROUNDアリスター・オーフレイムを相手に2回戦負けに終わった。

キックボクサーとしても活動しており、1999年7月18日、K-1 DREAM '99でK-1初参戦を果たしたが、アーネスト・ホーストと対戦しローキックでKO負けした。

母国でレストラン経営をしており、ビジネスで生活を営むことができる環境にあり[3]、2005年のPRIDEでの中村和裕戦を最後に4年間戦いから遠ざかった。2007年アブダビコンバットでは99kg未満級に出場予定だったが、これも怪我により欠場となった。2008年には現役を引退する意向であることをインタビューで明らかにした。ハードパンチャー故の故障により、両肘にはボルトが埋め込まれ、数々の激闘で負った怪我を治すため、大規模な手術を繰り返していると言う。本人曰く、「もう右手で物を殴ることも出来ない」とのこと[2]。ボブチャンチンの日本での代理人を務める川崎浩市は完全に引退が決まったわけではないとこの報道を否定している[4]

人物・エピソード[編集]

  • 母国で車を運転中、あまりの怪力のためにハンドルをもぎ取ってしまった。
  • 専属の通訳兼マネージャー(通称:オバチャンチン)は、時折珍妙な日本語を話すことで知られており、名物キャラクターとなっている。
  • 愛車はトヨタ・ランドクルーザー。少ないファイトマネーをコツコツ貯金していたが、PRIDEで大成功を収めて一気にファイトマネーが上がり、あっという間に目標金額に達したという。故郷では狩猟がスポーツとして盛んで、高級なSUVのオーナーは狩猟愛好家の間で多いに尊敬されるため、非常に嬉しかったと述べている。
  • 全盛期のパンチ力は700kg強と、体格を考慮すると破格のパワーを誇ったことから「総合格闘技界のタイソン」と呼ばれた。ただしボブチャンチン本人はこの評価をあまり気に入っておらず、「彼のパンチは1トンを超えていたと聞いている。それほど体格も変わらないのに、300kgも差が付くのは僕とはまるで格が違うということ」と解説している。

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
66 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
55 29 17 8 1 0 1
10 1 6 3 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 中村和裕 2R(10分/5分)終了 判定0-3 PRIDE GRANDPRIX 2005 決勝戦
【リザーブマッチ】
2005年8月28日
× アリスター・オーフレイム 1R 1:20 フロントチョーク PRIDE GRANDPRIX 2005 2nd ROUND
【2回戦】
2005年6月26日
近藤有己 3R(10分/5分/5分)終了 判定3-0 PRIDE GRANDPRIX 2005 開幕戦
【1回戦】
2005年4月23日
高橋義生 1R 1:10 KO(右フック) PRIDE.29 SURVIVAL 2005年2月20日
セルゲイ・テレジモフ 1R ヒールホールド Water of Peresvit 2004年12月4日
藤井軍鶏侍 1R 4:02 TKO(スタンドパンチ連打) PRIDE 武士道 -其の伍- 2004年10月14日
ダン・ボビッシュ 2R 1:45 TKO(マウントパンチ) PRIDE.27 TRIUMPHAL RETURN 2004年2月1日
× ミルコ・クロコップ 1R 1:29 KO(左ハイキック) PRIDE GRANDPRIX 2003 開幕戦 2003年8月10日
ボブ・シュライバー 2R 4:05 スリーパーホールド IT'S SHOWTIME 2003年6月8日
× クイントン・"ランペイジ"・ジャクソン 1R 7:17 ギブアップ(負傷) PRIDE.22 2002年9月29日
× ヒース・ヒーリング 3R(10分/5分/5分)終了 判定0-3 PRIDE.19 2002年2月24日
ヴァレンタイン・オーフレイム 1R 4:35 ヒールホールド PRIDE.18 2001年12月23日
リカルダス・ロセヴィチュス 2R TKO(ローキック) Rings Lithuania: Bushido Rings 3 2001年11月10日
× マリオ・スペーヒー 1R 2:52 肩固め PRIDE.17 2001年11月3日
佐竹雅昭 3R(10分/5分/5分)終了 判定3-0 PRIDE.15 2001年7月29日
ギルバート・アイブル 1R 1:52 スリーパーホールド PRIDE.14 2001年5月27日
× トレイ・テリグマン 3R(10分/5分/5分)終了 判定0-3 PRIDE.13 2001年3月25日
マーク・ケアー 延長R終了 判定3-0 PRIDE.12 2000年12月23日
高田延彦 2R 3:17 ギブアップ(マウントパンチ) PRIDE.11 2000年10月31日
エンセン井上 1R終了時 TKO(ドクターストップ) PRIDE.10 2000年8月27日
松井大二郎 1R 5:03 TKO(ドクターストップ) PRIDE.9 2000年6月4日
× マーク・コールマン 延長2R 3:09 ギブアップ(グラウンドの膝蹴り) PRIDE GRANDPRIX 2000 決勝戦 2000年5月1日
桜庭和志 1R終了時 TKO(タオル投入) PRIDE GRANDPRIX 2000 決勝戦
【準決勝】
2000年5月1日
ゲーリー・グッドリッジ 1R 10:14 TKO(右フック→パウンド) PRIDE GRANDPRIX 2000 決勝戦
【準々決勝】
2000年5月1日
アレクサンダー大塚 15分1R終了 判定3-0 PRIDE GRANDPRIX 2000 開幕戦
【1回戦】
2000年1月30日
フランシスコ・ブエノ 1R 1:23 KO(スタンドパンチ連打) PRIDE.8 1999年11月21日
マーク・ケアー 2R 4:45 無効試合(反則) PRIDE.7 1999年9月12日
カーロス・バヘット 延長R終了 判定2-1 PRIDE.6 1999年7月4日
ヴェプチョ・バーダナサビリ 1R チョーク InterPride 1999: Heavyweight Final 1999年5月8日
小路晃 10分2R終了 判定5-0 PRIDE.5 1999年4月29日
エジソン・カウバーリョ 1R 3:16 TKO(打撃) World Vale Tudo Championship 7 1999年2月2日
アロイジオ・フレイタス・ネート 1R 7:26 ギブアップ(パンチ連打) World Vale Tudo Championship 6 1998年11月1日
ゲーリー・グッドリッジ 1R 5:58 KO(スタンドパンチ連打) PRIDE.4 1998年10月11日
ロマン ・チクノフ 1R 2:15 KO Mr. Powerman Sekai 1996 1996年1月23日
セルゲイ・ボンダービッチ 1R KO Mr. Powerman Sekai 1996 1996年1月23日
ニコライ・ヤツカ 1R KO Mr. Powerman Sekai 1996 1996年1月23日
× イリューヒン・ミーシャ 1R 6:30 ギブアップ Absolute Fighting Championship 1
【決勝】
1995年11月25日
アジウソン・リマ 1R 1:51 TKO(鼻の骨折) Absolute Fighting Championship 1
【準決勝】
1995年11月25日
アジウソン・リマ 1R 0:56 KO(打撃) Absolute Fighting Championship 1
【2回戦】
1995年11月25日
セルゲイ・アーニン 1R 2:40 TKO(腕の骨折) Absolute Fighting Championship 1
【1回戦】
1995年11月25日

キックボクシング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× アーネスト・ホースト 3R 0:51 KO(右ローキック) K-1 DREAM '99 1999年7月18日

脚注[編集]

  1. ^ ウクライナ語名はイーホル・ヤロスラーヴォヴィチ・ヴォウチャーンチンІгор Ярославович Вовчанчин)、ロシア語名はイーゴリ・ヤロスラーヴォヴィチ・ヴォフチャーンチンИгорь Ярославович Вовчанчин)。
  2. ^ a b Igor Vovchanchyn in exclusive interview Mix Fight M-1 2008年2月10日
  3. ^ kamipro』No.106、エンターブレイン、2006年。日本での代理人の川崎浩市コラムより。
  4. ^ 『kamipro』No.120、エンターブレイン、2008年。川崎浩市コラム。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]