この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

アーネスト・ホースト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アーネスト・ホースト
Ernesto-Hoost.jpg
基本情報
本名 アーネスト・フリッツ・ホースト
(Ernesto Frits Hoost)
通称 ミスター・パーフェクト
フォー・タイムス・チャンピオン
戦う精密機械
黒い閃光
褐色のスーパーコンピューター
階級 スーパーヘビー級K-1
国籍 オランダの旗 オランダ
誕生日 (1965-07-11) 1965年7月11日(52歳)
出身地 Flag of Dutch Guyana.svg オランダ領ギアナ
身長 190cm
体重 115kg
スタイル サバット
キックボクシング
プロキックボクシング戦績
総試合数 116
勝ち 98
KO勝ち 61
敗け 18
引き分け 1
無効試合 http://www.hoostgym.jp/
テンプレートを表示

アーネスト・ホーストErnesto Hoost1965年7月11日 – )は、現在のスリナム出身、オランダ国籍の男性キックボクサーである。所属はボスジム

K-1 GRAND PRIX ’97、’99、K-1 WORLD GP 2000、2002王者で、セミー・シュルトと並ぶ4度の最多優勝記録、また、ピーター・アーツに次ぐ5度のファイナル出場記録を持つ。(アーツは6度)さらに、軽重量級トーナメントであるK-2 GRAND PRIXの初代にして最後の王者でもあり、K-1の主催した大会での最多優勝回数を記録している。K-1初期からのライバルであったアンディ・フグ、アーツ、マイク・ベルナルドとは「K-1四天王[1]として並び称され、突出した技術の高さから、ミスター・パーフェクトと呼ばれる。また、勝利後には「ホースト・ダンス」と呼ばれるダンスを披露する。

来歴

1965年7月11日、オランダ領ギアナ(現在のスリナム共和国)で生まれる。

1970年オランダに移住。

1983年12月、初めて選手としてリングにあがる。肘なしムエタイルールで Wim Scharren Berg を2RKOで倒し、初戦を勝利で飾った。

1987年10月、オランダのアムステルダムで行われたMTBNオランダタイトルマッチに出場。Kenneth Plak と対戦。1Rにダウンを奪い、判定勝ちし王座を獲得した。

1988年5月、オランダのアーネムで行われたMTBNヨーロッパタイトルマッチに出場。Francois Corremans(ベルギー)を判定で退け王座を獲得。6月、フルコンタクトヨーロッパ選手権大会(ISKA主催)優勝。6月、フランスのストラスブールで行われたヨーロッパサバット選手権大会コンバ部門ミドル級に出場。Sylvain Postel(フランス)を5RKOで下し優勝。9月、キックボクシングヨーロッパ選手権大会(WKA主催)優勝。

1989年5月、フランスパリで開催された第1回世界サバット選手権大会コンバ部門に出場。Francis Dauvin(ベルギー)を3RKOで下し優勝。これが初の世界タイトルとなった。この試合の写真は、オランダの武道雑誌ゼンドーカン誌の表紙を飾った。10月、ムエタイ世界選手権大会優勝。

1990年1月、キックボクシング世界選手権大会(WKA主催)優勝。11月8日にロブ・カーマンと再戦。前回の試合では判定負けしていたが、今回も5RKOで敗北した。しかし本人によればKO直前に急所をフックで打ったからだと主張している。

1992年、フランスで行われたISKAフルコンタクト世界ライトヘビー級タイトルマッチでリック・ルーファス(王者/アメリカ)と対戦。ローキックが使えないというルールに慣れず、ルーファスのフットワークについていけなかったことで12R判定負けを喫した。

1993年4月30日、K-1初興行「K-1 GRAND PRIX ’93」に出場。1回戦でピーター・アーツに判定勝ち、準決勝でモーリス・スミスに左ハイキックで失神KO勝ちするも、決勝でブランコ・シカティックに右ストレートでKO負け。準優勝に終わった。

1993年12月19日、両国国技館で行われた「K-2 GRAND PRIX ’93」に出場。1回戦でマンソン・ギブソンに延長R判定勝ち。続く準決勝でアダム・ワットに1R右ハイキックでKO勝ち。決勝はチャンプア・ゲッソンリットに4R右ハイキックでKO勝ちし、優勝を果たした。

1994年5月8日、オランダのアムステルダムで行われた「K-2 PLUS TOURNAMENT」に出場。決勝戦でボブ・シュライバーを1RKOで破り優勝。

1994年11月、ISKAフルコンタクト世界ライトヘビー級タイトルマッチ(2分12R)で、リック・ルーファス(王者/アメリカ)と再戦。9Rにパンチでスタンディングダウンを奪うと、11Rに右ハイキックでKO勝ちした。負けたルーファスは失神してしばらく立ち上がれないほどダメージを負っており、酸素マスクが必要なほどだった。

1994年12月10日、「K-1 LEGEND 〜乱〜」でシカティックと再戦するも、2Rに右ストレートでKO負け。

1997年11月9日、K-1 GRAND PRIX ’97 優勝。K-1初優勝を果たした。

1999年12月5日、K-1 GRAND PRIX ’99 優勝。2度目のK-1優勝。

2000年12月10日、K-1 WORLD GP 2000 優勝。3度目のK-1優勝。

2002年10月5日、K-1 WORLD GP 2002 開幕戦でボブ・サップに敗北したが、セミー・シュルトの欠場により決勝大会のトーナメントに出場。準々決勝でサップと再戦。ダウンを奪うもダウンを奪い返されKO負け。勝利したサップの右拳中指骨骨折により準決勝に進みレイ・セフォーと対戦。ローキックを蹴ったセフォーが準々決勝のダメージにより自ら負傷してKO勝ち、決勝でもジェロム・レ・バンナにKO勝ちし、4度目のK-1優勝を果たした。

2003年1月19日、プロレス興行「ファンタジーファイトWRESTLE-1」にアーネスト・“ビースト”として出場し、因縁のサップとプロレスルールにより再戦。白のガウン、黒のロングタイツといったコスチュームで戦い、STF卍固め、パイプイス攻撃などを繰り出し、最後はスクールボーイ(横入りエビ固め)で3カウントを奪った。

2004年12月4日、K-1 WORLD GP 2004 決勝戦に出場。1回戦で前大会王者のレミー・ボンヤスキーに判定負けするも、不可解な判定に怒りを露わにした。ボタとそのトレーナーのスティーブ・カラコダはホーストとレミーの試合を控え室で見ていて、レミーが判定で勝った時には驚いていた。

2005年9月23日、K-1 WORLD GP 2005 開幕戦は持病のアトピー性皮膚炎と膝の怪我で欠場。その大会中に今後はワンマッチのみを行い、1日に数試合戦わなければならない過酷なグランプリには出場しないと宣言し、その後2006年中に引退試合を行う予定だった。

2005年12月31日、K-1 PREMIUM 2005 Dynamite!!で11月19日にK-1王者になったばかりのセミー・シュルトとの新旧王者対決を行った。1Rにシュルトの長いリーチから繰り出す膝蹴りを受けてしまいダウンを奪われるとその際に左目尻をカットしてしまい出血。ドクターチェックを受けるが、傷口の深さと位置の関係から試合続行不可能と判断されドクターストップ。無念のTKO負けを喫した。試合後のインタビューでシュルトは、「『ホーストが今年シュルトがGPで優勝すると思ってなかった、と語った』と地元の記事に書かれていたから少しカンに障ったんだ。もうホーストは試合に出ることを考え直した方がいいんじゃないかな。」と語った。それをインタビュアーから聞かされたホーストは、「続けるかどうかはシュルトではなく、自分が決めることだ。今日の試合は負けたとは思っていない。たまたまヒザを受けてそれがケガになって終わっただけだ。シュルトが何かを言うべきではないよ。」と怒りをあらわにした。

2006年5月13日、K-1 WORLD GP 2006 in AMSTERDAMにおいてオランダでの引退試合を行う。だが、対戦予定だったボブ・サップが契約問題のこじれから試合直前になって試合をボイコットしてしまったため、地元テレビの解説として来場していたピーター・アーツとの対戦に急遽変更になり、判定勝ち。

2006年7月30日、K-1 WORLD GP 2006 札幌大会での発表で、「9月に行われるグランプリ開幕戦を経て12月2日のグランプリ決勝大会で優勝し、ファイブ・タイムス・チャンピオンになった上での現役引退を目指す。」と、このGPが最後の戦いとなることを宣言した。GP優勝した場合は引退となるが、同時にGPで誰かに敗れた時点で即引退すると語った。この発表を行った際には、「いつかは終わりが来るものなので、これが最後だから寂しいという気持ちはない。それよりも仲間達とこの場に居られることが満足だよ。K-1はこの大会が終わっても先に進むが、自分は先には進めないかも知れないが・・、22年間ファイターとして闘ってこられたことは満足している。」と語った。

そして、2006年12月2日、K-1 WORLD GP 2006 決勝戦に出場。1回戦では、ハリッド"ディ・ファウスト"と対戦。小柄でスピードがありパンチが得意なハリッドに対して、リーチの差や的確なタイミングのローキックを活かし、延長1R判定勝利。準決勝では2005年末に敗れたセミー・シュルトと3度目の対戦。今度は3ラウンド戦い抜いたものの、シュルトに有効な攻撃を与えることができずに判定負け。試合後には涙を流して挨拶をすると、大きな声援と拍手の中、リングを降りた。この試合でホーストは一旦現役を引退した。

2008年2月23日、北アイルランドのベルファストで開かれたWKNの興行で、WKNアワードという賞を授与された。

現在は選手を自らのジムで育成しており、日本では名古屋に支部を持っている。

母国オランダで大規模市民マラソンが当時人気だったことと、自身も親日家であることから、2012年度の東京マラソンに出場[2]、完走を果たした。

2012年5月20日 自らの冠を付けたプロ大会ホーストカップ2012~Departure~のエグゼクティブプロデューサーを務め初の大会としては満員御礼を出し成功を収めた。

2014年3月23日のHoostCup LEGENDで約8年ぶりに現役復帰。トーマス・スタンレーから二度のダウンを奪い判定勝ちを収めた。

2014年10月19日にピーター・アーツとWKO世界ヘビー級王座をかけて対戦し、判定勝ちで王座を獲得した。この試合がホーストのキャリア100勝目となった。

エピソード

戦績

キックボクシング 戦績
117 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
100 61 1 0
18


勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
ピーター・アーツ 5R終了 判定3-0 K-ENERGY
【WKO世界ヘビー級タイトルマッチ】
2014年10月19日
トーマス・スタンレー 3R終了 判定3-0 HoostCup LEGEND-伝説降臨- 2014年3月23日
× セミー・シュルト 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2006 in TOKYO 決勝戦
【準決勝】
2006年12月2日
ハリッド"ディ・ファウスト" 延長R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2006 in TOKYO 決勝戦
【準々決勝】
2006年12月2日
藤本祐介 3R 2:09 KO(右ローキック) K-1 WORLD GP 2006 in OSAKA 開幕戦
【1回戦】
2006年9月30日
ピーター・アーツ 3R終了 判定2-0 K-1 WORLD GP 2006 in AMSTERDAM 2006年5月13日
× セミー・シュルト 2R 0:41 TKO(左膝蹴り) K-1 PREMIUM 2005 Dynamite!! 2005年12月31日
× レミー・ボンヤスキー 延長R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2004 決勝戦
【準々決勝】
2004年12月4日
グラウベ・フェイトーザ 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2004 in TOKYO 開幕戦
【1回戦】
2004年9月25日
ジャビット・バイラミ 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2004 in SAITAMA 2004年3月27日
モンターニャ・シウバ 3R終了 判定3-0 K-1 PREMIUM 2003 Dynamite!! 2003年12月31日
シリル・アビディ 2R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2003 in FUKUOKA 2003年7月13日
マーティン・ホルム 5R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2003 in PARIS 2003年6月14日
ジェファーソン"タンク"シウバ 1R 2:55 KO(左ボディフック) K-1 WORLD GP 2003 in SAITAMA 2003年3月30日
ジェロム・レ・バンナ 3R 1:25 KO(3ノックダウン:右ミドルキック) K-1 WORLD GP 2002 決勝戦
【決勝】
2002年12月7日
レイ・セフォー 1R 1:49 KO(右ローのブロック) K-1 WORLD GP 2002 決勝戦
【準決勝】
2002年12月7日
× ボブ・サップ 2R 2:53 KO(2ノックダウン:パンチ連打) K-1 WORLD GP 2002 決勝戦
【準々決勝】
2002年12月7日
× ボブ・サップ 1R終了時 TKO(左眉カット) K-1 WORLD GP 2002 開幕戦
【1回戦】
2002年10月5日
セミー・シュルト 5R終了 判定0-0 Dynamite! SUMMER NIGHT FEVER in 国立 2002年8月28日
ヤン"ザ・ジャイアント"ノルキヤ 3R 1:29 KO(右ローキック) K-1 WORLD GP 2002 in LAS VEGAS 2002年8月17日
ステファン・レコ 1R 1:48 KO(パンチ連打) K-1 WORLD GP 2002 in PARIS 2002年5月25日
中迫剛 1R 1:46 KO(3ノックダウン:パンチ連打) K-1 BURNING 2002 〜広島初上陸〜 2002年4月21日
ステファン・レコ 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2001 決勝戦
【準々決勝】
2001年12月8日
マット・スケルトン 3R終了 判定2-0 K-1 WORLD GP 2001 in MELBOURNE
【決勝】
2001年6月16日
マーク・ハント 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2001 in MELBOURNE
【準決勝】
2001年6月16日
セルゲイ・グール 1R 3:02 TKO(左ボディフック) K-1 WORLD GP 2001 in MELBOURNE
【1回戦】
2001年6月16日
武蔵 5R終了 判定2-0 K-1 BURNING 2001 〜火の国熊本初上陸〜 2001年4月15日
ジャビット・バイラミ 判定 2H2H - Simply The Best【K-1ルール】 2001年3月18日
レイ・セフォー 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2000 決勝戦
【決勝】
2000年12月10日
フランシスコ・フィリォ 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2000 決勝戦
【準決勝】
2000年12月10日
ミルコ・クロコップ 延長R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2000 決勝戦
【準々決勝】
2000年12月10日
× ジェロム・レ・バンナ 1R終了時 TKO(右膝負傷、タオル投入) K-1 WORLD GP 2000 in NAGOYA
【決勝】
2000年7月30日
ロイド・ヴァン・ダム 3R終了 判定2-0 K-1 WORLD GP 2000 in NAGOYA
【準決勝】
2000年7月30日
パリス・バシリコス 3R 2:20 KO(右ストレート) K-1 WORLD GP 2000 in NAGOYA
【1回戦】
2000年7月30日
ラニ・ベルバーチ 3R終了時 TKO(タオル投入) K-1 SURVIVAL 2000 2000年5月28日
サム・グレコ 3R終了時 TKO(タオル投入) K-1 THE MILLENNIUM 2000年4月23日
ミルコ・クロコップ 3R 1:09 KO(左ボディフック) K-1 GRAND PRIX ’99 決勝戦
【決勝】
1999年12月5日
ジェロム・レ・バンナ 2R 0:26 KO(右フック) K-1 GRAND PRIX ’99 決勝戦
【準決勝】
1999年12月5日
アンディ・フグ 3R終了 判定3-0 K-1 GRAND PRIX ’99 決勝戦
【準々決勝】
1999年12月5日
ジャビット・バイラミ 5R終了 判定3-0 K-1 GRAND PRIX ’99 開幕戦
【1回戦】
1999年10月5日
イゴール・ボブチャンチン 3R 0:51 KO(右ローキック) K-1 DREAM ’99 1999年7月18日
× フランシスコ・フィリォ 1R 1:37 KO(右フック) K-1 REVENGE ’99 1999年4月25日
× サム・グレコ 2R終了時 TKO(タオル投入) K-1 GRAND PRIX ’98
【準々決勝】
1998年12月13日
トスカ・ザ・キング・オブ・スティング 4R終了時 TKO(タオル投入) K-1 GRAND PRIX ’98 開幕戦 1998年9月27日
モーリス・スミス 5R終了 判定3-0 K-1 THE NEW FIGHTING SPIRIT ’98 1998年8月7日
武蔵 3R 2:52 TKO(右アッパー) K-1 DREAM ’98 〜7対7全面対抗戦〜 1998年7月18日
ジャン・リビエール 1R 2:17 KO(右ハイキック) K-1 BRAVES ’98 1998年5月24日
× ピーター・アーツ 5R終了 判定0-2 K-1 KINGS ’98 1998年4月9日
アンディ・フグ 3R終了 判定2-0 K-1 GRAND PRIX ’97
【決勝】
1997年11月9日
フランシスコ・フィリォ 3R終了 判定2-0 K-1 GRAND PRIX ’97
【準決勝】
1997年11月9日
ジェロム・レ・バンナ 1R 1:15 KO(右ストレート) K-1 GRAND PRIX ’97
【準々決勝】
1997年11月9日
ステファン・レコ 2R 0:34 KO(右ストレート) K-1 GRAND PRIX ’97 開幕戦
【1回戦】
1997年9月7日
ショーン・ジョンソン 1R 1:12 KO(右ローキック) K-1 FIGHT NIGHT 〜THE DECISION〜 1997年6月7日
マイク・ベルナルド 4R 1:03 TKO(左フック) K-1 BRAVES ’97 1997年4月29日
バンダー・マーブ 3R 1:49 TKO(右ローキック) K-1 KINGS ’97 1997年3月16日
レイ・セフォー 4R 0:25 TKO(タオル投入) K-1 HERCULES ’96 1996年12月8日
× ジェロム・レ・バンナ 2R 2:57 KO(右フック) K-1 STAR WARS ’96 1996年10月18日
カール・ベルナルド 2R 0:20 KO(左フック) K-1 REVENGE ’96 1996年9月1日
× アンディ・フグ 延長2R終了 判定1-2 K-1 GRAND PRIX ’96
【準決勝】
1996年5月6日
ミルコ・タイガー 3R 1:27 KO(右ローキック) K-1 GRAND PRIX ’96
【準々決勝】
1996年5月6日
スチュアート・グリーン 2R 0:09 KO(右ローキック) K-1 GRAND PRIX ’96 開幕戦
【1回戦】
1996年3月10日
モーリス・トラビス 1R 2:13 TKO(タオル投入) K-1 HERCULES 1995年12月9日
マイケル・トンプソン 2R 2:45 TKO(3ノックダウン:左膝蹴り) K-1 REVENGE II 1995年9月3日
アンディ・フグ 3R終了 判定2-0 K-1 LEGEND 〜翔〜 1995年7月16日
× ピーター・アーツ 延長1R終了 判定0-3 K-1 GRAND PRIX ’95
【準決勝】
1995年5月4日
ジョニー・クレイン 2R 0:45 KO(右ストレート) K-1 GRAND PRIX ’95
【準々決勝】
1995年5月4日
フーベルト・ヌムリッヒ 4R 2:25 TKO(タオル投入) K-1 GRAND PRIX ’95 開幕戦
【1回戦】
1995年3月3日
× ブランコ・シカティック 2R 1:18 KO(右ストレート) K-1 LEGEND 〜乱〜 1994年12月10日
リック・ルーファス 11R KO(右ハイキック) ISKAフルコンタクト世界ライトヘビー級タイトルマッチ 1994年11月
マーク・ラッセル 2R 2:42 TKO(3ノックダウン:右膝蹴り) K-1 REVENGE 1994年9月18日
ボブ・シュライバー 1R 3:00 KO(右フック) K-2 PLUS TOURNAMENT
【決勝】
1994年4月30日
マーク・ラッセル 2R 2:05 TKO(3ノックダウン:左ボディフック) K-2 PLUS TOURNAMENT
【準決勝】
1994年4月30日
トニー・ルシアーノ 3R終了 判定 K-2 PLUS TOURNAMENT
【準々決勝】
1994年4月30日
佐竹雅昭 2R 2:45 KO(左ハイキック) K-1 CHALLENGE 1994年3月4日
チャンプア・ゲッソンリット 4R 0:40 TKO(右ハイキック) K-2 GRAND PRIX ’93
【決勝】
1993年12月19日
アダム・ワット 1R 2:13 TKO(2ノックダウン:右ハイキック) K-2 GRAND PRIX ’93
【準決勝】
1993年12月19日
マンソン・ギブソン 延長1R終了 判定2-0 K-2 GRAND PRIX ’93
【準々決勝】
1993年12月19日
タシス・ペトリディス 3R 0:45 TKO(パンチ連打) K-1 ILLUSION 風林火山 "林の章"
【WKA&WMTA世界ライトヘビー級ダブルタイトルマッチ】
1993年9月4日
× ブランコ・シカティック 1R 2:49 KO(右ストレート) K-1 GRAND PRIX ’93
【決勝】
1993年4月30日
モーリス・スミス 3R 1:18 KO(左ハイキック) K-1 GRAND PRIX ’93
【準決勝】
1993年4月30日
ピーター・アーツ 3R終了 判定2-0 K-1 GRAND PRIX ’93
【準々決勝】
1993年4月30日
× リック・ルーファス 12R終了判定3-0 ISKAフルコンタクト世界ライトヘビー級タイトルマッチ 1992年
ブランコ・シカティック 3R 反則 - 1989年10月
ピーター・アーツ 5R終了 判定3-0 - 1988年11月20日
フランソワ・コレマンズ 5R終了 判定 MTBNヨーロッパ王者決定戦 1988年5月
ケネス・プラック 5R終了 判定 MTBNオランダ王者決定戦 1987年10月

獲得タイトル

  • アマチュア
    • ヨーロッパサバット選手権大会コンバ部門ミドル級優勝
    • 第1回世界サバット選手権大会コンバ部門優勝
  • プロ
    • IKBF世界ライトヘビー級王座
    • WMTA世界ライトヘビー級王座
    • WKAムエタイ世界ライトヘビー級王座
    • ISKAフルコンタクト世界ライトヘビー級王座
    • WKO世界ヘビー級王座
    • K-1 GRAND PRIX ’93 準優勝
    • K-2 GRAND PRIX ’93 優勝
    • K-2 GRAND PRIX ’94 優勝
    • K-1 GRAND PRIX ’97 優勝
    • K-1 GRAND PRIX ’99 優勝
    • K-1 WORLD GP 2000 in NAGOYA 準優勝
    • K-1 WORLD GP 2000 優勝
    • K-1 WORLD GP 2001 in MELBOURNE 優勝
    • K-1 WORLD GP 2002 優勝

関連項目

外部リンク


脚注

[ヘルプ]
  1. ^ ピーター・アーツ引退試合で感じたK-1時代の完全なる終焉 2013年12月26日
  2. ^ “K-1の4タイムス王者アーネスト・ホーストが東京マラソン出場”. 格闘技ウェブマガジンGBR. (2012年1月24日). http://gbring.com/sokuho/news/2012_01/0124_news.htm 2012年2月20日閲覧。